スポンサーリンク


スポンサーリンク

エイプリルフールの面白いネタ30選!やり過ぎには注意!

エイプリルフールは、今や企業なども巻き込んだ一大イベントとして、国内外で広く楽しまれています。

最近の主流は、やはりWEBです。WEBコンテンツに嘘を盛り込んだ情報を4月1日限定で公開して楽しむのです。WEBデザイナーやディレクターのセンスも問われるだけに、たった1日限定のコンテンツでも、力の入れようは本格的なものがあります。

インターネット
今回は、そんなWEBコンテンツとして紹介された面白いネタを大公開します。WEB以外にも、エイプリルフールに実際に行われたおちゃめなイタズラも紹介したいと思います。

スポンサーリンク


エイプリルフールだからこそできる!おちゃめなイタズラ

エイプリルフールは、ダマす方もダマされる方も、楽しむと言うスタンスが世界的に定着してきつつあります。今では、WEBコンテンツを中心に面白いネタが公開されるのを楽しみにしている人もいるほどです。まずは動画をご覧ください。


※音量注意※
これらは、過去に実際にWEBコンテンツとしてエイプリルフール限定で公開されたネタを30点も集めた動画です。どれも、力作ぞろいで、とてもエイプリルフール1日のために公開されたとは思えない作品ばかりです。

インターネットが普及する以前からも、世界ではエイプリルフールを楽しむイタズラが存在しています。有名なのは、イギリスの放送局BBCがイギリスの観光名所でもあるビッグベンの時計がデジタル化されるというネタをニュースとして実際に報道したという話もあるほどです。

世界的にも、軽いジョークとして楽しめるネタであれば許されるのがエイプリルフールの嘘ですが、やり過ぎには注意が必要です

スポンサーリンク


エイプリルフールの嘘!やり過ぎにだけは注意しよう!

まだインターネットが普及する以前には、人々は情報をテレビやラジオ、新聞などから入手するしか方法はありませんでした。

人々は、テレビやラジオ、新聞などのマスコミを信用しており、そこから得られる情報はすべて真実だと信じるしか手段はありませんでした。そんなマスコミがエイプリルフールに便乗して面白いネタだと嘘の報道をしたことで、混乱を招いた事例も数多く存在します。

真実
例えば、エイプリルフールの嘘だと思われず、スクープ記事だとして他誌にも掲載されて、拡散防止が大変になった例などがあります。今であれば、インターネットですぐに嘘だと発表できる環境にありますが、当時は一度拡散したネタを取り消すのは大変な労力を要したことは想像できます。

中でも、明らかに笑えないエイプリルフールの逸話があります。次は、この話を紹介したいと思います。


笑えない!行き過ぎたエイプリルフール

エイプリルフールの嘘を人々が信じて、大混乱に陥ったと言う逸話が残されています。それは、1938年のアメリカのとあるラジオ局が報じた「火星人が攻めてくる」といった今では誰も信じないようなネタでした。

当時のアメリカ人は、このラジオを聞いて本当に火星人が攻めてくると思い込み、避難を始める人が多発しました。ラジオ局や警察には問い合わせの電話が殺到し、事態を鎮静化するのに相当の労力を要したと思われます。

宇宙人
実際、現在でも世界中のエイプリルフールのネタの3割が宇宙人ネタだと言われています。当時の人は、まだ宇宙人の存在を信じている人が多かったため、ラジオのネタを真実だと思い込み大混乱になったと言われています。

このように、社会的にも影響力に大きいマスコミなどは、あまりエイプリルフールに浮かれることなく、しっかりとした真実だけを報道することが求められているのではないでしょうか。


まとめ

エイプリルフールのネタは、インターネット普及以前とそのあとでは、大きく様変わりしたと言われています。インターネット普及以前は、エイプリルフールの嘘なのかどうかを確認する手段が乏しかったため、ダマされる人も多く、大混乱を起こすようなことも、しばしば起こっていました。

インターネットが普及してからは、その即時性からも、すぐにネタだと判断されるようになり、純粋にエイプリルフールの嘘をネタだとして楽しめる風潮が出て来たとも言われています。

逆に、エイプリルフールに合わせて新製品の発表を行いたい企業も、ネタだと勘違いされることを恐れ、4月1日に新製品の発表をすることは控えるようになったとも言われています。

このように、世界的にイベントとして認知されてきたエイプリルフールですが、今年は、どんなネタが用意されているのか、今から楽しみで仕方がありません。皆さんも、ダマされることなく、ネタを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月23日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ