スポンサーリンク


スポンサーリンク

山形!霞城公園の桜ライトアップ!抑えておきたい3つのポイント

冬の寒さが緩み、梅の季節を過ぎると、いよいよ桜の季節がやって来ます。日本人ほど、桜を愛し、お花見をする風習がある人種はいないのではないでしょうか?それほど、日本人にとって桜は特別な存在でもあります。

お花見の季節になれば、学生や社会人が、日頃の肩書きを越えて、桜の木の下に集結し、桜を見ながらお酒をたしなみます。人それぞれに、桜の名所に関しては、こだわりの情報を持っており、それを披露する機会をうかがっているようでもあります。

桜
今回、紹介するのは、山形県でも有数の桜の名所である霞城公園です。山形県民にとっては馴染の桜の名所でもある霞城公園。まずは、その霞城公園の桜のお花見基本情報について説明していきましょう。

スポンサーリンク


霞城公園の桜お花見基本情報

霞城公園は、山形県山形市霞城町にある都市型公園です。山形城跡を整備したもので、公園部分は山形城の二の丸にあたる部分になります。そのため、アクセスはJR山形駅から徒歩で10分と抜群に良い環境にあります。桜の季節には、毎年、約29万人もの人でにぎわいます。

桜は、約1500本が植栽されており、その中の約1200本がソメイヨシノです。このソメイヨシノは、日露戦争の戦勝記念に植樹されたと言われており、約100年が経過しています。公園内には、ソメイヨシノの他に、オオシマザクラやヒガンザクラなどが植えられています。

桜の開花時期は、4月の中旬から下旬にかけてですこの開花期間に合わせて、東側から南堀沿いの桜、約200本が18時から22時までライトアップされますこのライトアップこそが、霞城公園の目玉でもあり、人気の秘密でもあります。まずは動画をご覧ください。


※音量注意※
見事にライトアップされた霞城公園の桜がご覧いただけたかと思います。このライトアップされた夜桜こそ、霞城公園の桜の最高の楽しみ方でもあるのです。

公園の入場は無料ですが、東大手門、北門は5時から22時まで(12月から3月は5時30分から)の開門となっています。公園内に駐車場は完備してありますし、周辺にも駐車場は多数あります。車で来園される方は、山形道山形蔵王ICから国道112号線経由で5kmほどの所にあります。詳しいお問い合わせは、山形市観光物産課(TEL 023-641-1212)までお問い合わせください。

霞城公園の桜のお花見基本情報が解っていただけたところで、今度は霞城公園でお花見をする時に注意すべきことを説明します。霞城公園は、山形城跡の史跡でもあるので、色々とお花見時に注意すべきルールがあります。美しい桜をいつまでも見られるように、ルールは厳守するようにしましょう。

スポンサーリンク


霞城公園!お花見時に注意すべきこと

霞城公園は、お花見の時期になると遠方からの花見客など多くの人でにぎわいます。また桜のライトアップを見るために、多くの人が綺麗に見える場所を狙っています。しかし、霞城公園では、場所取りは禁止されています。この点は、要注意です。

また園内は火気厳禁です。花見の席でバーベキューなどを計画している人は、残念ですが予定を変更するか、他の公園を探すようにしてください。またカラオケも禁止されています。霞城公園は市街地の中心にある都市型公園ですので、その辺の配慮も必要になってきます。

車でお越しの方は、園内や公園周辺に駐車場が数多くありますので、くれぐれも違法駐車などしないよう心がけてください。

駐車禁止
霞城公園のルールの説明は以上です。山形市の中心部に位置する公園だけに、色々とルールが決まっている公園ですが、美しい桜をいつまでもみんなで楽しめるように配慮をお願いします。次は霞城公園周辺のおすすめスポットを紹介します。山形市街の中心に位置するだけに、周辺にも色々なおすすめスポットがあることでしょう。


周辺おすすめスポット紹介

霞城公園のルールを理解していただいたところで、今度は少し公園から離れて、周辺のおすすめスポットを見てみましょう。山形市街地の中心に位置する都市型公園だけあって、周辺にグルメスポットは沢山あります。

中でも、「そば処・庄司屋」(山形市幸町)は人気のグルメスポットです。更科そばと昔風のそばの2種類の側が楽しめると言うこともあって、連日、賑わいを見せている有名店です。「麺家かぐら」(山形市妙見寺)は鶏ゴボウラーメンが人気のラーメン店です。霞城公園からは、少し離れていますが、人気のグルメスポットです。

城跡
グルメスポット以外にも、観光で楽しめるスポットが霞城公園周辺には沢山あります。山形県立博物館は、国宝である縄文の女神を観ることができます。霞城公園と同じく山形城跡にあるだけに、公園内を散策しているといつの間にかついてしまうと言うほど身近なスポットです。

霞城公園を訪れたなら、山形城跡も観ておきたい観光スポットの1つです。山形城の建物は、明治維新後に解体されて、今では石垣と堀を残すのみとなっていますが、当時の歴史を感じさせるものがあります。

旧済生館本館は、現在では山形市郷土館として広く市民に親しまれています。山形市の郷土の歴史が解る展示物と、旧済生館の歴史を感じさせる建物に魅了される人も少なくありません。


まとめ

霞城公園は、古くは山形城として、明治維新以後は城跡を整備し、都市型公園として長い間、山形市民に愛されてきています。特に、桜のライトアップは山形市民にも大人気で、期間中は霞城観桜会実行委員会が組織され、全力を挙げて市民を盛り上げてくれます。それだけに、ルールは守って、いつまでも愛される公園として後世に残していきたいものです。

周辺にもおすすめスポットが数多くあり、車で訪れる方は、ちょっと足を延ばせば温泉街などがあり、日帰り温泉も楽しめるようになっています。是非、この春は、霞城公園で桜のライトアップを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月24日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ