スポンサーリンク


スポンサーリンク

アークヒルズ!桜まつり2015!抑えておきたい3つのポイント

毎朝、通勤に使用している電車の窓から、一瞬だけ有名な桜の名所を見ることができます。毎年、桜の季節になると、その一瞬を見たいあまりに、そちら側の窓の方に立つようにしてしまいます。

やがて、桜の季節になると、一瞬だけですが、鮮やかなピンク色の景色が目に飛び込んでくるのです。そうすると、このまま電車を降りて、会社に行くのを辞めようかとさえ思うほど心がウキウキとしてきます。同じ電車で通勤している人の中にも、同じように桜を楽しみにしている人がいるのでしょうか?

車窓
今回紹介する、桜の名所は、そんな通勤、通学時や帰宅時にちょっとだけ立ち寄って、桜を楽しむのに最適なアークヒルズの桜まつりについて紹介したいと思います。首都東京のビル群の中にひっそりとある桜の名所です。まずは、アークヒルズの桜まつり基本情報について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


アークヒルズの桜まつり基本情報

アークヒルズは、六本木にあるオフィスビルです。その外周の桜坂とスペイン坂には約150本のソメイヨシノの古木が植えられています。桜の季節になると、全長700mにも及ぶ桜のトンネルとなります。

桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。その期間に合わせて、桜のライトアップも行われます。ライトアップの時間は17時から22時30分まで実施されます。

また4月3日から5日にかけて「さくらまつり2015」が開催されますアークヒルズの飲食店舗による屋台の出店やライブ・パフォーマンス、子供も参加可能なワークショップなど様々な催しが行われます。

さくらまつりの開催時間は10時から19時(3日のみ11時から20時)です。入場は無料となっています。ここで、アークヒルズの桜のトンネルの様子を、実際の動画で見てみましょう。


※音量注意※
見事な桜のトンネルが、通りかかる人の目を癒しているのがご覧いただけたと思います。車通りの多い大通りから1つ角を曲がるだけで、これだけの幻想的な空間が広がっているのが不思議です。

アクセスは、地下鉄六本木一丁目駅からすぐです。車で行く場合は、首都高速道路都心環状線霞が関出口から都道412号を六本木方面に1kmです。有料の駐車場が163台分完備されています。休日は、混雑しますので、公共の交通機関を使用することをおすすめします。詳しいお問い合わせは、森ビル(TEL 03-6406-6663)までお問い合わせください。

ここまで、アークヒルズの桜まつり基本情報について紹介してきました。今度は、アークヒルズでお花見時に注意すべきことについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


アークヒルズ!お花見時に注意すべきこと

アークヒルズでお花見時に注意すべきことは、他の桜の名所とは異なり、公園などではないという点です。オフィスビルの敷地内にソメイヨシノが植えられているというだけの場所です。当然、宴会やカラオケなどは禁止されています。レジャーシートを敷いてのお花見も出来ません。火気の使用も禁止ですので注意が必要です。

ビル
一般の公園とは異なり、オフィスビルの敷地内ですので、他人の迷惑になる行為は禁止されています。通勤時などに、ちょっと立ち寄って桜を眺める程度に考えておいてください。本格的なお花見は出来ませんので注意が必要です。当然、ゴミなどが出た場合も、全て持ち帰りとなります。マナーを守って、桜見物をすることに協力してください。

アークヒルズでお花見時に注意すべきことについては以上です。アークヒルズのお花見は、通常の公園などでのお花見とは異なるという点について留意してください。

次は、周辺おすすめスポット紹介です。六本木のど真ん中のアークヒルズには、どんなおすすめスポットがあるのでしょうか?


周辺おすすめスポット紹介

アークヒルズの周辺は、六本木の中心地ですので、グルメスポットは満載です。オシャレなカフェなども、少し歩けばいくらでもあります。美味しいお店や有名店も、山のように存在します。是非、インターネット等で調べてみてください。必ず、好みのお店が見つかるはずです。口コミなどのチェックも忘れずに行えば、安心です。

ビル群
アークヒルズのおすすめスポットとしては「サウスタワー屋上のスカイパークの一般開放」がおすすめです。4月から10月までの土日、祝日のみの期間限定開放です。時間は10時から17時までです。サウスタワー屋上からの絶景を、是非、楽しんでみてください。強風時や雨天時には予告なく閉鎖になる可能性がありますので注意が必要です。


まとめ

アークヒルズの桜は、都会の一等地にひっそりと咲く桜の名所です。ですが、多くの通勤、通学の人の目を癒してくれています。この時期だけ、少し遠回りをしてでも桜を見て出勤する人や帰宅する人もいるほどです。

土日、祝日限定でサウスタワー屋上を開放してくれていますので、デートコースに取り入れるのには最適だと思います。桜のトンネルを抜け、サウスタワーに上り六本木の絶景を楽しめば、都会に居ながらにリフレッシュできる事でしょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月18日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ