スポンサーリンク


スポンサーリンク

小学校の入学式の服装!子供の晴れ舞台を華麗に演出

桜の木がほころびを見せ始めると、入学式のシーズンがやってきます。ついこの前まで、幼稚園や保育園で遊びまわっていた子供が、いよいよ学校と言う世界へ入っていく大切な行事です。小学校は6年間を期間も長いので、早く仲の良い友達に恵まれて、楽しい小学生生活を満喫して欲しいと願う親御さんも多いのではないでしょうか?

桜
そんな大切なスタートでもある入学式ですから、子供の服装選びにもついつい気合が入ってしまいます。しかし、あまり張り切りすぎると、周囲から浮いてしまって、入学式早々にからかわれてしまう原因にもなりかねません。

今回は、入学式に最適な子供の服装について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


入学式の服装選びで気をつけるべきこと!

入学式で着た服装は、子供の成長が早いため、入学式以外で着ることなく処分してしまう事になりがちですあまり張り切りすぎて、高価な服装を選んでしまっては、もったいない事になってしまいます。

また地域によっては、親子そろって着物で行う場合や、レンタルで済ませる場合など様々です。幼稚園時代、保育園時代のママ友に聞いてみるのがベストだと思います。

場合によっては、そのママ友のおさがりを安く譲ってもらえる場合もあります。これも、普段から幼稚園や保育園でお母さんが頑張ってコネクションを作ったおかげです。そのコネクションは、とても大切なものになりますので、いつまでも大切にしましょう。

子供
着物で行う地域の場合、トイレに困るといった話をよく聞きます。お母さん自身が着物の着付けをできるなら、多少、着くずれを起こしても大丈夫でしょうが、美容室や祖母などにお願いした場合には困ってしまいます。入学式でおもらしをしてしまうと、後々の小学校生活にも影響しかねませんので、注意が必要です

服装が自由である地域の場合、男の子は、上下セットのスーツかジャケットにズボンと言った組み合わせがおすすめです。女の子は、上下セットのスーツか、ワンピースがおすすめです。ズボンをサスペンダーなどで留める場合、子供にとって初めての経験でやはりトイレが心配になる場合があります。自宅などで事前に練習しておくことをおすすめします。

では、次に男の子におすすめのブランドを紹介します。

スポンサーリンク


男の子におすすめのブランド!

入学式の服装で、男の子におすすめのブランドは、「ミキハウス」です。胸ポケットにミキハウスのエンブレムの刺繍が入っており、ボタンにもMの文字が刻印されたとてもオシャレなスーツを販売しています。入学式だけでなく、普段のフォーマルとしても役立つスーツです。

次におすすめのブランドは、「WORLD KIDS COLLECTION」です。ストライプのスーツに五分丈のズボン、シャツ、チーフ、ネクタイがセットになって、お手頃の価格設定が魅力のブランドです。

小学生
最後におすすめするのは、「イオン」です。大手スーパーでもあるイオンは、身近にあるので実際に実物を見に行けるという強みを持っています。子供と一緒に入学式の服装を選ぶのも楽しいものです。価格も色々とバリエーションが豊富にあるのもイオンの強みです。


女の子におすすめのブランド!

女の子は、男の子とは違って、入学する頃の歳になると自分のオシャレというものを持っています。ですから、イオンなど品揃えの豊富なスーパーなどで実際に試着をしながら、気に入った物を購入する方法もおすすめです。

女の子
そんなオシャレ女子にも納得のブランドが「バーバリー」です。バーバリーの特徴でもあるチェックのデザインのスカートはオシャレ女子の憧れでもあります。スカートに合わせるジャケットも豊富なデザインが揃っていて、見ているだけで楽しくなってしまいます。

次におすすめするのは、「タルティーヌ エ ショコラ」です。パリ発祥のブランドで、とてもオシャレなデザインのワンピースが揃っています。フォーマルな時だけでなく、普段のお出かけなどにも気軽に使えるデザインは魅力的です。


まとめ

入学式は、6年間に及ぶ小学校生活の大切なスタートの日でもあります。あまり周囲から浮いてしまう服装では、クラスでのイジメの原因にもなりかねません。オシャレでありながら、周囲にも配慮した素敵なデザインのフォーマルで決めることが最適です。

特に女の子は、オシャレにも目覚めているので、色々と小物などでコーディネイトしたくなる気持ちは理解できます。しかし、度が過ぎてはいけません。小物類でのコーディネイトは、あくまでもワンポイントくらいにおさえるようにしましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月24日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ