スポンサーリンク


スポンサーリンク

ひな祭りの食べ物!○○抜きはありえない!?

明かりをつけましょぼんぼりに~♪と聞くと、懐かしい子供の頃のひな祭りを思い出してしまいますね。昔は良く知らずに、ご馳走に喜んでいただけだけれど、ひな祭りには外せない食べ物があります。

子供達の桃の節句を祝ってあげるためにも、ひな祭りの食べ物の意味を知っておきましょう。ではまず、ひな祭りに外せない食べ物とは何なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク


ひな祭りに外せない食べ物とは?

ひな祭りには、家族でお祝いをしますよね。その際に出される料理の一つにちらし寿司があります。

昔、備前(現在の岡山県の南東部)というところに池田光政という人がいたのですが、一汁一菜令という法律を出しました。これは、庶民の贅沢を禁じるというものだった為、ちらし寿司の様な食べ物はご法度でした。

それでもおいしい物を食べたいという庶民が、桶の底に食材を敷いて、ご飯で隠していたのが、ちらし寿司の始まりと言われています。この様にして、庶民は、何とかして晴れの日を祝おうとしていたのです。

このちらし寿司と一緒に出てくる料理として、ハマグリのお吸い物があります。ハマグリは、対になっている貝だけがぴったりと重なるので、生涯一人の人と出会って、夫婦として幸せになってくれる事を願っています。

ひな祭りの食べ物
そして、お雛まさと一緒に飾られる菱餅とひなあられです。この二つは、ピンク、緑、白の3色でできていますが、これは、ピンクは桃の花を表し、緑は木々の芽ぶき、白は雪を表しています。すなわち、自然の大地を表していて、そのパワーを授かる様にとの願いが込められています。

最後に、子供でも飲める白酒です。もともとは桃花酒と言い、桃の花びらを漬けたお酒を飲んでいました。白酒になったのは、江戸時代からです。桃の花には、邪気を払う効果があるので、子供が元気に育つようにと縁起を込めていました。

では、これらのひな祭りの食べ物に込められた意味はどんなものなのか見ていきましょう。

スポンサーリンク


5大食べ物に込められた意味

5大食べ物とは、ひなまつりに外せない食べ物のことです。1つ目のちらし寿司は、桃の節句の食卓には、ほとんどの場合、並ぶ事でしょう。ちらし寿司は、子供のハレの日を祝う為に、華やかな色合いにしてあります。具材にも意味が込められています。

海老は、腰が曲がっているので、長寿を表しています。れんこんは、穴がたくさんあいている事から、先の見通しがきくという事を表しています。菜の花は、桃の節句が行われる春を感じさせる食材です。

雛人形
2つ目は、ハマグリのお吸い物です。ハマグリのお吸い物は、夫婦仲良く、末長く幸せになって欲しいという意味が込められています。

3つ目と4つ目は、菱餅とひなあられです。菱餅は、水草のヒシを表しています。ヒシは生命力が強く、繁殖力もすごい水草です。そのパワーを縁起物として菱餅にしました。
3つの色は、自然の息吹を表しています。

そして5つ目の白酒には、邪気を払い、体にパワーが溢れる様にとの願いを込めて、飲まれていました。それぞれの詳しい意味については『ひな祭りの食べ物の意味!大切な思いがそこにある!』もご覧ください

では次に、なぜこのような行事食があるのかについて見ていきましょう。


なぜ行事食があるのか

ここまで、ひな祭りに欠かせない食べ物を見てきましたが、そもそもなぜ、日本の行事には、それぞれ特有の食べ物があるのでしょうか。

疑問
日本には、四季折々の行事があります。これらは、ハレの日と呼び、その季節の旬の食材を取り入れた料理を食べます。この様な日は祝日である事が多く、休息を取ると共に、ご馳走を食べて栄養をつけなさい、という意味合いがあったのです

また、それぞれに使う食材の色や形を何かに例えて、縁起を担いでいました。ハレの日の料理には、これからも健康で幸せに暮らせます様に、という人々の願いが込められているのです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事を通し、季節の変わり目や四季折々に行事食がある事を知っていただけたことと思います。縁起の良い行事食は、毎月何かしらあります。3月のひな祭りには、健康の為にもちらし寿司などを食べましょう。

昔は、充分に食べ物が無かった為、食べ物を頂けるというのは、とてもありがたい事でした。現在は、物や情報であふれていますが、毎日ご飯を頂けるありがたさを改めて実感してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月23日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ