スポンサーリンク


スポンサーリンク

雛人形の由来と起源!隠された怖い真実?

3月3日と言えば、女の子のいる家庭では、桃の節句として雛人形を飾ります。雛人形も、最近では、マンションやアパート住まいが増えたため、豪華な段飾りではなく、ケースに入ったコンパクトなものが重宝される傾向にあるようです。

雛人形
一方で、豪華な段飾りは、デパートや商業施設のイベントスペースに飾られるようになり、新たな活路を見出しつつあります。豪華な段飾りは、その見た目の美しさもさることながら、長年の経験で培われた職人の技が細部にまで行き届いており、もはや芸術に等しいと言えるのではないでしょうか?

さて、この3月3日を女の子の桃の節句として祝うようになったのは、何故なのでしょうか?今回は、ひな祭りの始まりについて説明したいと思います。

スポンサーリンク


雛人形の始まりとは?

雛人形の始まりと言われているのは、平安時代中期にまで遡ります。当時、宮中の女子の間で「ひいな遊び」というのが流行していました。ひいなとは、人形を意味します。現代で言えば人形を使ったおままごとのような遊びだったのでしょう。

また、当時、宮中では3月の初めの巳の日を、上巳の節句と言って陰陽師を呼んで無病息災のお祓いを受けていました。その時に、紙でできた人形に自分の生年月日を記入し、それを体に擦り付けて、それを川に流すことで邪気を流すことを行っていました。この儀式は、現在でも京都の下鴨神社で毎年3月3日に行われる流し雛の儀式で見ることができます。

おみくじ
その後、江戸時代になって、ひな祭りが広く庶民にも広まるようになってから、宮中行事だった上巳の節句と人形遊びとして広く女子に楽しまれていたひいな遊びが合わさって、雛人形の始まりとなったと言われています

上巳の節句を3月3日に定めたのは、室町時代になってからです。その後も宮中行事として執り行われていましたが、江戸時代初期には、庶民にも広まるようになっていきました。この頃には、3月3日は女の子のお祭りとして認識されていたようです。

当時は、今のような段飾りではなく、絨毯の上に人形を飾るだけのシンプルなものでした。それが、大奥でも行われるようになり、次第に豪華な段飾りが一般的になっていきました。

さて、無病息災への祈りと人形遊びのひいな遊びが合わさって始まった雛人形ですが、実は、雛人形の起源には、隠された怖い真実があるのです。

スポンサーリンク


雛人形の起源に隠された怖い真実

日本では、豪華な段飾りでお祭りする雛人形ですが、その起源には、ちょっと怖い真実が隠されていました。

中国
雛人形の起源は、中国は漢の時代にまで遡ります。


ある村に徐肇(じょちょう)という男が住んでいました。徐肇は結婚して3人の女児を授かりましたが、3人とも3日以内に亡くなってしまったのです。徐肇と妻は嘆き悲しみました。その姿を見て、憐れに思った村人たちが酒を持ち寄り3人の女児の亡骸を清め水葬にしたと言われています。

この件が、日本に伝わり、陰陽師が行う儀式で人形に生年月日を記入し、それを水に流して邪気を払うということに繋がると言われているのです。

当時の中国では、土葬や火葬ではなく、水葬が一般的でした。しかし、日本では土葬が一般的であったために、水葬と言う風習と陰陽師の水に流して邪気を払うという行為が結びついて、水葬が神秘的なもの、怖ろしいものとして広まるようになったと言われています。

それにしても、3人の女児が3人とも3日以内に亡くなってしまうなんて・・・ちょっと怖いですよね。もしかしたら、昔の人たちは、不吉なことと感じていたかもしれませんね。


まとめ

日本では、宮中儀式として執り行われていたものと、その当時流行していた人形遊びが結びついて雛人形が生まれたとされています。今では、その由来を正しく知る人はほとんどいないと言って良いでしょう。理由も知らず、3月3日は女の子の節句として、盛大にお祝いしているのです。

しかし、その由来にはちょっと怖い真実も隠されています。ですから、雛人形を処分する際には、神社やお寺できちんと供養してから処分してもらうといった特別な手続きが必要になっているのです。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月22日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ