スポンサーリンク


スポンサーリンク

砧公園の桜は混雑していて大変?抑えておきたい3つのポイント

今年の桜シーズンも、全国各地での開花宣言で、いよいよ本格化してきます。タウン誌などの雑誌でも桜のお花見場所の特集が組まれ、テレビのニュースでも、桜の話題が取り上げられはじめます。

デパートや百貨店では、この時期と、夏の海水浴シーズンにレジャーセットの売り上げが伸びる時期だとされています。それは、みんなが桜の木の下で宴会をしたくてウズウズしているからです。

しかし、近年では、桜のお花見のマナーが悪く、お花見を禁止する公園が増えてきつつあるのが心配です。特に問題となっているのが、ゴミ問題です。公園などに設置されたゴミ箱に溢れるほど詰め込まれたゴミを見ると、桜を見てイイ気分になったのが、一気に興ざめしてしまいます。お花見は、マナーを守って行いたいものです。

桜
今回、紹介する桜の名所は、遠慮なくレジャーシートを敷いて楽しめる桜の名所、砧公園です。砧公園は、約39平方メートルの広大な敷地の公園です。でも、有名な桜の名所でもあるので混雑が心配です。そんな方のために、まずは砧公園の桜の時期の混雑状況について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


砧公園!桜の時期は混雑で大変?

砧公園は、桜の幹周りが3m以上の巨木が多い公園です。広大な敷地内には、芝生で整備された場所が多く、桜のお花見がピークになる時期でも、場所がなくて困るということがない公園でもあります。

桜
しかし、桜に近い、お花見に最適なポジションは、やはり競争率も高く、朝から場所取りの人がいるほどです。では、何時くらいに公園に行けばイイ場所を取れるのでしょうか。

土日や祝日などの混雑する日でも、朝7時くらいに場所取りに行けば、大体、イイ場所を取ることができます。会社のお花見だったり、学校の新入生歓迎会だったりといった団体客の場所取りも、朝の7時くらいから行けば、イイ場所を取ることができます。

公園には駐車場もありますが、それも混雑が予想されますので、なるべくは公共の交通機関を利用してください。

では、次に砧公園の桜お花見基本情報を紹介しようと思います。

スポンサーリンク


砧公園の桜お花見基本情報

砧公園は、東京都世田谷区にある広大な敷地の公園です。園内には、約840本の桜が植えられています。砧公園の桜の特徴は、幹が太い巨木が多いところです。そのため、桜と桜の間が十分にスペースを取って植えられているので、場所取りの人も楽です。

桜のシーズン中には、毎年、8万人もの人でにぎわいます。見ごろは、3月下旬から4月上旬です。ここで砧公園の様子を実際に動画で見てみましょう。


※音量注意※
芝生広場の桜に近い辺りには、場所取りの人の姿が見られます。動画は8分咲きの頃のものです。満開の時期の休日は、かなりの混雑が予想されます。桜を近くで見たい方は、朝7時頃から場所取りをする必要があります。

アクセスは、東急田園都市線用賀駅から徒歩20分です。車で行く方は、首都高速道路3号線用賀ICからすぐです。駐車場は177台分の無料駐車場が用意されています。車でのアクセスが便利ですが、桜のシーズン中は混雑しますので、公共の交通機関を利用するようにしてください。詳しいお問い合わせは、砧公園サービスセンター(TEL 03-3700-0414)までお問い合わせください。

ここまで、砧公園の桜お花見基本情報について紹介してきました。今度は、砧公園でお花見時に注意すべきことについて紹介したいと思います。


砧公園!お花見時に注意すべきこと

砧公園は、東京でものびのびとレジャーシートを敷いてお花見が楽しめる数少ない公園です。砧公園でお花見時に注意すべきルールは、特に決まっていません。しかし、ゴミの持ち帰りやバーベキューなどの禁止、他人の迷惑となる行為は禁止するなど、マナーを守った利用が必要です

砧公園を、いつまでも伸び伸びと桜が楽しめる公園にするためにも、お花見に訪れる全ての人の協力が必要なのです。

犬
公園ですので、お花見に訪れる人以外にも数多くの人が公園を使用します。ペットの散歩や休日の散策に訪れる人などにも配慮したお花見時の行動が求められます。

また砧公園では、夜桜のライトアップは行っていません。公園は常時開放なので、街灯の明かりで夜桜見物はできますが、夜は暗くて危険です。十分に気をつけるようにしましょう。

砧公園でお花見時に注意すべきことは以上です。今度は、砧公園周辺のおすすめスポットを紹介したいと思います。砧公園周辺には、どんなおすすめスポットがあるのでしょうか?


周辺おすすめスポット紹介

砧公園周辺のおすすめスポットは「等々力渓谷」(東京都世田谷区)です。23区内唯一の自然渓谷は、ゆったりと散策が楽しめるように整備されています。夏場でもひんやり感じる自然渓谷ですので、桜の時期に訪れる方は、上着を羽織るくらいが丁度いいでしょう。自然渓谷でのマイナスイオンで癒されてください。

マイナスイオン
おすすめのグルメスポットは、砧公園内にある世田谷美術館に併設されたレストラン「ル・ダルジャン」が人気です。本格的なフランス料理が味わえる店内は、公園を見通せるようガラス張りになっています。桜を見ながらフランス料理を味わうのも悪くないと思います。


まとめ

砧公園は、世田谷区にある広大な敷地の公園です。公園は常時開放されており、入場も無料です。しかし、夜間は街灯の明かりのみになりますので、夜桜見物をする場合は、ライトなどを持参した方がイイでしょう。

一面が芝生に覆われた公園広場は、レジャーシートを敷いてお花見を楽しむのに最適です。桜に近い場所は競争が激しいので朝からの場所取りが必要になります。桜から離れた位置でも構わないのであれば、お昼のピーク時さえ避ければ、場所取りをしないでもレジャーシートを敷いてお花見を楽しむことができます。

毎年、多くのお花見客でにぎわいますので、ゴミの持ち帰りなどには積極的に協力しましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月24日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

One Response to “砧公園の桜は混雑していて大変?抑えておきたい3つのポイント”

  1. Bert より:

    A simple and ingellitent point, well made. Thanks!

コメントを残す

このページの先頭へ