スポンサーリンク


スポンサーリンク

肌のターンオーバー!促進させる食べ物とは?

美容に関する用語って気になりますよね?

では、「肌のターンオーバーを促進しよう」と言われたら、意味はご存知でしょうか?女性であれば、すぐにググッてしまうでしょう。

検索
しかし大丈夫です。今回は、「ターンオーバー」について詳しく記事を書いてみました。
このまま読んで頂ければ、最後にはスッキリして頂けると思います。

スポンサーリンク


そもそも「ターンオーバー」とは何か?

まずは「ターンオーバー」の意味ですが、これは肌の表皮の新陳代謝のことを指す言葉です。つまり、肌の生まれ変わりを言います。

肌の表皮を構成する細胞は、基底層という箇所で新しく誕生し、約28日をかけて角質細胞に変化します。

フェイシャルエステ
そしてこの角質細胞が現れてくると、古い角質が剥がれ落ちて新しい角質と入れ替わることになります。このサイクルのことを「ターンオーバー」と呼んでいます。このように肌は絶えず表皮細胞の入り変わりによって、新しい状態を保つようにしているわけです。

それでこの「ターンオーバー」がきちんとされているかどうかで、美しい肌になるか、そうでないかに分かれしまうと言われています。「ターンオーバー」がうまくいかないと、ニキビや他の肌荒れ、肌疾患の原因になります

では、どうすれば美しい肌を保つ「ターンオーバー」の機能を高めることができるのでしょうか?
効果的な食べ物はあるのでしょうか?

スポンサーリンク


肌の「ターンオーバー」を促進してくれる食べ物とその効果!

人間の肌は大変デリケートですから、ちょっとした習慣の乱れや食生活がすぐに現れてしまうものです。反対に正しい生活習慣や、効果的な食べ物によって肌はもちろん、ターンオーバーの機能をうまく回転させるくれることもあります。

では、ターンオーバーを促進する食べ物はあるのでしょうか?

ここでは「美しい肌を保つ」という観点で特に効果的な食べ物と効能を書いておきます。

ビタミンA。

代表的なものは緑黄色野菜で、人参やカボチャがあります。

野菜
肉類ではレバーに多く含まれます。意外と海苔にも多いんです。肌に対する効果としては、皮膚の修復、ターンオーバーの機能を促進し、肌を健康に保つ働きがあります。

ビタミンC。

こちらも野菜や果物系に多く含まれます。キウイ、レモン、アセロラとありますが、毎日摂れるものとして緑茶も良いと思います。

緑茶
ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせないものですし、シミやソバカスなど美肌には大敵なものから守る働きがあり、肌においては必須栄養素です。

ビタミンE。

魚に多く含まれていて、特にハマチや鰻は豊富です。他にはアーモンドなどのナッツ類がありますね。効能は、血行をよくし、肌に栄養素を送る働きを強めます。

亜鉛。

牡蠣やホタテ、カニなどに含まれます。細胞の合成、皮膚の新陳代謝を促す働きがあります。この亜鉛は不足すると他にも多くの病気を発症してしまいます。

それでいてその危険性や、亜鉛が含まれている食べ物に関する知識が少ないので、今回はその亜鉛について学べる動画を貼ってみました。


※音量注意※

こうした栄養素を挙げると、そればかりを摂ろうとする人が多いものですが、食べ物において効果を得るためには「組み合わせ」が欠かせません。例えば、ビタミンAは脂溶性のビタミンですから、油と組み合わせることで吸収率が大きく変わります。

そして栄養素はバランスが大切なので、上記に挙げたもの以外もバランスよく摂取しましょう。


古い角質の入れ替わりを表わす「ターンオーバー」。この循環をよくするかどうかが、お肌を健康で美しく保てるかどうかの鍵となります。これからの季節、シミやソバカス、くすみ、乾燥と、お肌トラブルが増えるものです。

普段からバランスのとれた食事と生活習慣によって予防しておくことをオススメします。肌が荒れてから、あわてて手入れしようとしても、お肌トラブルの循環は簡単には止められません。日頃からターンオーバーを機能させておくことが、美しい肌づくりには欠かせい一番の要素です。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月25日
最終更新日: 2015年07月03日

[健康・医療]

コメントを残す

このページの先頭へ