スポンサーリンク


スポンサーリンク

おたふく風邪の症状!大人も検査すべき4つの理由

おたふく風邪や水ぼうそう、風疹や麻疹などは、子供の頃にかかる有名な感染病です。早くかからないと、症状が悪化してしまうケースもありますので、注意が必要です。おたふく風邪の主な症状は、頬が腫れて、高熱が出る場合があります。

ほほ腫れ
おたふく風邪は、子供の病気だというイメージがありますが、大人もかかる可能性があるのをご存じでしょうか。小学生くらいまでに、ほとんどの人が経験しますが、もし、今までかかったことがなければ注意が必要です。子供だけではない、おたふく風邪について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク


おたふくは子供だけの病気じゃないの?

おたふく風邪は、子供だけがかかる病気ではありません。もしかしたら、予防接種を昔受けたから大丈夫だと思っている方もいるかもしれませんが、予防接種だけでは、おたふくにかかる可能性があります

子供
おたふく風邪は、感染しますので、昔はわざともらいに行った、なんて経験のある方もいるのではないでしょうか。おたふくは、早いうちにかかった方が良いのです。また、大人になってからかかると、重症化すると言われています。

大人になってからかかって、慌ててしまわない為にも、おたふく風邪は、どの様な症状なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク


おたふく風邪の症状とは?

おたふく風邪は、「おたふく」という言葉からもわかる様に、お多福の様に頬が腫れるのが有名な症状の一つです。感染しますので、人と関わらない様にして、安静にしている必要があります。

ひょっとこ
感染経路は、唾液などから感染する飛沫感染、粘膜や皮膚などについたウィルスに触れることで、直接体内に取り込んでしまう接触感染があります。また、風邪という言葉が入っている様に、風邪に似た症状が出ます。

例えば、高熱が出たり、頭痛や腹痛などを引き起こします。顎や首の辺りのリンパが腫れる場合もあります。逆に、高熱が出ない場合もあります。

おたふく風邪は、子供の頃に発症しやすい病気ですので、大人になってからかかることはないだろうと思うのは、危険です。なぜなら、大人になってからかかると、重症になりやすい傾向があるからです。


大人の場合は重症化しやすい?

おたふく風邪は、大人になってからかかると、重症になりやすいとか、危険だと良く言われます。その理由はいったい何なのでしょうか。

インフルエンザ
おたふく風邪は、高熱が出る場合が多いのですが、だいたい38℃台の熱でおさまります。しかし、大人になってからかかった場合には、40℃を超える危険があるのです。その為、重症化しやすいと言われています。

通常ならば、4日~1週間でおさまるはずが、長引いてしまう可能性もあります。また男性の場合には、高熱を出すと生殖機能に障害が現れる恐れがあります。

最近では、女性だけでなく、男性が原因の不妊症も増えていますが、その原因の一つは、高熱によるものです。高熱を出すことによって、精子に異常が現れてしまうのです。ご主人に、その可能性がないか、聞いておいた方が良いでしょう。

この様に、大人になってからでは、色々と問題のあるおたふく風邪ですが、どんな症状が出たら、おたふく風邪かどうか見極めることができるのでしょうか。


こんな症状がでたら迷わず検査!

ここまで、おたふく風邪に大人になってからかかると、危険な理由をお話してきましたが、具体的に、どの様な症状が出たら、おたふく風邪を疑うべきなのでしょうか。

おたふく風邪は、感染してから10~20日程度の潜伏期間があります。そして症状が発症したら、4日~1週間程度で回復していきます

もっとも初期の症状としては、首の痛みや頭痛です。その後に、耳の下辺りが腫れて、高熱が出ます。耳の下辺りの腫れを感じたら、おたふく風邪でほぼ間違いないでしょう。子供がかかるよりも、その腫れは大きく、痛みも強い場合が多いです。

また、非常に危険な合併症を引き起こす可能性もあります。ここで、合併症の一つである、髄膜炎についての動画をご紹介します。


※音量注意※
この他にも、一時的な難聴(後遺症が残ることもある)、卵巣炎、嘔吐や腹痛が起こる膵炎などにかかる可能性があります。命に関わる様な場合もあるので、初期症状が現れたら、少しでも早く受診しましょう


まとめ

おたふく風邪という名前から、「ほっぺが腫れて、熱が出るだけでしょ。」なんて、軽く考えていた方も多いのではないでしょうか。子供の頃に発症している方は、体に抗体ができているため、ほとんど発症することはありませんが、予防接種だけの方は、もしかしたら、感染する危険性があります。

自分の体調の変化に注意して、免疫力が低下している時などに疑わしい症状が現れたら、すぐに受診して、検査を受けましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月08日
最終更新日: 2015年07月03日

[健康・医療]

コメントを残す

このページの先頭へ