スポンサーリンク


スポンサーリンク

ディズニーハロウィンの仮装!ルールがあるのをご存知ですか?

「ルールは破るためにある」

ケネディの有名な格言です。

「発明や芸術の世界」においては、確かに既存のものに縛られていては新しいものは生まれないでしょう。いかに今までの殻を破るか、いかに常識を縛られないかを重視するわけです。

それでも、こうした考えを「マナーの世界」に持ち込むのはいけません。縛られないことが楽しい、個性を存分に出したいと思うあまり、他の人に迷惑をかけてしまうのは良くありません。「ルールの中で楽しむ」ということは、公衆において大切な要素です。

日本でも最近は仮装ブームが高まり、街中でも見かけるようになりました。特にハロウィンの時期は、ここが日本かと疑うほどの世界が広がります。

ハロウィン仮装
日本を代表するテーマのパークの一つである、「ディズニーランド」ではさらにハロウィンの仮装を一大イベントにしています。毎年ハロウィンの時期を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか?

そしてみんなが楽しむためには、「ルール」を守って仮装をする必要があります。ではディズニーハロウィンの仮装では、どんなルールがあるのでしょうか?自分も周りもハロウィンを満喫するためにとても大切なこのルールをチェックしておきましょう!

スポンサーリンク


知らない人が多い?ディズニーの仮装にはルールがある!

普段とは違う、そしていつもの日常とは違う雰囲気を味わえるのがハロウィン。仮装すると、さらに気持ちも高まるようです。でも気持ちを高める前に、まずは落ち着いてルールを確認しておきましょう。

まず知っておきたいのは、ディズニーランドにおいては「仮装できる期間がある」ということです。

ディズニーランド
2015年のディズニーハロウィンの期間は、9月8日から11月1日とアナウンスされています。そして、この期間だけ仮装できることを覚えておきましょう。

さらに要チェックなのが「仮装そのものについてのルール」です。これを守らないと入園そのものも出来ない場合があります。では、項目ごとに分かりやすく書いておきますね。

ルールその1.「仮装できるキャラクターには決まりがある」

ディズニーランドのハロウィン時に仮装できるのは、「ディズニーのキャラクターだけ」です。

ディズニーアニメ、アトラクションのキャラクターに限定されているのです。たとえディズニーに関係していても、実写映画などのキャラクターの衣装は禁止されています

ルールその2.「メイク系においても決まりがある」

衣装そのものには問題がなくても、メイクで違反になる場合があります。例えば、顔の色を変える、傷をつけるなどが該当します。お化粧というメイクなら良いのですが、特殊メイクになるとNGになります。

どんなメイクがOKなのかは、なかなか文字では分かりにくいので動画を載せておきます。ティンカーベルの簡単でメイクでかなり人気のようですよ。


※音量注意※

ルールその3.「肌の露出にも決まりがある」

大きな肌の露出も違反になってしまいます。

へそ出しや、肩紐のない衣装は明確に禁止されていますから、際どい衣装の場合は何か羽織るものを用意しておいたほうがよさそうです。

ルールその4.「持ち物にも決まりがある」

これは個人の持ち物ではなく、あくまで仮装用の持ち物です。

例えば、ナイフやモデルガンなど、武器になりうるものはダメです。混雑時は思わぬ形で他の人を傷つけてしまう場合があるので、注意しましょう。

このように今回挙げたルールは、他の人はもちろん、ディズニー側にとって大切なルールなので、入園する方は必ず守るようにしましょう。郷に入れば郷に従えです。

では最後に仮装ルール以外で、注意したい点について書いてみますね。

スポンサーリンク


仮装ルール以外に注意すべきこととは?

衣装についてのルールを確認したところで、それ以外にも関連する部分を挙げてみます。

注意点その1.「更衣室はランドの中にはない」

仮装するための更衣室は、入場口の外にあります。間違っても公衆の面前で着替えたり、トイレで着替えることはやめましょう。

注意点その2.「写真撮影に関して」

面白い仮装をしていると思わず写真を撮りたくなりますよね。それでも無断で写真を撮ることはいけません。

写真
必ず許可を取ってからにしましょう。黙って写真を撮るのはマナー違反ですし、肖像権の侵害という法律面でもアウトです。

注意点その3.「周りへの配慮」

仮装をすると、自分でも気づかないほど場所をとってしまうものです。並んでいるときに他の人にぶつかったり、パレードを見る際に邪魔にならないように配慮しましょう。

せっかくの楽しい雰囲気も、トラブルに巻き込まれては台無しです。きちんとルールを守り、みんなが快適にハロウィンを楽しめるようにするのがマナーですね。

さらに仮装のルールは毎年微妙に変更されることがあるので、ぜひ公式サイトで確認することをお勧め致します。ディズニーのハロウィンにおいては、「ルールは破るためにある」のではなく、「ルールは楽しむためにある」ことを意識して参加しましょう!

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年09月12日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ