スポンサーリンク


スポンサーリンク

パソコンで目が疲れる!ショボショボする原因と対策

私たちは現在、ディスプレーに囲まれていると言えます。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットと、光を発する画面ばかり。

ディスプレイ
ただ光といっても、自然の光ではないので、あまり身体には良くないもの。特に最も影響を受けるのが、「目」ですね。そして目は身体の他と密接に関連しているので、目の疲れが首に、目の疲れが肩こりに、目の疲れが精神にと、どんどん蝕んでしまうので注意が必要なんです

もちろんパソコンを使わなければそれで解決なのですが、そうできないのが現代のシステム。それで今回は、「目がショボショボする原因と対策」と題して、目の疲れを和らげる方法を様々な角度から考察してみたいと思います。

スポンサーリンク


パソコンで疲れた目!和らげる方法は?

まず、目がショボショボする原因は、血流の問題です。目の周りの血管の血流が悪くなると、こうした症状が現れます。ですから、原因からすると一番の対策は、「血行を良くする」ということそのために良い方法は、「温める」ことです

風呂
ただしポイントは、「温め続けない」こと温めにおいて大切なのは、冷やしと温めの繰り返しなんです。それで、まずは冷たい水で絞ったタオルで目を覆います。冷たい水や氷水がない場合は、冷蔵庫で冷やす程度でも大丈夫です。続いて温めたタオルで目を覆います。これを繰り返すことで、血流がかなり良くなります。

温めている方はいると思いますが、冷やしてから温めることをしている人は意外と少ないんです。より血行をよくして、目の疲れを和らげる効果的な方法なので、ぜひ実践してみましょう。

あともう一つ、簡単で疲れを和らげられる方法は「ツボ」です。目の周囲には、ほぼ左右対称にツボがあります。ツボは、的確に押すとツーんとした痛みがします。もしよく分からないとは、ツボのあたりを軽くマッサージするだけでも効果があります。眼球を押したり、目をかいたりしないように注意して行なってみてください。

こうしたものは素人考えで行なうのは危険なので、医師が勧める方法と考えの動画を載せておきます。感覚的なことではなく、正しい知識とアドバイスのもとに行ないましょう。


※音量注意※
ここでは、「温める方法」と「ツボ」について書きましたが、よく「目にはブルーベリーが効く」と言われています。でもこれは本当なのでしょうか?


ブルーベリーのサプリって効果あり?

この点においては、現在でも様々な考えがありますが、結論から書きますと、「ブルーベリーが目に効果があるという医学的な証拠はまだない」というのが答えです。

ブルーベリー
医師が述べる見解をまとめてみると、ブルーベリーには強い抗酸化作用があるので、「疲労回復」には効果があるのは事実です。ただ、目への影響はまだ確証されていません。

ですから、今の段階ではブルーベリーはあくまで抗酸化物質としての栄養素としてとらえておいたほうが無難です。でも、栄養不足で偏りのある食事は目の状態には良くないので、バランスのとれた食事のほうに意識を向けるほうがよいかと思います。

そしておすすめなのは、「ブルーベリー」より「ブルーカットのメガネ」。幾つか良いものがあるので、紹介しますね。

スポンサーリンク


ブルーライトカットメガネの利用がおすすめ!

そもそもパソコンで目が疲れる原因に、「ブルーライト」があります。ブルーライトとは、波長が紫外線に近い光で、目に入ると奥の網膜にまで達して、目の疲れや、睡眠に影響を与えると言われています。

さらにこのブルーライトはピントがぼけやすい特徴があるので、まぶしさの原因にもなります。そのブルーライトをカットすることで、見ているものがはっきり見えるので、結果的に目が疲れにくくなるという理屈です。

ブルーライト
さらに効果を高めるためには、パソコン側の設定も少し変更してみましょう。モニターの輝度を下げるだけでもだいぶ変わります。また最近はブルーカットに特化したアプリも出ているので、スマホやタブレットでは試してみるといいと思います。

ブルーライトカットメガネについて詳しくは、『ブルーライトカットメガネの効果!感じ方は個人差あり?』をご覧ください。


光というのは人間にとって必要ですが、自然ではないパソコンの光はかえって逆効果。それでも人間よりもパソコンのほうが重宝されているのが現実社会。

残念ながらこの世の中で生きていくためには、自分がパソコンに合わせないといけません。まずは日頃からできる温めとツボから始めてみましょう。

メガネも最初は違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れて手放せなくなるという人が多いので、安心して使ってみてください。目の疲れは全身に影響を与える大切な部分なので、毎日いたわるように心がけましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月18日
最終更新日: 2015年06月27日

[健康・医療]

コメントを残す

このページの先頭へ