スポンサーリンク


スポンサーリンク

清水公園の桜2015!抑えておきたい3つのポイント

桜吹雪と言えば、時代劇の遠山の金さんを想像する人も多いと思います。金さんが奉行所で悪事にシラを切る悪人に、自分の背中に彫った桜吹雪の入れ墨を見せつけるシーンは、水戸黄門の印籠のシーンと同じくらいインパクトがあり、時代劇の有名シーンの1つです。

しかし、遠山の金さんのモデルと言われる遠山景元の背中に入れ墨があったかどうかについては、諸説あります。時代劇のフィクションという説が有力ですが、入れ墨があったとする説も有力です。

桜
仮に時代劇のフィクションだとして、どうして桜吹雪の入れ墨を選択したのでしょうか?入れ墨には、龍や菩薩様など、様々な種類があります。桜吹雪の入れ墨は、入れ墨の中でもメジャーな部類ではありません。それを主人公に彫らせたのは、やはり日本人の桜を愛する気持ちの表れではないでしょうか?

今回、紹介する桜の名所は清水公園です。清水公園の桜も、市民から愛され、蕾がほころぶ頃から桜吹雪の時期まで、多くの人でにぎわいます。まずは、清水公園の桜お花見基本情報から紹介したいと思います。

スポンサーリンク


清水公園の桜お花見基本情報

清水公園は、千葉県野田市にある日本の桜名所100選にも選ばれた公園です。敷地面積約28万平方メートルの広大な園内には、約2000本、50種類の桜が花開きます。見ごろは、3月下旬から4月上旬です。シーズン中には、桜まつりが開催され、桜のライトアップなどが行われます。ライトアップの時間は、17時から22時です。

毎年、約27万人もの人でにぎわいます。入園は無料です。公園自体は24時間、常時開放されています。ここで、実際の清水公園の桜の様子を動画で見てみましょう。


※音量注意※
清水公園のキレイな桜の様子がご覧いただけたと思います。満開時には、もっとキレイに開花した桜が出迎えてくれます。

アクセスは、東武野田線清水公園駅から徒歩10分です。車で行く場合は、常磐自動車道流山ICから県道5号を経由して県道17号を川間方面へ12kmです。公園には800台分の有料駐車場が用意されています。

桜のシーズン中には、混雑が予想されますので、なるべく公共の交通機関を利用することをおすすめします。詳しいお問い合わせは、清水公園管理事務所(TEL 04-7125-3030)までお問い合わせください。

ここまで、清水公園の桜お花見基本情報について紹介してきました。今度は、清水公園を利用する際に注意すべきことについて紹介します。

スポンサーリンク


清水公園!お花見時に注意すべきこと

清水公園でお花見時に注意すべきことは、園内は火気厳禁ということです。バーベキューを楽しみたい方は、公園に併設されたバーベキュー場の利用をおすすめします。このバーベキュー場は、夜間営業も始めましたので、夜桜見物の方にも人気になっています

ゴミの持ち帰りには、積極的に協力してください。夜桜見物も出来て、バーベキューも楽しめる公園は、全国的に見ても珍しいです。この環境をいつまでも持続するためにも、お花見客一人一人が協力する必要があります。

バーベキュー
火気厳禁以外に、公園の禁止事項はありません。しかし、周辺住民や他の花見客の迷惑になる行為が頻発するようであれば、禁止事項はドンドン増えていくことになります。そうならない為にも、お花見客全員が注意する必要があるのです。

ここまで、清水公園のお花見時に注意すべきことについて紹介してきました。今度は、清水公園の周辺に目を向けて、周辺おすすめスポットの紹介をしたいと思います。清水公園の周辺には、どんなおすすめスポットがあるのでしょうか?


周辺おすすめスポット紹介

清水公園には、園内にバーベキュー場やキャンプ場、フィールドアスレチック場など、楽しめるスポットが満載です。しかし、周辺にも魅力的なおすすめスポットが存在するのです。

「もの知りしょうゆ館」(千葉県野田市)も、その1つです。キッコーマン食品野田工場内にあるこの「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や造り方などを楽しく学ぶことができます。

「雪印メグミルク野田工場」(千葉県野田市)も、人気の観光スポットです。人気商品の牛乳類やジュース類、フルーツヨーグルトなどの製造工程を見学することができます。

工場
グルメスポットとしては、「食べ放題・バイキング すたみな太郎 野田桜の里店」(千葉県野田市)が人気です。焼肉だけでなく、お寿司やパスタも食べ放題です。アイスなどのデザートも食べ放題になっています。


まとめ

清水公園は、28万平方メートルの広大な敷地に、バーベキュー場やキャンプ場、フィールドアスレチック場など様々な施設が充実しています。桜を楽しむスペースも十分にあり、日本の桜名所100選にも選ばれています。毎年多くの花見客でにぎわう園内では、レジャーシートを敷いて花見の宴席を設ける人で溢れかえります。

禁止事項も少なく、夜桜見物も楽しめる桜の名所です。この桜の名所をいつまでも後世に引き継いでいくことこそ、我々に課された使命でもあるのです。だからこそ、ゴミの持ち帰りなどには積極的に協力し、美しい公園を保ち続ける必要があるのです。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月18日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ