スポンサーリンク


スポンサーリンク

花粉症と風邪の見分け方!チェックすべき5つのポイント

花粉が飛び始めて、早い人では花粉症が始まる時期と、季節の変わり目のため、暖かかったり寒かったりして、体調を崩しやすい時期が重なっている2~3月くらいには、風邪なのか花粉症なのか、判断がむずかしいことが多いですよね。

鼻水が出たり、頭痛がしたり、だるかったりすると、何の薬を飲めば良いのか迷ってしまいます。そうならない為にも、花粉症と風邪を見分ける方法を理解していきましょう。

スポンサーリンク


花粉症と風邪を見分ける方法とは?

花粉症と風邪を見分ける方法は、具体的にどんなものなのでしょうか。

風邪
花粉症も風邪も、くしゃみ、鼻水、鼻づまりになりますので、見分けがつかないのが正直なところです。しかし数日間で、鼻水が黄色いドロっとしたものに変わってきたら、風邪だと判断することができます。風邪の初期症状の時には、サラサラとした鼻水が出ますので、見分けがつきません。

この他には、頭痛、発熱、のどの痛みは、風邪の典型的な症状です。しかし、花粉症が重傷の場合には、この様な症状が出る場合もありますので、一概には判断できないこともあります。

確実に花粉症と判断できる症状は、目のかゆみです。目のかゆみが出ていたら、花粉症と考えて間違いないでしょう。では、そもそもなぜ、花粉症と風邪を間違えてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


なぜ花粉症と風邪を間違えてしまうのか?

花粉症と風邪を間違えてしまう理由を考えてみれば、何となく想像はできるかと思います。具体的に症状を挙げてみると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱、だるさ、のどの痛みなどがあります。

これは、花粉症と風邪のどちらの症状を挙げたと思いますか?

ピエロ
そうです。どちらにもあてはまる症状なのです。つまり、症状がほとんど同じで、しかも体がだるく、熱っぽいとなれば、もう判断するのはむずかしいでしょう。

でもそんなことを言っている間に、症状が悪化してしまうとどうなるのでしょうか。


気付くのが遅くなると重症化していることがほとんど?

軽い風邪だから大丈夫、ただの花粉症だから大丈夫、と簡単に考えていると、重症化することもあります。風邪の場合は、1週間くらいで症状は落ち着きます。

その間にも、サラサラの鼻水がドロドロになるなどの変化がありますので、見分けられるはずです。しかし、花粉症も風邪も初期の段階での判断はむずかしいものがあります。そして風邪も初期の段階でないと、薬が効きにくいですし、花粉症も早期でないと、改善がむずかしくなります。

薬
病気というものは、何でも早めの治療が効果的なのです。薬を数日間飲んでも改善しない場合には、自己判断せず、病院を受診することも検討に入れてみてはいかがでしょうか。

それでは次に、花粉症にありがちな代表的な症状を見ていきましょう。


花粉症にありがちな代表的な症状

花粉症は、春だけでなく、ほとんど一年中飛び散っています。その為、いつの季節にも花粉症はあります。季節によって多少、症状は違いますが、ほとんどの場合は似たような症状です。

ウィルス
まず、花粉症にありがちな症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみです。これらの症状、とくに目のかゆみがあらわれたら、花粉症を疑って間違いないでしょう。

近年、花粉症にかかっている人の症状が年々悪化している傾向があります。この理由は、花粉の量が多くなったからではなく、花粉症を発症した人が、毎年同じくらいの量の花粉に接していると、改善されることはなく、どんどん悪化してしまうのです。


やっぱり医者に診てもらうのが一番?

鼻水や鼻づまりがひどいと、集中力も低下して、日常生活に支障をきたす場合があります。重症化する前に、医者に診てもらうのも一つの方法です。なぜなら、花粉症は一度発症してしまうと、年々悪化する傾向がありますし、花粉症や風邪ではない、他の病気の可能性もあるからです。

昔から言われている蓄膿症とは別に、新たな病気として、カビが原因の「副鼻腔真菌症」という病気も発見されました。たかが鼻づまりと思っていると、思わぬ重病にかかっていた、なんてことも考えられますので、心配な方は早めに受診しましょう。

とは言っても、今すぐつらい鼻づまりを解消したいという方は、ヨガのポーズで鼻づまりを解消することができますので、動画で確認してみてください。


※音量注意※
簡単にできるうさぎのポーズ、是非試してみて下さい。


まとめ

花粉症と風邪の見分け方は、マスターできましたか。

これ以外にも、こわい鼻の病気があることもわかりましたので、症状が出たら、早めに医師に相談してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月21日
最終更新日: 2015年07月03日

[健康・医療]

コメントを残す

このページの先頭へ