スポンサーリンク


スポンサーリンク

ストレス解消には音楽が一番!失敗しない曲の選び方

日頃の仕事や勉強による疲れで、ストレスを抱える事も多いでしょう。人間関係には、ストレスがつきものです。これを全くなくす事はむずかしいですが、少しでも和らげるため、また、発散させるためには、音楽を聞くと効果的です。では、音楽を聞く事で、どんな効果が得られるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


音楽を聞くことでのストレス解消への効果

レコード
音楽が、人間の脳に与える効果は、計り知れないものがあります。アルファー波という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、脳からアルファー波が出ている状態の時には、リラックスして、ストレスを解消する効果があると言われています

また、集中できない時に、アルファー波の出る音楽を聞くと、脳も体もリラックスすることで、肩に力が入らずに、自然と集中力が高まるようになります。

では、忙しくても音楽を生活に取り入れるにはどうしたら良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


忙しくても音楽ならスキマ時間で聞ける!

ストレスがたまり疲れた時には、運動をする事で、逆に疲れが抜けると言います。そうは言っても、残業で帰りが遅かったり、寝る間も惜しんで働いている場合には、運動をする為にスポーツジムへ通うことはできませんよね。

お風呂
その様な忙しい人でもできるストレス解消法が、音楽を聞くことです。音楽を聞くだけなら、通勤時間にも聞けますし、帰宅した後の食事や入浴時間でも聞くことができます。簡単に日々の生活に取り入れられますので、すぐにでも始めてみてはいかがでしょうか。

ただ、ストレス解消の為の曲選びでは注意すべきこともあります。いったいどんなことに注意すればいいのか・・・。この機会に確認しておきましょう。


ストレス解消の為の曲選びで注意すべき2つのこと

ストレスと一言で言っても、大まかに分けて、2種類のストレスがあります。気分が落ち込んでいたり、イライラしていたり、その時のストレスの種類によっても、選ぶべき音楽は変わってきます。ストレス解消のために音楽を聞くのなら、自分がどんな気分なのかをまず、考えてみましょう。

フクロウ先生

「気分が落ち込んでいる時」

仕事で失敗して、上司に怒られたなどで、気分が落ち込んでいる時には、無理にアップテンポな元気になる音楽を聞くのではなく、リラックスできる静かな音楽を聞く様にしましょう。

「イライラしている時」

逆に、気分がむしゃくしゃして、イライラがたまっている時には、ノリノリの音楽を聞いて、ストレスを発散させましょう。

「ポイント」

もちろん、落ち込んでいる時でも、気分を高める為に、ノリの良い音楽を聞いても良いですし、イライラを鎮める為に、リラックスできる音楽を聞いても良いのです。要は、自分がどんな音楽を求めているか、自分の心と相談してみましょう。

さて、注意点を確認できたところで、次はどの様な聞き方が、より効果的なのかについて確認していきましょう。


より効果的な音楽の聞き方

音楽は、ただなんとなく聞いているだけでも効果はありますが、聞き方によっては、さらにその効果を高めることができます。具体的には、聞いている部屋の明るさ、室温、どんな態勢で聞いているかによっても、違ってきます。

また、ストレスの種類によっても、効果的な聞き方が違いますので、まず、ストレスの種類を見極めてから、実践しましょう。

例えば、ストレスを発散させるタイプの解消法をする時には、部屋を明るくして、ノリの良い音楽に合わせて、体を動かしましょう。また、リラックスして、心を鎮めるタイプの解消法をする時には、部屋を暗めにして、快適な室温にし、横になった状態で、全身の力を抜いて聞くと効果的です。

リラックス効果のあるとされるアルファー派の音楽を載せておきます。ぜひ音楽を聞いて、存分にその効果を体感してみてください。


※音量注意※
癒されますね。心も体も力が抜けていく様な音楽でした。音楽の効果は、やはりすごいですね。


まとめ

いかがでしたか?

音楽を聞いてストレス解消をするなら、ストレスの種類を見極め、より効果的な音楽を選び、音楽を聞く環境も大切だということがわかりました。日常的に音楽を生活に取り入れる事で、効率的にストレスを解消する事ができますので、ぜひ、実践してみて下さい。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月20日
最終更新日: 2015年06月27日

[健康・医療]

コメントを残す

このページの先頭へ