スポンサーリンク


スポンサーリンク

会話続かない3つの原因!押さえておきたい重要ポイント!

会話は「キャッチボール」。

キャッチボール
よくそう例えられます。


一方通行ではドッヂボールになるので、相手にとって取りやすいボールを投げるのがポイントになります。簡単に聞こえますが、会話が続かない悩みを持つ人はけっこう多いものです。

もちろん話す相手にもよりますが、会話が続かない原因というのが存在するのです。しかもその原因はそれほど多岐に渡るものではなく、ある程度決まった共通点であることが分かります。

では少しでも軽快なキャッチボールができるようになるために、どんな点を押さえておけば良いのでしょうか?原因と共通点を解明してみましょう。

スポンサーリンク


会話が続かない3つの原因とその対策!

分かりそうで、分からないのが原因。会話の場合も、「なんとなく話すのが苦手」、「人が苦手」ということで終わってしまいがちです。

でもこの記事では、明確に原因を解明すると共に、大切な部分である「どうすれば会話が続くか」という点も押さえておきます。

原因1.反応が薄い

怒る女性
会話において良く感じるのは、「自分との会話をつまらないと思っていないか?」という点でしょう。これは、自分もそうですが、相手も同じなのです。そして、相手の人が話してもそれに対する反応がないと、「自分と会話したくないのでは?」と感じ、会話が終わりやすくなります。

ここでいう反応というのは、特別な大きなリアクションのことではありません。オーバーリアクションはかえってマイナスです。押さえておきたい反応とは、「相槌」のことです。キャッチボールにおいては、まずは相手のボールをしっかりと受け取ったことを示す必要があります。

会話も同様で、「あなたの話をしっかり聞いています」ということを示すことが大切です。ここで気をつけたいのが、相槌を打つとしても、同じ言葉を連発してはいけないという点です「はい、はい」、「うん、うん」、「へ~、へ~」ではいけません。


では、どうすればいいのでしょうか?


一つの簡単な方法は、相手が話した内容の中でキーワードの言葉を繰り返すことです。例えば、相手の人が、「昨日、友達とパンケーキを食べに行ったんだけどさ」と話した場合、「え~、パンケーキ」と繰り返すだけです。これで、話しの内容と趣旨を理解していることを示せます。

ただし注意したいのは、「キーワードを繰り返す」ことです。先ほどの例の場合、「へ~、昨日行ったの」という部分を繰り返してはダメです。相手が伝えたい、話しの中のキーワードを見つけて、それを相槌として使うと効果的です。


スポンサーリンク


原因2.自慢話と専門用語を連発する

会話に自信があるのに、会話が続かない人の特徴と原因はほとんどコレです。自慢話には誰も寄り付かないのは言うまでもありません。

自慢
それでも年齢やキャリアを重ねていくと、思わず武勇伝を語ってしまうので注意しましょう。

さらに、相手に分からない専門用語も会話を妨げる大きな要因です。これには若者特有の言葉もあれば、IT用語、外国語なども含まれます。

いずれにしても、専門用語は分からない相手にとっては不快なものとなり、自慢話と似た印象を与えてしまいます。何度も会話している相手ならともかく、初対面の人などの場合は極力分かりやすい言葉で話す意識を持ちましょう。

原因3.「はい」か「いいえ」で終わる質問をしている

別れ道
例えば、「映画は好きですか?」という質問に対しての答えは、「はい」か「いいえ」の二者択一です。「はい」の場合なら、まだ会話が続くかもしれませんが、「いいえ」という答えだと、それで終わってしまいます。もし同じことを聞くとしても、「今まで観た映画の中でどれが良かったですか?」という質問なら、二者択一ではなく、様々な答えができます。

「正解」を導き出す質問ではなく、「自由なコメント」を引き出す質問にするように意識すると、格段に会話は弾みます。


このように会話が続かない人には共通の特徴があり、その数は意外と少ないものです。上記の点を意識して少し改善するだけで驚くほど変わります。

では、さらに会話の技術を磨けるように、おすすめの書籍も紹介してみますね。


会話術を学ぶためのおすすめ書籍ベスト3!

会話というのは簡単なようですが、コツをつかまないとかなり手こずります。そうしたコツやテクニックを書いた書籍もあるので、それを参考にするのも良い方法だと思います。では、さっそく紹介していきましょう。

ベスト3.「コミュニケーション力」

テレビにもよく出ておられる「斎藤孝」さんの本です。

話しの流れをつかむコツから、沈黙をうまく使う高等テクニックまで、専門家によるレクチャーものという感じです。生き生きとした会話とコミュニケーションを実践できるように分かりやすく書かれています。

本を読む前に、斎藤先生の動画を観ておくと良いでしょう。話しに引き込んでいくお手本です。


※音量注意※

ベスト2.「誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール」

どんな場面でも会話が弾む、とっておきの方法を解説しています。「話し方」、「聞き方」、「質問の仕方」、「つかみ方」とカテゴリー別にとても具体的に書かれているのでぜひ読んでおきたい一冊です。

ベスト1.「相手に9割しゃべらせる質問術」

1対1の会話が苦手な人のために書かれた本です。

会話を続けるコツだけでなく、自分はほとんど話さなくても会話を続けてしまうという魔法のような方法を公開しています。会話が苦手ではないという人でも読みたくなる本です。


いかがだったでしょうか?少し自信がついてきたのではないでしょうか?

もちろん会話というのは一夜にして改善されるものではないかもしれませんが、コツをつかめばグンっと上達するものです。キャッチボールか、ドッヂボールかは紙一重です。

相手を思う気持ちがあれば、たとえたどだとしくてもちゃんと相手に伝わるものです。テクニックも必要ですが、テクニックありきの会話ではなく、気持ちでテクニックを使えるようにすることが最も大切なことかもしれません。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年04月09日
最終更新日: 2015年07月03日

[生活・ライフスタイル]

コメントを残す

このページの先頭へ