スポンサーリンク


スポンサーリンク

寒中見舞いの返事の時期!文例も紹介!

毎年お正月に来る年賀状。数年会っていなかったとしても、年賀状だけのやりとりがあったり、職場の関係の人から毎年届いたり。

そんな中、今年は大切だったお祖母さんが亡くなったので喪中の案内を送って年賀状を控えていたら、1月の半ばくらいに「寒中見舞い」と言うものが届いた・・・っという事はありませんか?

郵便
この「寒中見舞い」と言うものは寒くなってきた時に相手をお見舞いする便りなんですが

  • 忙しくて年賀状を出しそびれた時
  • 喪中で年賀状を出せなかった時
  • 喪中の時に年賀状が届いてしまった時の返事
そういった時に年賀状の代わりとして使う事ができます。

でも、いざ届いてみると「どうやって返事をしたらいいんだろう」とか、「いつまでに出したらいいんだろう」とか考えてしまいますよね。

ということで、今回は、寒中見舞いの返事について調べましたのでご紹介したいと思います!
スポンサーリンク


寒中見舞いの返事はどうする?

寒中見舞いの返事はどうやって書けばいいんだろう?

疑問
結構悩みますよね。

  • 相手が喪中で、喪中はがきが届いていて尚且つ寒中見舞いが届いた時は返事をしなくてもいい。

  • 普通の寒中見舞いが届いた時は返事をした方がいい。

  • と言う意見も聞きます。

    でも、あくまでこちらを気遣っての「お見舞い」ですので、できれば返しておく方が丁寧で好印象だと思いますが、喪中はがきを出していた場合は返さなくても特に問題はないでしょう。ですが、なるべく返事は出すようにしたほうがお互い気持ちがいいと思います。

    さて、いざ返事を出すと決めたものの、いつまでに出せばいいのでしょうか。返事を書く時期についても見てみましょう。


    返事をだすのに時期は決まってる?

    カレンダー
    寒中見舞いは松の内(元旦~1月7日)が明けてから立春(2月6日ごろ)までの間で出すものです。

    何故、この時期に出すのでしょうか?

    この間は1年のうちで一番寒い時期になりますので、風邪が流行っていますが大丈夫ですか?体調は崩されていませんか?と言った事を気遣ってお見舞いする便りなんです。

    松の内から立春の間に寒中見舞いが届いて返事が出せそうであれば、返事を書きましょう。もしぎりぎりに届いて返事が立春を過ぎてしまうのであれば、「余寒見舞い」というものを使います。

    さて、寒中見舞いへの返事を出すことを決めた!時期もまだ大丈夫!と思ったものの、いったいどのような文章を書けばいいのかと悩んでしまいますよね・・・。

    最後に文例を2つほどご紹介します。

    スポンサーリンク


    寒中見舞いの返事文はどうすればいい?

    まずは通常時の寒中見舞いの返事の例から見ていきましょうです。

    ペン

    ご丁寧な寒中見舞をいただき、ありがとうございます。

    今年は例年になく厳しい寒さですが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのご様子、なによりとお喜び申し上げます。
    おかげさまで私どもも変わりなく過ごしておりますので、他事ながらご安心下さい。

    寒さももうしばらく続くと思いますが、お互いに風邪などひかぬよう心がけましょう。
    取り急ぎまして一筆、お礼まで。

    最初に寒中見舞いを頂いた事にたいしてお礼を書き、次にこちらの近況報告をします。最後に寒さが厳しくなっているので、体には気をつけて下さいという相手を気遣う文を入れるという流れです。

    この例文はこのような順番になっていますが、絶対こうではいけないという事はありません。文章さえおかしくならなければ、順番や言葉が変わっても問題はないので安心してください。


    次は自分が喪中はがきを出していて、先方が寒中見舞いを送ってきた時の返事の文例をみてみましょう。

    寒中見舞いを頂き、誠にありがとうございました。
    家族一同もようやく落ち着きを取り戻せるようになりました。
    お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいますようお願いします。

    このような文章でどうでしょうか?

    最初に寒中見舞いを頂いた事へのお礼を書きます。そして次に近況報告を書き、最後にお付き合いを続けてくださいねという文章。

    この文例の最後に「厳しい寒さが続きますが、お体にはお気をつけてご自愛下さい」と付け加えてもいいと思います。

    大切なのはお礼を書く事と近況報告。お付き合いをこれからもよろしくお願い致します。という文章を入れる事です。


    まとめ

    年賀状、暑中見舞い、寒中見舞いといった文化も少しずつ減っている気がします。でも、こういった相手を気遣った便りは大切です。

    そして、社会人になると忙しくなってきて、いつもいつも電話やメールばかりできなくなってきます。

    そういう時にこういった便りは、いつまでも良いお付き合いを続けていく上で続けていきたい事だと考えています。

    スポンサーリンク

    内容はいかがだったでしょうか?
    もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
      0
      follow us in feedly

    記事公開日: 2014年12月01日
    最終更新日: 2015年06月27日

    []

    コメントを残す

    このページの先頭へ