スポンサーリンク


スポンサーリンク

秋!花粉症の症状は?知っておきたい3つのこと

花粉症と言えば、春のスギ花粉が代表的です。では、他の季節はどうなっているのでしょうか。秋にも花粉症の症状を訴える人が、年々増えてきています。春ほど花粉の量は多くありませんが、花粉を飛ばす植物の数は、春と同じくらい多いのです。

秋
春に続いて花粉の多い季節が秋という事になります。秋は空気が乾燥し始める為、花粉が飛びやすい季節です。今回は秋特有の花粉や花粉症の特徴について、ご紹介していきます。秋にはいったいどの様な花粉が飛んでいるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク


秋の花粉症の症状と特徴

夏から秋にかけて、「ブタクサ」や「ヨモギ」「オオブタクサ」などのキク科の植物やイネ科の植物の花粉がピークを迎えます。普通の場所では平気なのに、川原や草むらへ行った途端に、くしゃみがしばらく止まらない、なんて事もあります。これらの植物は、雑草として生息している事が多いからです。

穀物
また、暑い夏から気温が下がり、湿度も少なくなる為、風邪をひきやすくなる時期です。風邪なのか花粉症なのか、判断が難しい事もあるでしょう。秋の花粉症の症状の特徴としては、くしゃみ、鼻水、目のかゆみの他に、皮膚のかゆみを伴うことがあります。では、そんな秋の花粉症の原因は何なのでしょうか。

スポンサーリンク


秋の花粉症の原因

秋の花粉には、イネ科の植物や「カナムグラ」などもあります。イネ科の「ハルガヤ」や「カモガヤ」などの花粉は、主に春から夏にかけて多く飛びますが、ススキやイネなどもこの一種で、ほとんど一年中花粉が飛んでいると考えて良いでしょう。

イネ科の花粉症を発症している人が、イネ科の食物でアレルギーが悪化する事がありますうどんやパンなどの小麦粉を食べて運動すると、特に悪化する傾向がありますので、注意する様にして下さい

クロワッサン
また、夏の高温多湿から、急激に気温が下がり、湿度も少なくなる為、花粉が飛びやすくなります。気温が下がる事で、風邪をひきやすくなり、免疫力が低下するのも原因の一つです。そして、湿度が下がる事で、喉の痛みや皮膚のかゆみ、ドライアイなどを引き起こしやすくなるのです。

さらに、秋に飛散するキク科の花粉は、身近な場所に多く存在する為、中々避ける事は難しいです。繁殖力が強く量も多い為、川原などへ降りる時は、注意が必要です。


秋の花粉症対策!何をすればいい?

秋は気候が良く、ハイキングやバーベキューなどをするのに最適な季節ですが、その様な場所に行く時には、長袖長ズボンで、皮膚に草が触れない様にする事が大切です。

もちろん、マスクなどをして、鼻や喉に花粉が侵入するのも防ぐ様にしましょう。マスクに、花粉症に効果のあるアロマオイルを染み込ませて使用するのもおすすめです。それでは動画でアロマを利用した花粉症対策についてご覧ください。


※音量注意※
花粉症に効果のあるアロマオイルはいくつかありますが、ティートゥリーやユーカリ、鼻づまりにはペパーミントも効果があります。リラックス効果やリフレッシュ効果もありますので、気分転換をしたい時にもおすすめです。是非、試してみて試してみて下さい。

外出する時には、サラサラとした素材の服を上に着るなどして、花粉を払いやすくするのも一つの方法です。家に帰った時には、玄関の外で服についた花粉を払い、洗えるものは洗濯に出しましょう。そして、手洗いうがいも忘れずに行う様にして下さい。

また、室内の湿度も下がる為、必要に応じて加湿器などで、湿度を保つ様にしましょう。秋の夜長を楽しむのも良いですが、睡眠はしっかりとって、疲れを持ちこさないのも大切です。また、栄養のバランスの良い食事をする様に心がけ、免疫力の低下を食い止める努力も必要です。


まとめ

気候が良く、楽しい季節ですが、花粉が多いのも事実です。川原や草むらなど、なるべく花粉の多い場所を避ける様にして、特に喉や皮膚の保護を心がける様にしましょう。

また一日の疲れをとるバスタイムには、アロマオイルを垂らして、アロマバスに入ったり、アロマキャンドルでリラックスするのも効果的です。

とにかく自分の体をいたわり、体質改善をする事も必要です。暑さが和らぎ、過ごしやすい季節ですので、体力づくりをするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年04月11日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ