スポンサーリンク


スポンサーリンク

歓迎会での挨拶!新入社員が気をつけるべきこととは?

4月に入ると、どこの会社でも新入社員の歓迎会が行われます。会社としては、会社の未来を担う期待のホープですから、新入社員の歓迎会にも力が入っています。

スピーチ
一方の新入社員の皆さんにとっては、入社した会社の方々に名前を覚えてもらうチャンスでもあります。新入社員の歓迎会での挨拶は、自分をアピールし、会社の方々に覚えてもらう絶好のチャンスなのです。

当然、慣れない挨拶ですから緊張もするでしょう。しかし、この挨拶に失敗したからと言って、入社が取消になることはありません。就職活動中の面接に比べたら、気楽なものです。是非、リラックスして挨拶して欲しいものです。

今回は、新入社員歓迎会での挨拶について紹介したいと思います。まずは、歓迎会の挨拶って何を話せばいいのかについてです。

スポンサーリンク


歓迎会の挨拶って何を話せばいい?

歓迎会の挨拶は、自分をアピールして会社の上司や先輩方に名前を覚えてもらう絶好の機会です。緊張をするでしょうが、チャンスだと前向きにとらえて頑張って欲しいものです。

歓迎会での挨拶は、歓迎会の規模によっても変わってきます。何十人もの採用がある大手の会社では、新入社員の代表が挨拶をするだけの場合もあります。一言ずつ、全員で挨拶する場合もあります。少人数しか採用しない会社では、全員がキチンと挨拶する場合がほとんどです。

マイク
その挨拶の場で話すことは、まずは自己紹介。名前と年齢、出身大学と学部、趣味や特技などを話します。次に、歓迎会を開いてもらったお礼と、その会社に入社できたことの喜び、これから会社の一員としての決意を話します。そして、結びの言葉といった流れになります。

挨拶は、あまり長く話し過ぎても飽きられてしまいます。長くても3分以内、出来れば2分程度に収めるようにしましょう。あまりダラダラと長話をすると、逆に印象が悪くなってしまいますまた話す声の大きさや姿勢も大事です全員に行きわたるようなハキハキした口調で、背筋を伸ばして話すようにします小声の挨拶や背筋を丸めての挨拶では、良い印象を持たれることはないでしょう

次に、具体的なあいさつの例を紹介します。

スポンサーリンク


挨拶の例をご紹介!

歓迎会の挨拶では、大体、話すことは決まっています。自己紹介、歓迎会のお礼、入社できたことの喜びとこれからの決意、そして結びの言葉といった内容です。

女性
具体的には、以下のようになります。
わたくしは○○太郎と申します。○○年○月○日生まれで、年齢は○○歳になります。○○大学の○○学部を卒業しました。出身地は○○です。趣味は歌うことで、大学でも○○サークルに所属しておりました。

この度は、このような会を催していただき、ありがとうございます。本日、こうして社会人としての第一歩を○○会社で迎えられたことを大変、嬉しく思っております。一日も早く職場に馴染み、仕事ができるようになりたいと思っております。

色々とお世話になることが多くなると思いますが、一生懸命に頑張りますので、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
上記の例では、最低限の流れをおさえつつ、1分程度の挨拶にまとめています。もう少し自己アピールをしたい方は、趣味や特技のところで、しっかりとアピールをするようにすれば良いでしょう。

次に、歓迎会の挨拶で気をつけるべきことについて確認しておきましょう。


歓迎会の挨拶で気をつけるべきこととは?

歓迎会の会場の規模にもよりますが、挨拶はマイクを使用する場合が多いようです。そのため、気合を入れて声を張り上げては、聞く人の耳が耐えられません。適度な大きさで話すようにしましょう。マイクがない場合は、ハキハキと大きな声で話すようにします。

演説
挨拶の時、マイクを持たない方の手のやり場に困ることがあります。マイクスタンドがない場合には、マイクを両手で持つか、マイクを持たない手を後ろに回すなどして、だらしなくブラブラさせないように気をつけましょう。マイクスタンドがある場合やマイクを使用しない場合は、両手があきますので、両手を前で組むようにします。間違っても、ポケットに手を突っ込んだりしないようにしましょう。

挨拶をする際の姿勢にも注意が必要です。背筋を丸めてしまっていては、良い印象を与えることができません。背筋はピンと伸ばして挨拶をするようにしましょう。

目線は、あまりキョロキョロせず、ゆっくり全員を見渡すようにしながら話します。相手の目を見ると緊張するという人は、全員の胸元あたりを見るようにしながら話すと良いでしょう


まとめ

新入社員の歓迎会での挨拶は、初めての会社での大仕事と言っても過言ではありません。爽やかに挨拶することによって、今後の上司や先輩方との関係にも影響してきます。自己アピールをすることに夢中になりすぎて、あまり長い挨拶にならないように気をつける必要があります。

全員が、同じような定型文の挨拶を続けてしまっては、聞く方も退屈してしまいます。そのような場合、少し変化をつけて挨拶することで、臨機応変に対応できる姿をアピールできます。

同じ新入社員の挨拶を良く聞きながら、自分の挨拶の構成を変えるなど、少し余裕を持って挨拶に臨むことができれば最良です。場の雰囲気に飲まれず、挨拶を楽しむように出来れば、自然と良い挨拶ができると思います。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月20日
最終更新日: 2015年06月27日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ