スポンサーリンク


スポンサーリンク

おせちの由来!子供への説明もこれでバッチリ!

お正月ならではの「おせち料理」。


年に一度だけいただくおせち料理について、

「縁起がいいとは知っているけど、なぜ縁起がいいのかな」

「何か意味があるようだけど、どんな意味があるのだろう」

という疑問を持ったことはないでしょうか。


ここでは子供に聞かれてもバッチリ答えることができるよう、おせち料理の意味をご紹介いたします。

スポンサーリンク


おせちの由来

日本ではその起源を弥生時代までさかのぼることができると言われていますが、おせち料理を漢字で「御節(おせち)料理」と書きます。実はこの「御節」という言葉の由来は中国にあります。

おせち
中国では1年を季節の変わり目ごとに区切り、五節供(五節句)という5つの節目を設けていました。端午や七夕、お正月もその五節供に含まれます。お正月は「人日」と呼ばれ、五節供の中でも最も重要とされていました。

そして、五節句の節目を迎えると「節会(せちえ)」と呼ばれるお祝いをする宴を行い、この「節会」の場で神様へお供えしていた料理を「御節句」と呼んでいました。この「御節句」という言葉が「おせち」に変化し、現代に至ったと考えられています。


日本では、奈良時代にはすでに朝廷でこの「節会」が行われていたと言われています。

最初は宮中行事として行われていましたが、時代がめぐり江戸時代に入ると庶民の生活にも「おせち」が広がるようになったのです。また、おせち料理と言えば、重箱に詰めるというイメージがありますが、昔から重箱に詰められていたわけではないようです。

宮中や貴族階級で行われていた「節会」では、お膳に盛られた料理を食べていました。それが江戸時代に入り、庶民生活でおせち料理が食べられるようになってくると、料理を箱に詰める動きが見られるようになりました。


現在のように多くの人が重箱を利用するようになったのは明治以降の事で、重箱に詰める方法は江戸時代に発展した茶屋や料亭の影響を受けていると言われています。

伝統的なおせち料理。昔から変わらないものかと思いきや、少しずつ変化を続けているのです。

スポンサーリンク


おせちに込められた願い

もともとは神に供えた料理であったおせち料理。それだけで縁起が良い、ありがたいもののように感じますよね。

お供えものであったおせち料理は保存がきく料理がほとんどです。保存がきくということはつまり、おせち料理を食べる期間は台所に火を入れて料理をする必要がないということ。

これは火の神様に静かにお正月を迎えてほしい」という日本の昔からの信仰が影響されていると言われています。おせち料理には神様へ感謝する気持ちが込められているのですね。

また、おせち料理の大きな特徴のひとつに、料理に込められた「願い」があります。これは家族に向けられた願いです。

家族
「新しい1年も元気で健やかに過ごし、仕事や勉強がうまく行きますように」

「長生きできますように」

などなどたくさんの想いが料理に込められています。人の愛情が目に見える形になって現れたのがおせち料理なのだと言えるかもしれません。料理に願いがこめられているなんて、何だか素敵ですよね。


まとめ!こどもに説明するなら・・・

おせち料理は子どもたちにも伝えていきたい日本の大事な食文化。

由来は昔々の中国から伝わった五節供というと何だか難しい話のように感じますが、「お正月」に「ひな祭り」、子どもの日にあたる「端午の節供」、「七夕」、「菊の節句」。これら五節供のお祝い行事は、現代の私たちにとって身近なイベントとなっています。

こどもに説明をする時に抑えておきたいポイントとしては、

  • 昔の人はおめでたい行事で神様へのお供え物として作った料理を「御節句」と呼んでおり、「御節句」の呼び方が変化して「おせち」になったということ。
  • 神様に供えていたものが重箱に詰められるようになり、みんなが幸せになれるように、家族全員でいただくスタイルになったこと。
年に1回のお正月!「おせち料理」の由来について、子どもたちに伝えてみてはいかがでしょうか。


そして、おせちを「一緒に作る」という作業も、おせちについての知識を深めるチャンスかもしれません。

おせち料理の中には、伊達巻というものがありますが、伊達巻の形は巻き物を表し、「勉強・文化」がさらに良くできるようになるようにという願いが込められています

「これからも学校や勉強をがんばろうね」という願いを込めて、伊達巻をお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょう。

作り方はこちらの動画をご参照ください!ご家庭で簡単に作ることができますよ。


※音量注意※
これからもおせち料理の歴史と願いを伝えていけたらいいですね。良いお正月を過ごし、今年1年を良い年にしていきましょう(^_^)

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年12月05日
最終更新日: 2015年06月27日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ