スポンサーリンク


スポンサーリンク

ひな祭りの食べ物の意味!大切な思いがそこにある!

あなたはひな祭りの食べ物に込められた願いや意味をご存知でしょうか?

たとえば、お煮しめに使う蓮根には、先が見通せますようにという願いが込められていたりとか、タケノコにはタケノコのようにすくすくと成長しますようにという願いが込められていたりとか・・・。

御節料理
今までなんとも思っていなかったモノでも、大切な意味や願いが込められていたりします。たとえば、七五三などのお祝い事に赤飯を食べる、節分にある方角に向いて巻き寿司を食べる等など・・・。

七五三や節分と同じように、ひな祭りの日に食べている、もしくは昔食べたことのある料理にも一つ一つ大切な意味や願いが込められています。

意味を知っていれば、よりいっそう自分の子どもの成長をお祝いできるようになり、あなたのお母さんが心を込めて自分の成長を祝ってくれたんだなということを知ることもできるはずです。

ということで、今回はひな祭りに食べる代表的な食べ物と、それに込められた意味についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


ひな祭りの代表的な食べ物

3月3日のひな祭りの日には、はまぐりのお吸い物や菱餅(ひしもち)、ひなあられに白酒、ちらし寿司というような食べ物が食卓に並んだのではないでしょうか??

ちらし寿司
食べ物名を見ても少し分かりづらいかと思いますので、それぞれの簡単な説明をまとめておきます。
  • はまぐりのお吸い物
  • はまぐりに三つ葉やお麩などを添えたお吸い物!

  • 菱餅(ひしもち)
  • 緑、白、ピンク(紅)の三色のお餅を菱形に切って重ねたものです。よく、雛飾りのなかでお雛様の横に飾られています!

  • ひなあられ
  • お米を砂糖で炒った甘いあられです。三色、もしくは四色あります。また、関西と関東では見た目も味も少し違います!関西ではあられの粒は大きく、甘いというより甘辛いのが特徴。関東ではあられの粒は小さく、甘いのが特徴です。

  • 白酒
  • もともと飲まれていた桜花酒というお酒を、みりんで蒸したお米や麹を混ぜて熟成させたものです。分類は日本酒。もちろん、アルコール飲料になるのでお子さんには勧めないでくださいね(^_^;)

  • ちらし寿司
  • 卵や蓮根、海老などの具材に加え桜でんぷんなどがトッピングされたひな祭りの定番メニューです。
どれも一度は食べたことがあるのではないでしょうか?

ちらし寿司は、普段も食べることがあるので、ひな祭りの食べ物と言われても微妙なところですが、菱餅やひなあられ等はひな祭りでなければ食べることもないですよね。

さて、代表的な食べ物をご紹介しましたが、これらの食べ物には、それぞれに大切な願いや意味が込められています。

もしかしたら、今までは気にしたことも無かったかもしれませんが、一つ一つの意味を知った上で食べることで、より一層ひな祭りが大切な行事になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


ひな祭りの食べ物に込められた意味

それではさっそく、それぞれの食べ物に込められた意味や願いを確認してみましょう。

はまぐり

はまぐり
はまぐりは、対になっていない貝殻の場合、必ず合わさることはありません。そこから、対になっている貝殻がぴったり合わさることで、夫婦円満を表すとされています。

また、将来良き伴侶に恵まれますように、一生一人の人と添い遂げられますようにという、親から子への願いが込められているのです

菱餅

菱餅
もともと、菱餅は菱の形をしておらず、よもぎで着色された緑一色だったそうです。しかし、時代とともに菱餅は変化していき、江戸時代に菱形をした白(ひしの実で着色)のお餅が加わり、明治時代になるとクチナシの実で着色されたピンクのお餅が加わったことで、現在の三色になったと言われています。

ちなみに着色されている色にはそれぞれ効能があります。緑のよもぎは、きつい香りで厄除けの効果をもたらし、白のひしの実は、血圧を下げる効果。ピンクのクチナシの実は、増血の効果があるとされています。そして菱形は心臓を表していることから、親から子への健康に育って欲しい願いが込められているのです。

また、菱餅の三色には意味があるのですが、これには諸説あり、「大地・雪・桃」の季節を表しているものや、「長寿・清浄・魔除け」を意味しているものが挙げられます。菱餅・・・とても奥が深い食べ物ですよね。

ひなあられ

ひなあられ
こちらも菱餅と同じように、緑白ピンクの三色を使っていますが、なかには黄色を含んだ四色のものもあります。色は四季を表していると言われる説や、もともと菱餅を砕いて作ったからこの三色、もしくは四色になったと言われる説など色には諸説あります。

そして、これらの説から「一年(四季)を通して、健康(長寿・清浄・魔除け)に過ごせますように」との願いが込められていると言われています。このような願いが込められていると知らない子供達も、きっとひな祭りメニューのなかで一番好きなものではないでしょうか。

白酒

白酒
中国で薬酒として飲まれていた「桃花酒」というものが起源です。桃の花びらを漬けたお酒です!桃には気力、体力をサポートする働きがあったり、邪気を祓うとしていたそうでこれが日本に流れたのです。

江戸時代になると、桃の花びらを漬けたお酒にみりんで蒸したお米や麹を混ぜて熟成させたものが飲まれるようになり、白酒が誕生しました。こちらも、親から子への健康を願う気持ちが込められているのです!

とはいえ、白酒は立派なお酒なのでお子さんにはノンアルコールの甘酒を勧めましょう。

ちらし寿司

ちらし寿司
ちらし寿司そのものに云われはないですが、使われている具材にそれぞれ意味があります。

  • 蓮根
  • 見通しがききますように

  • 海老
  • 長生きできますように

  • まめに働けますように
などです!そして卵や菜の花などは春を感じる彩りや香りを表していると言われています。たしかに華やかですよね。

ここまでにご紹介した他にも、願いが叶うと言われるサザエなどいろんなものがあります。最近はデコ弁みたいに気合の入ったひな祭りメニューが子供たちの人気を集めています。

簡単な装飾の参考に動画を載せておきますので、是非ご参考にしてください。


※音量注意※
でも、子供たちにとっては、ちらし寿司よりも桜餅やよもぎ餅などの甘い和菓子が喜ばれるかもしれませんね(^_^;)


さて、今回はひな祭りの代表的な食べ物の意味や、込められた願いについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。今までは知らなかったことや、新しい気付きがあったかと思います。

それぞれに込められた意味や願い。昔から伝わっている風習を大切にしつつ、これからもひな祭りという行事を大切にしていきましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年12月07日
最終更新日: 2015年06月27日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ