スポンサーリンク


スポンサーリンク

芝公園の桜2015!抑えておきたい3つのポイント

桜には色々な品種があります。そして、それらの桜は、開花時期もズレていて、夏の暑い盛り以外、四季を通じて楽しむことができます。

しかし、我々は、秋や冬に咲く桜には見向きもしません。春に咲く桜、特にソメイヨシノを愛でるのです。それには、厳しい冬の寒さをしのいで、ようやく訪れた春の陽気を楽しむことに通じているのではないでしょうか?

桜
春以外に咲く桜について、我々は詳しく知りません。また桜の花の色でもある淡いピンクが秋や冬といった季節に似合わないといった理由もあります。桜の淡いピンク色は、春にこそ映えるのです。昔からの風習で、桜=春といった図式が出来上がっているのです。

今回紹介する桜の名所は、芝公園です。この公園は、大変、歴史が深く、また東京タワーの付近にある公園として多くの人に親しまれています。まずは、芝公園の桜お花見基本情報から紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


芝公園の桜お花見基本情報

芝公園は、東京タワーの付近にある公園です。1873年に日本で最初に指定された公園の1つで、大変に歴史がある公園です。園内には、その歴史を証明するかのように、クスノキやケヤキの大木が植えられています。公園南側の古墳の上と17号地には約140本の桜が植えられています。

見ごろは、3月下旬から4月の中旬です。毎年、約1万人の人でにぎわいます。特に仕事帰りの会社員が、夜桜と東京タワーの共演を見に立ち寄ることが多い公園でもあります。ここで、実際に桜と東京タワーの共演を実際の動画で見てみましょう。


※音量注意※
桜の淡いピンク色の美しさと、東京タワーの迫力ある姿は、見ごたえがあります。夜には、夜桜とライトアップされた東京タワーの共演となるため、さぞ美しいことでしょう。

アクセスは、地下鉄芝公園駅からすぐです。公園自体に駐車場はありませんので、公共の交通機関を利用するようにしてください。詳しいお問い合わせは、芝公園サービスセンター(TEL 03-3431-4359)までお問い合わせください。

ここまで、芝公園の桜お花見基本情報について紹介してきました。今度は、芝公園のお花見時に注意すべきことについて紹介します。都心の公園でもある芝公園には、一体どんなルールがあるのでしょうか?

スポンサーリンク


芝公園!お花見時に注意すべきこと

芝公園でお花見をする際に注意すべきことは、公共の交通機関を利用して公園に訪れるということです。桜のシーズン中は、周辺道路も大変混雑します。公園には駐車場がありませんので、公共の交通機関を利用してください。

レジャーシートを敷いてのお花見は可能ですが、火気は厳禁です。カセットコンロやバーベキューセットは持ち込みが禁止されていますので注意してください。またテントの使用も禁止されています。発電機や照明機材、カラオケセットなども持ち込みできませんので注意してください。

またゴミの持ち帰りには、積極的に協力してください。飲食の持ち込みは可能ですが、宅配ピザや出前の注文は禁止となっています。

桜
場所取りに関しても、無人での場所取りは防犯のためにも禁止となっていますので注意が必要です。その他、細かい注意事項は芝公園のホームページをご覧ください。(http://www.tokyo-park.or.jp/announcement/001/detail/19723.html)

芝公園でお花見時に注意すべきことは以上です。都心の公園だけに、色々と制約があります。お花見に訪れる全員がマナーを守ってお花見を楽しみましょう。

次は、芝公園周辺のおすすめスポットを紹介したいと思います。


周辺おすすめスポット紹介

芝公園周辺は、オシャレなカフェや美味しいレストランが多数あります。グルメスポットには、事欠きません。自分の足で、おすすめスポットを開拓するのには最適です。芝公園の桜と東京タワーが一度に楽しめるカフェなどを探してみるのもイイかもしれません。

東京タワー
観光のおすすめスポットとして外せないのが「東京タワー」です。芝公園から歩いてすぐの所にあり、展望台に上れば東京が一望できます。芝公園を上から見下ろして、お花見をするというのもイイものです。高さこそ、スカイツリーに抜かれてしまいましたが、それまでは、東京観光の目玉でもありました。今でも人気の東京タワーに、この機会に上ってみてはいかがでしょうか?


まとめ

芝公園は、日本で最も古い公園の1つです。しかし、今でも公園を訪れる人は多く、都会のオアシスとして都民を癒しています。東京タワーにも近く、お花見時には、東京タワーと桜が一度に楽しめる場所が人気となっています。

公園の使用には、細かいルールが決められています。お花見に訪れる人は、それらのルールを守って、全員が楽しくお花見できるように努めましょう。いつまでも都民から愛される公園であるためにも、みんなの協力が不可欠なのです。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月19日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ