スポンサーリンク


スポンサーリンク

松前公園の桜2015!抑えておきたい3つのポイント

全国的に、春の訪れが近づいていますが、北海道ではまだまだ寒い日が続いているようです。北海道の中でも最南端に位置する松前では、桜のつぼみができ始めています。松前城の足もとに咲き乱れる桜は、タイムスリップした様な錯覚になり、独特の情緒を感じさせます。

桜
北海道松前町の松前公園では、いつ頃桜の見頃を迎えるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク


松前公園の桜お花見基本情報

城下町の趣きが残る、松前公園の2015年桜の見頃は、4月28日~5月20日頃となっています。松前公園内には、サトザクラやヤマザクラを始めとして、約250品種もの桜が約1万本以上あり、一番古いものでは、樹齢300年にもなる桜があると言います。

松前公園への交通アクセスは、JR木古内駅から松前出張所行きの函館バスに乗り、1時間半ほども揺られて、松城というバス停を降り、徒歩10分程でようやく到着します。

車では、道央道八雲インターから道道67号線を通って、2時間半ほどかかります。駐車場は、4月29日~5月20日のさくらまつりの期間中のみ有料となり、周辺にある約1000台分の駐車場が500円で利用できます。

重要文化財に認定されている公園は無料で、24時間利用できますが、松前城の天守閣などは有料となっています。ライトアップされる夜桜を見るための、バスツアーもあります。ではここで、松前公園の昼と夜の雰囲気の違いを動画でお楽しみください。


※音量注意※
松前城と桜のコントラストが、美しく風情がありますね。松前公園の桜は、さくらの名所100選にも選定されていて、多くの観光客で賑わいをみせます。

では、続いて松前公園を訪れる際の注意点を確認してみましょう。

スポンサーリンク


松前公園!お花見時に注意すべきこと

松前公園周辺には、他の観光スポットが少なく、普段なら無料の駐車場が、桜の時期には500円の有料駐車場になります。松前公園の桜は品種が多いため、開花時期が異なり3週間にわたって色々な桜を楽しむことができます。

ゴールデンウィークには、さくらまつりと重なって、様々なイベントが開催されます。この時期には、国道がかなりの混雑になりますので、お車でお越しの際は、充分ご注意ください。夜桜を目当てに行くなら、特に混雑にご注意ください。ゴールデンウィークを過ぎてからが、穴場の時期となります。八重桜を見るなら、この時期が良いでしょう。

フクロウ先生
また、桜の時期とは異なりますが、12月から閉館中の松前城資料館が、3月15日~4月9日まで、臨時開館します。4月10日から正式オープンとなり、開館時間は9時~17時まで、入館料は大人360円、小中学生240円です。

交通の便が悪い所ですので、公共の交通機関で訪れるのは、大変かもしれませんが、駐車場に止められないことを考えると、電車やバスの方が良いかもしれません。

さて、次は松前公園周辺のおすすめスポットについてご紹介していきます。


周辺おすすめスポット紹介

桜の散策に疲れたら、レストランで一息つきましょう。松前公園周辺のお食事処は、昭和26年創業の老舗レストラン「矢野」があります。

採れたてのあわびや松前産のうになどの豪華なご膳を堪能することができます。年中無休で、営業時間は11時~21時となっています。あわび飯や松前漬けを始めとしたランチコースは、3240円、その他にも、ハンバーグやパスタなどは1000円前後であり、焼きそばやカレーなどは700円というリーズナブルな値段で楽しめます。

ランチボックス
松前公園周辺には、カフェや喫茶店がほとんどなく、2000円以内で釜めしが食べられる「樹樹」に、コーヒーやパフェがあります。お弁当を持参で花見に行く方が、良いかもしれません。


普段なかなか見ることのできない、お城と桜のコラボレーションを多くの人々が楽しみにしています。その為、かなりの混雑が予想されますが、それでもやっぱり一見の価値はあることでしょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月25日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ