スポンサーリンク


スポンサーリンク

目黒川!桜のライトアップ2015!抑えておきたい3つのポイント

桜の季節になると、日本全国で桜まつりが開催されます。桜まつりには、毎年、多くの人が押しかけて、大にぎわいになります。しかし、この桜まつりは、日本だけではないのです。

アメリカの首都、ワシントンD.C.でも全米桜まつりが開催されます。これは、1912年3月27日に、東京市長の尾崎行雄から桜が贈られたことを記念して開催されるもので、こちらも多くの人でにぎわいます。ワシントンD.C.の桜の見ごろは、毎年4月上旬から中旬頃です。

桜
日本から贈られた桜は、検疫や第二次世界大戦などの影響で焼却処分されたり、切り倒されたりしてきました。しかし、桜を愛する心は万国共通なのでしょう。様々な困難を乗り越えて、今でも、桜を愛するアメリカ人の手によって大切に保護されています。今年は、ワシントンは寒波の影響を受けていますが、それでも桜は立派に開花してくれることでしょう。

今回、紹介する桜の名所は、都内でも大人気の桜の名所、目黒川の桜です。まずは、目黒川の桜、ライトアップの時期と時間について紹介します。

スポンサーリンク


目黒川!桜のライトアップ時期と時間

目黒川の桜のライトアップは、2015年は3月25日から4月10日にかけて行われます。時間は、日没から21時までです。場所は、東急東横線中目黒駅近くの天神橋から鳳来橋の間です。ここで、実際にライトアップの様子を動画で見てみましょう。


※音量注意※
ライトアップされた桜の下を、多くの人が行きかっているのをご覧いただけたかと思います。桜の開花期間中の目黒川周辺は、大変混雑しますので注意が必要です。

ここまで、目黒川の桜のライトアップについて紹介してきました。今度は、目黒川の桜お花見基本情報について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


目黒川の桜お花見基本情報

目黒川は、池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋までの約4kmの川沿いの両岸に約830本のソメイヨシノが植えられており、満開時には目黒川の上に桜のトンネルを作り上げることで有名です。交通の便も良いため、桜の開花シーズンになると、毎年、多くの人でにぎわいます。また、日没から21時までは、ライトアップも行われ、多くの屋台が出店するため、ほろ酔い気分で桜見物をする人やカップルなどでにぎわいます。

イベントも企画されており、4月上旬に田道広場公園では「目黒イーストエリア桜まつり」が、目黒川と蛇崩川の合流点あそび場では「中目黒桜まつり」がそれぞれ開催されます。詳しいお問い合わせは、「目黒イースト桜まつり」が権之助坂商店街振興組合(TEL 03-3491-8830)、「中目黒桜まつり」が中目黒駅前商店街振興組合(TEL 03-3770-3665)までお問い合わせください。ここで目黒川の桜の様子を実際に動画で見てみましょう。


※音量注意※
ソメイヨシノの淡いピンク色と川の流れの美しさが見事にマッチしています。桜が散る時期になると、川面一面を桜の花びらが埋め尽くすので、これもまた必見です。

目黒川では、イベントの他に、川から桜を見物する目黒川クルーズが人気となっています。詳細は、ホームページ(http://www.zeal.ne.jp/plan/145.html)を参考にしてください。

アクセスは、JR山手線目黒駅から徒歩5分、東急目黒線不動前駅から徒歩5分、東急東横線中目黒駅から徒歩2分、東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩2分となっています。川岸ですので、車でのアクセスは出来ません。公共の交通機関を利用するようにしてください。詳しいお問い合わせは、めぐろ観光まちづくり協会(TEL 03-5722-6850)までお問い合わせください。

ここまで、目黒川の桜お花見基本情報を紹介してきました。次に目黒川でお花見時に注意すべきことを紹介したいと思います。毎年、多くの人でにぎわう目黒川には、どんな注意すべき点があるのでしょうか?


目黒川!お花見時に注意すべきこと

目黒川は都内でも一、二を争う桜の人気スポットです。しかし、特にルール等は決まっていません。ルールが決まっていなくても、大勢の人が訪れる場所なのでマナーは守るようにしましょう。

桜の満開に合わせて人出は多くなります。上流から下流を目指す人、下流から上流を目指す人、立ち止まって桜を鑑賞したり、撮影したりする人、それぞれが入り乱れて、大混雑になります。小さい子供と一緒に行く方は、はぐれないよう、しっかりと手を繋いであげましょう。またペットを連れての鑑賞は、多くの方がいる場所では迷惑になりますので、なるべく控えるようにしましょう。

犬禁
イベント広場周辺や屋台の周りは、特に混雑します。周りの人に迷惑になる行動はしないように注意しましょう。ゴミのポイ捨てなどは絶対にやめてください。目黒川の美しい桜を、いつまでも自由に楽しめるように、お花見に行く全員がマナーを守る必要があります。

目黒川のお花見時に注意すべきことは以上です。今度は、目黒川周辺のおすすめスポット紹介をします。目黒川周辺にはどんなおすすめスポットがあるのでしょうか?


周辺おすすめスポット紹介

目黒川沿いには、個性的なお店が沢山あります。グルメスポットや、カフェなども多く存在しますので、自分の足で探してみるのも良いものです。桜の見えるカフェなどは混雑しますが、運よく座れた場合には、ゆっくりと桜を満喫してみてください。

ノマド
下流から上流に向かった方は、目黒川で桜を満喫したら、そのまま六本木方面へ地下鉄で向かって、六本木の桜まつりを楽しむのがおすすめコースです。中目黒から六本木までは地下鉄ですぐです。

都会派のお花見コースといったところでしょうか。カメラを片手に桜巡りをするのも良いと思います。上流から下流に向かった方は、大崎付近から戸越公園を目指すのもイイと思います。戸越銀座商店街で食べ歩きを楽しむのも一興です。


まとめ

目黒川は、都会の中に流れる小さな川です。その両岸には、沢山のソメイヨシノが植えられていて、今や、都内でも屈指の桜の人気スポットになっています。川の途中には何本もの橋が架かっていて、橋の上から川の上の桜のトンネルを見る絶景ポイントとなっています。

天王洲方面からは、クルーズで川から桜を楽しむサービスも始まっています。料金がかかりますが、デートコースには最適です。

夜間のライトアップも、幻想的な桜の空間を作り上げています。通勤、通学の帰りのちょっと立ち寄って、桜を満喫するなど、楽しみ方も人それぞれなのです。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月24日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ