スポンサーリンク


スポンサーリンク

節分は豆まき!やり方には決まりがあった!

毎年2月3日の節分の日に行われる豆まき。小学生の頃は、先生が鬼の役になってくれて「鬼は外!福はうち!」と言いながら先生にぶつけたのはいい思い出です。

あなたも節分の日には、家でお父さんや大人の人が鬼の役になって豆まきをしたのではないでしょうか。

豆まき
節分の豆まきというのは、昔からある行事の一つであり、正式なやり方というのがあります。

しかし、時代とともに少しずつ変化していたり、昔と違って大家族でなくなったり、コーポやマンション暮らしであまりに大掛かりな事ができなくなったりという影響もあり、正式なやり方について知っているという人も少なくなってきているのです。


でも、正式なやり方にはちゃんと意味があるものですので、知っておくのは大切なことだと思います。

そこで今回は、節分の時に行われる豆まきについて、昔から伝わる正式なやり方について調べてみましたので一緒に確認しておきましょう。

スポンサーリンク


福豆を準備

一口に「豆」と言っても色んな種類がありますよね。

大豆、小豆や枝豆なんかも豆になります(笑)


でも節分で本来使われる豆は「大豆」です。

そして、生の豆ではなくて、「炒った豆」を用意しましょう


なぜ炒った豆を使うのかと言いますと、火で豆から邪気を炙りだすという意味と、まいた後に拾い忘れた豆から芽が出ると縁起が悪いとされてるからなんです。

そういった事で節分の日に使う炒った豆の事を「福豆」と呼びます。

福豆
ただ最近では衛生面から殻つきの落花生を使う事も増えています。衛生的な事を考えると、致し方ないことなのかもしれません(^_^;)

さて、豆の用意ができたらいよいよ豆をまくわけですが、実は豆をまく時間というのも決まっていて、しかも大切な意味があるのです。


豆まきをする時間は決まっていた!

もともと鬼というものは、中国で悪い悪霊や邪気をさしていっている物でした。

赤鬼
そしてその鬼を退治する行事が遣唐使によって日本に流れてきたのですが、邪気というものは夜にたまってきやすいとされています。ですので、夜に豆をまいて退治するのが本来のやり方なんです。

なんとなく鬼を退治する人というと、マンガでは修行した人とかのイメージですが、豆まきでも豆をまいて退治する役割の人は決まっています。

スポンサーリンク


豆をまく人は誰?

あなたは豆をまく人って誰だと思いますか?

豆まき
結論からお伝えすると、基本的にその年の年男か厄年の男性、あるいはその家の主がまきます

ただし、年男と言うのは元々はお正月行事一切を取り仕切る人、「家長」を指していたんです。つまり家の主が「年男」だったんですね。

でも江戸時代末期から干支の年の男性を年男と呼ぶようになりました。まぁ難しいことは置いておいて、家の主がまく役をすれば問題なさそうです

後、厄年の人がまくのは、豆をまいて自分の厄を拾ってもらうことで他の人に分担してもらっています。少し物騒な話ですが、豆まきには厄払いの効果もあるのです。

そうは言っても、やはり子供がいるご家庭では子供がまきたいと思っているはずです。正式なやり方をするのもいいですが、最近ではご家庭の主の帰宅が遅くなってしまうということもあり、帰りを待っていられない・・・なんてこともあるかと思います。

この辺り、時代の変化を感じるところでもありますよね(汗)


さてお次は豆をまく時のかけ声についても見ていきましょう!


豆をまくときのかけ声!

童子
豆まきのかけ声と聞いてあなたはどんな想像をしますか?



鬼は~外!福は~うち!」が浮かんできたのではないでしょうか?

大体そのかけ声が一般的だと思います。でも、鬼子母神や酒天童子、前鬼後鬼など鬼を待つっている神社に関係している方は「鬼は内!福もうち!!」とかけ声を出します。鬼を祀るって・・・鬼は悪霊や邪気みたいに悪い物じゃないの?と、思われたかもしれません。

確かに中国では元々悪い物を「鬼」として呼んでいました。その考えが日本にも伝わってきて鬼は悪い物として扱われてきましたが、その思想が発展して、霊力の強い人も中にも鬼として呼ばれたりするようになるんです。善悪は別として力を持っている鬼は崇められるようになっていったのです

ちなみに長野県では、「鬼は外!福は内!」と言った後に「恵比寿、大黒、目~開け~!」と続きがある地域もあります。地域、祭る神などによりかけ声は変わってくるのですね。


さてさて、声を出して豆をまいた後はお待ちかねの豆を食べる時間です。


最後は年の数だけ豆を食べる!

福豆
年の数だけ豆を食べる!というのは有名なので、あなたも聞いたことがあるかと思います。ですが、まいた豆を年の数だけ食べるのはなぜなのでしょうか?

節分の日にまく豆を「福豆」と呼ぶということを先ほど紹介しましたが、年の数だけ福を体に取り入れるという事を意味しています。年の数以上を望むのは強欲で良くないわけですね。何事もほどほどに・・・です(笑)

昔は年齢は数え年と言って生まれた年を1歳と数える事から、現在の年齢プラス1個多めに食べる風習の所もあります。

もう少し詳しく知りたい場合は『豆まきの由来!年の数食べるのはなぜ?』の記事もご覧ください。


調べれば豆まきだけでも色々な理由が隠されています。

それでもちゃんと意味があって大切な事ばかりですので、できるだけその習わしに沿ってやりたいですね。そして厄年なのであれば、厄を払っていい年にしたいものです!

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年12月03日
最終更新日: 2015年06月27日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ