スポンサーリンク


スポンサーリンク

ストレスによる症状!頭痛などの身体的不調に注意?

毎日生活していると、仕事や生活環境の変化、人間関係などでストレスがたまりますよね。時には、プライベートでもストレスがたまることがあるでしょう。人と人間関係を築いていく上で、ストレスはつきものです。これがどんどん蓄積されていくと、身体的な不調があらわれてしまいます。

怒り
ストレスによる症状にも色々ありますが、頭痛もそのひとつでしょう。それでは、ストレスによる症状にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


ストレスが溜まるとどんな症状がでてくるの?

人と接していく中で、ストレスを完全になくす事は、不可能です。ストレスが溜まると色々な身体的な症状が出てきます。例えば、頭痛、便秘と下痢、不眠、肩コリなどです。それでは具体的にどの様なものか、詳しくご説明していきましょう。

1人
  1. 続く頭痛・・・ほっておくと危険?
  2. 極度のストレスや目や頭の疲れによる一時的な頭痛ならば、少し休憩をとるなどすれば解消されることもあるでしょう。これを急性頭痛と言います。しかし毎日のように痛む、慢性的な頭痛の場合、様々な支障をきたす場合があります

    慢性的な頭痛にも種類があり、緊張型頭痛と片頭痛に分けられます。緊張型頭痛の特徴は、締めつけられる様な痛みが持続することです。うつむいた姿勢で、長時間にわたって机で書き物をしたり、眼精疲労などによって引き起こされる身体的な要因と、ストレスなどにより引き起こされる心理的な要因が考えられます。心理的な要因の場合には、肩コリを併発する場合もあります。

    片頭痛の特徴は、片側だけが、脈を打つように痛むことです。光や音などに過敏に反応する様になり、脳の血管の収縮と拡張に合わせて起こります。また、ストレスなどの心理的な要因によって起こり、うつ症状を伴う場合があります。


  3. 便秘や下痢・・・腸内環境に影響
  4. ストレスが溜まると、体の機能が正常に働かなくなります。腸は免疫力を左右する器官ですが、ストレスに対処するために、免疫力を必要とします。その為、腸の働きが悪くなり、腸内環境が悪化してしまいます。それにより、長期間お通じがない状態が続いたり、逆にお腹を下してしまうことがあります。


  5. 不眠・・・脳が興奮状態
  6. ストレスが溜まると、イライラしたりして、脳が興奮状態になります。それが覚醒効果となり、安眠を妨げてしまうのです。

    また、寝る間際まで仕事でパソコンを使用していたり、携帯やスマホを眺めていると、それらの電子機器が発する光によって、脳が刺激を受けてしまい、寝付きが悪くなります。溜まった仕事の事を考えているだけでも、ストレスを感じることでしょう。


  7. 肩コリ・・・頭痛と併発が多い
  8. 肩コリの場合は、頭痛と併発することが多のですが、時に嘔吐を伴う場合もあります。ストレスを感じると、体に力が入って筋肉が固まってしまいます。

    よく肩の力を抜いて、と言いますが、肩に力が入っている状態がストレスを感じている状態です。そうなると、血行が悪くなり、体の隅々まで行きわたらなくなります。それにより肩コリが生じてしまうのです。

それでは、これらの症状を改善するには、どうすればいいのか見ていきましょう。

スポンサーリンク


改善するにはどうすればいい?

ストレスが溜まり、身体的な症状が出てしまうと、さらに疲れが取れにくくなり、どんどん悪化してしまいます。それらの症状を改善させるのに一番効果的な方法は、リラックスをすることです。脳機能や血行、腸内環境などを全て改善してくれます。

ストレスが溜まっている時は、無意識のうちに体に力が入っていますので、意識してリラックス状態に持って行く必要があります。その為の簡単な呼吸法をご紹介します。


※音量注意※
簡単にできますので、是非やってみて下さい。その他にも、リラクゼーションミュージックを聴くとか、ハーブティーを飲む、お風呂でゆっくりと温まるなどが効果的と言えるでしょう。

それでも解消できないくらい深刻な状態になっている場合には、医者に行くことも考える必要があります。詳しく解説しましょう。


それでも続くなら医者に相談

医者
ストレスは、軽いうちに解消する事が一番大切です。それでも、毎日積み重なっていき、気がついたら深刻な状態になっている事も考えられます。そうなったら、医者に相談してみましょう。どの診療科を受診するかは、身体的な症状によって異なります。

しつこい頭痛が続くなら、脳神経科、腸内環境の悪化で便秘などを引き起こしているなら消化器科、うつ症状が現れているなら、精神科か心療内科などを受診することをおすすめします。


まとめ

いかがでしたか?たかがストレスだと思って甘く見ていると、大変な状況におちいってしまう事も考えられますので、毎日、こまめに解消していく事が重要です。

ストレスにいち早く気づける様に、自分の体や精神の変化に敏感になっておきましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月23日
最終更新日: 2015年07月03日

[健康・医療]

コメントを残す

このページの先頭へ