スポンサーリンク


スポンサーリンク

ひな祭りのひなあられに込められた意味とは?

節分の翌日は、立春です。まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春になり、木々が芽吹き、花々が咲き乱れるのを人々は待ち望んでいます。そして一足先に桃の花が咲き始めると、桃の節句、ひな祭りがやって来ます。

雛人形
ひな祭りになると、お雛様と一緒に、菱餅(ひしもち)やひなあられが飾られていました。それらのお菓子もひな人形の一部になっています。ではなぜ、ひな人形と一緒にお菓子を飾るのでしょうか。また、そのお菓子には何か意味があるのでしょうか。

ひなあられは、ほとんどの場合、ピンクと緑と白の3色です。これらの色にも何かの意味が込められているのでしょうか。まずは、ひなあられが3色の意味から見ていきましょう。

スポンサーリンク


ひなあられが3色なのは意味がある

ひな祭りになると、甘くておいしいひなあられを食べたことがあるかと思います。色とりどりのひなあられは、3色の場合が多いと思います。実はあの3色の色には、それぞれに意味があるのです。いったいどんな意味があるのか・・・確認してみましょう。

ひなあられ
まず、緑色は、木々の芽の緑を表しています。ピンク、すなわち桃色は、生命を表しています。白色は、真っ白な雪を表しています。これらは、自然の息吹を表していて、ちょうどひな祭りの頃の季節感がうかがえます。

そして子供達がその自然の恩恵を受けて、すくすくと幸せに成長できます様にとの願いが込められていますさらに黄色をプラスして、4色の場合には、日本の四季を表していると言われています。


さて、そんな子供への想いが込められたひなあられですが、いったいどのようにして誕生したのでしょうか。

スポンサーリンク


ひなあられはこうして誕生した!

そもそもなぜ、ひな祭りには、ひなあられを飾るのでしょうか?その由来は、ひな遊びと呼ばれる遊びが発祥となっています。

もともとお雛様は、子供達が遊んでいた人形を飾る事から始まったと言われています。そのひな人形に、春の景色を見せてあげようと、外へ連れて行った事を「雛の国見せ」と言い、これを、ひな遊びと呼んでいました。山や川、海などへ連れていく際、お腹がすくので、ひなあられを持って行ったのが始まりです。

そんなひなあられ・・・いったいどの様にして作られているのでしょうか。普段見る事のない、ひなあられの製造過程を動画でご紹介します。段々と形が変わっていく様子が、とても興味深い動画となっていますので、是非ご覧下さい。


※音量注意※
あんな形がまん丸になるんですね。とてもおもしろくて、何だか可愛いですね。ひなあられには、長方形やまん丸などの種類があり、地域によって、形や味が違います。それでは、どの様な違いがあるのか見ていきましょう。


関東と関西では違いがある

関東では、米を原料としたポン菓子が主流です。甘い砂糖で味付けをしています。日頃のご飯粒の残りをあぶって作ったのが由来です。そのため、米粒大の物が昔は主流でしたが、現在ではまん丸の可愛らしいお菓子の方が多く出回っています。

ひなあられ
一方関西では、餅からできている、丸い形のあられせんべいを指しています。醤油味や塩味の物で、菱餅を砕いて作ったのが由来と言われています。また、名古屋では、筒状の物と丸い物があり、甘い味付けになっています。

最近では、昔ながらの物とは別に、変わり種のひなあられも登場していると言います。マヨネーズ味やチョコレート味など、新種のひなあられが、主流になっている地域もある程です。


まとめ

意外と知らないひなあられについて、色々な事がわかりました。昔の人は、何かを食べる時には、必ず縁起を担いで、未来の幸せを願っていたのですね。おせち料理や年越しそばもその一つです。その具材の色や形などに意味を持たせている場合が多いです。

現代と違って、貧しい暮らしをしていた人々にとって、食べられる幸せというのは、計り知れないものがあります。その大切な食べ物に意味を持たせる事で、生きる希望を得ていたのでしょう。

昔の暮らしを思い浮かべてみると、人間の本質が見えてくる様な気がします。古くからある日本の文化に触れる事で、気持ちだけでもタイムスリップしてみませんか?

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月21日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ