スポンサーリンク


スポンサーリンク

ひな祭りにちらし寿司を食べるようになった由来とは?

節分が終わったら、暦の上では春です。あっという間に桃の花が香りを漂わせて、ひな祭りがやって来ます。幼い頃のひな祭りには、家族で何を食べましたか?

多くの方がちらし寿司を思い浮かべるかと思います。ではなぜ、ひな祭りにはちらし寿司を食べるのでしょうか。その由来と具に込められた意味をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜ?

ひな祭りは、桃の節句と呼ばれ、女の子の成長を祝うお祭りです。お雛様を飾るのは、子供に降りかかる災難の身代わりになってもらう為です。この先の子供の人生が幸せであります様に、という願いを込めて祝うのです。ではなぜ、ちらし寿司を食べるのでしょうか。

ちらし寿司
昔は、なれ寿司と呼ばれるものが食べられていて、現在の寿司の原型と言われています。彩りが良く、華やかに見せる為に、菜の花や海老などを具材として、押し寿司の様な寿司に仕上げていました。それが現在の様な、ちらし寿司に変わっていきました。

ちらし寿司と言っても、江戸前、つまり東京と他の地域では少し違う様です。江戸前寿司のネタを酢めしの上に散らした物をちらし寿司と呼ぶ東京に対して、岡山などの地域では、五目ちらしやばら寿司と呼ばれています。これは、五目混ぜご飯などの上に錦糸卵や海苔をちらしたものです。

いずれにしても、色々な具材がのっていて、栄養がある事から、子供の健康を願って作られていた事がうかがえます。ちらし寿司は、子供が健康に生きて行ける様にと願いを込めて、ひな祭りに作られる様になりました。

さて、子供のことを想い作られるちらし寿司ですが、いったいどの様に始まったのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク


ちらし寿司はどの様に始まったのか?

ちらし寿司の発祥は江戸前、つまり東京です。江戸前寿司で握るネタを酢めしの上に「散らして」作っていた事から、「ちらし寿司」と呼ばれる様になりました。酢めしではないご飯を使用する場合には、海鮮丼と呼ばれる事が多いです。

ちらし寿司の発祥は江戸前でも、由来は、岡山のばら寿司にあります。備前(現在の岡山県の南東部)の池田光政という人が、質素倹約を言い渡し、一汁一菜令(庶民の贅沢を禁じるというもの)が出された事により、質素な食生活を強いられた庶民が、隠れておいしい物を食べる為に始まったとも言われています。

お祝いの日には、桶の底に様々な具材敷いて、ご飯で隠して、食べる時にひっくり返します。そんな遊び心に感心した池田藩は、見逃してくれたそうです。それが時を経て、現在の様な華やかなちらし寿司に変化していったのです。

見た目にも華やかなちらし寿司の作り方を動画でご紹介しますので、是非、ご覧下さい。


※音量注意※
本当にケーキの様ですね。彩りが鮮やかで、お祝いには相応しいお寿司です。ぜひ今年のひな祭りには、自分でちらし寿司を作ってみませんか?

また、ちらし寿司には色々な具材を入れますが、それぞれの具には、意味がしっかりとあります。込められた意味について、確認してみましょう。


ちらし寿司の具にはそれぞれ意味がある

ちらし寿司
昔は、海老や菜の花を具材で使っていましたが、それにはちゃんと理由があります。海老は腰が曲がっている事から、長寿を意味しています。子供が長生きできる様に願いを込めて、海老を入れる様になりました。

また、れんこんは穴がたくさんあいている事から、先を見通せる様にとの願いが込められています。これらの具材は、お正月のおせち料理でも使われていますが、おせち料理でも、同じ様な意味が込められて、縁起を担いでいます。

菜の花は、春の旬の物を取り入れて、健康に育つ様にとの願いを込めていました。絹さやを入れて、卵を散らして、彩りを良く、華やかに仕上げるのが、家庭のちらし寿司です。

現在のお寿司屋さんで出てくるちらし寿司は、多くの場合、ご飯と具材の間に海苔などがあり、刺身をそのまま並べた豪華なものです。


まとめ

今回の記事で、「ちらし寿司をひな祭りに食べるのには理由がある」ということをご確認いただけたかと思います。桃の節句というと、子供だけのお祝いの様に感じますが、大人になっても、自分のひな人形を飾った方が良いと言われています。それは、災いの身代わりになってくれるからです。

そして、お祝いにちらし寿司を食べる。長生きや健康を願って、縁起をかついでみましょう。何歳になっても、幸せである事を願うのは、人間の本能なのですから。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月21日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ