スポンサーリンク


スポンサーリンク

ひな祭りの歌は怖い?隠された真実!

以前、大規模なおもちゃ屋に行った時、店内でずっとひな祭りの歌が流れていました。

「♪~お内裏さ~まとお雛様~~ふ~たり並んですまし顔~♪」

私はなんとも思っていなかったのですが、急に一緒にいた連れが「怖い。夢にまで出てきそうな歌。」と言い出したのです!

初めはナニソレ~!て笑ってバカにしていたのですが、実はこの歌にはある真実が隠されていたのです。なぜ、ひな祭りの歌が怖いと言われるのか。その謎について調べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク


ひな祭りの歌

この歌のメロディーはすでにご存知かもしれませんが、歌詞は全部覚えていますか?ここでひな祭りの歌について一度確認してみましょう。


※音量注意※

うれしいひな祭り

  1. あかりをつけましょ ぼんぼりに
    お花をあげましょ 桃の花
    五人ばやしの 笛太鼓(ふえたいこ)
    今日はたのしい ひな祭り

  2. お内裏様(だいりさま)と おひな様
    二人ならんで すまし顔(がお)
    お嫁(よめ)にいらした 姉(ねえ)様に
    よく似(に)た官女(かんじょ)の 白い顔

  3. 金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
    かすかにゆする 春の風
    すこし白酒(しろざけ) めされたか
    あかいお顔の 右大臣(うだいじん)

  4. 着物をきかえて 帯(おび)しめて
    今日はわたしも はれ姿(すがた)
    春のやよいの このよき日
    なによりうれしい ひな祭り

雛飾りを楽しむ様子から雛人形の表情、そして最後はひな祭りを楽しむ子供たち自身の歌詞構成になっています。

この歌は1936年(昭和11年)に、サトウハチロー作詞・河村直則作曲によりレコード発売されましたが、歌詞自体はサトウハチロー氏が1935年に作っていたそうです。なんでも、作詞をしたのは自分の娘に雛人形をプレゼントした前後なのだとか。

スポンサーリンク


歌詞に込められた本当の意味

ひな祭りというのは、もともとは、親から子への成長を願う華やかなひな祭りのはずなのに、歌詞をよく見てみるとなんか暗いと思いませんか?

ちょっと、2番の歌詞を見てみてください!まず、お内裏様とお雛様。これは天皇と皇后を表しているのはご存知ですよね。問題はその後です。「お嫁にいらした姉様によく似た官女」・・・官女から嫁いだ姉。これは誰のことを指すのでしょうか?

お雛様
実は、これはお嫁に行く前に結核でお亡くなりになったサトウハチロー氏のお姉さんを歌っているのです。「白い顔」と描かれていますが、お姉さんが色白の方だったのか、結核の影響で白くなったことを連想させているのか、想像すると少し怖くもあり、なんとも悲しい歌だと感じます

「うれしいひな祭り」の歌は、サトウハチロー氏の姉に対するレクイエム(鎮魂歌)だったのです。曲名にある「うれしい」とは真逆にとても悲しい歌ではないでしょうか。

ちなみに、雛人形について歌っている歌詞にもかかわらず不正確な描写が含まれていることから、作詞したサトウハチロー氏本人が晩年までこの歌を好きになれなかったようです。自分で作詞しておきながら・・・。


ひな祭りの歌に潜む間違い

あなたはどこが間違っているのか気が付きましたか?ある意味では、これもひな祭りの歌の怖いところかもしれません。

なぜなら、あまりに有名な歌であるため、未だに多くの人が間違いに気付くことなく、「そういうものだ」という認識を持ってしまっているからです。

雛人形
実際に間違っているポイントは2つです。

  • お内裏様(だいりさま)と おひな様
  • あかいお顔の 右大臣(うだいじん)
1つずつ説明していきますね。

まずは、「お内裏様(だいりさま)と おひな様」

歌詞には続きに「二人ならんで すまし顔(がお)」とあります。お内裏様とは、雛人形の最上段に飾られている男雛(おびな)と女雛(めびな)の2人のことを指します

また、おひな様というのは、お内裏様を含めた全ての雛人形を指して使われる言葉なので、「お内裏様(だいりさま)と おひな様 二人ならんで すまし顔(がお)」という表現は間違っているのです。

しかし「うれしいひな祭り」の影響により、最上段に飾られている雛人形をお内裏様とおひな様だと誤認してしまっている人が多いようです。私も詳しいことは知らなかったので、今回調べてみて確認することができました。

おひな様の最上段に飾られているのは、男雛と女雛なので、誤用しないように気をつけましょう。

次に確認したいのが、「あかいお顔の 右大臣(うだいじん)」です。

実は赤い顔をした雛人形というのは左大臣なのです。右大臣のお顔は白い作りになっているので、間違った表現になってしまっています。

ひな壇に飾られた雛人形を見ると、向かって右が左大臣であり、向かって左にいるのが右大臣となります。少しやややっこしいので間違えやすいのですが、正式にはこのようになっています。

日常でも向かい合って話していると、右と左が間違って伝わってしまうということがありますよね。お互いに見ている方向が違うので些細なことではありますが、本当にややっこしいなと感じます。

作詞したサトウハチロー氏本人も、このような誤用に気がついてしまったからこそ、好きになれなかったのでしょう。

まとめ

「うれしいひな祭り」には、作詞をしたサトウハチロー氏の亡くなった姉に対する悲しい思いが隠されていました。曲名とは逆に悲しい歌だったわけです。

曲も短調なので余計怖いと思ってしまうかもしれませんが、80年以上もひな祭りの定番曲となっていることは素晴らしいことですね!

また有名だからこそ、誤認した人を増やしてしまっているという事実・・・。これは現在の情報化社会においても注意したいポイントだと言えますよね。

「有名だから正しいとは限らない。」世の中には意外と誤認されているものが多いのではないでしょうか。知っている人に聞かれたら、少し恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。正しいことを学び、正し使い方をしていく。またそれを後世に伝えていく。

今回の事をきっかけに「うれしいひな祭り」はとても奥の深いものになったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年12月08日
最終更新日: 2015年06月27日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ