スポンサーリンク


スポンサーリンク

口内炎の原因と場所!知っておきたい3つのこと

季節の変わり目や疲れがたまっている時、またうっかり噛んでしまって、気がつくとできている口内炎は、早く治したいですよね。

食べたり飲んだりすることもつらいし、口を開けることさえつらい時もあります。しゃべり方が変になってしまうこともあるでしょう。そんなつらい口内炎の原因とは、いったいどんなものなのか詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


口内炎の原因とは?

口内炎の原因には、大きく分けて3つ挙げられます。まず、ウイルスや細菌に感染したことが原因のものです。これは口の中の粘膜に発生する細菌やウイルスが、歯垢や体調の変化によって悪化することで、口内炎を引き起こします。治療法は、原因となる菌を取り除くことで改善されます。

ウイルス
次に、食生活やストレスが原因のものです。これは、ビタミン不足や鉄分不足、またストレスなどが原因で免疫力が低下し、唾液の減少や口の中が乾燥することで口内炎を引き起こします。治療法は、充分な休息と栄養をとることで改善できます。

そして、噛んだ傷口が炎症をおこす外的刺激が原因のものです。これは、歯の噛み合わせが悪かったり、うっかり噛んでしまったり、歯ブラシで傷つけたことにより、炎症をおこすものです。治療法は、患部に薬を塗ったり、うがいを小まめに行うことで改善できます。

では、口内炎が出来る場所は、どの様な場所なのでしょうか。

スポンサーリンク


口内炎の出来る場所とは

口内炎の出来る場所は、人によって様々ですが、主にできやすい場所は舌、喉、歯茎などです

口
舌や頬の内側に赤いできものが出来て、しみたり痛みがある為、食べ物を食べるのが苦痛になります。寝ている時に噛んでしまい、傷が炎症をおこしている場合もあります。この場合には、マウスピースをして寝ることで、患部に触れることを避け、回復を早めてくれます。患部に薬を塗っても良いでしょう。

喉にできる口内炎は、白っぽい固まりができることがあります。扁桃腺が腫れてしまい、発熱することもあります。この場合には、うがい薬でうがいを良く行い、殺菌することが回復の近道です。

歯茎にできる口内炎は、むし歯や歯周病が原因の可能性があります。1~2週間程度で回復すれば問題ありませんが、膿がたまっている場合もあるので、歯科医院を受診することをおすすめします。

この様に色々な場所にできる口内炎ですが、そもそも口内炎とは何なのでしょうか。


そもそも口内炎とは何なのか?

口内炎と言っても、色々な種類があります。出来る場所も様々で、原因もそれぞれ違います。その中でも、口内炎の代表的なものは、アフタ性潰瘍というものです。これは、患部の中心が切り口のようにくぼんでいて、周りは赤いのに、中心部が白くなっているものです。刺激物を食べた時には、しみて苦痛を感じますよね。ひどい場合には、しゃべることも困難になるでしょう。

そもそも口内炎という言葉は、一つの病気を示すものではなく、口の中に出来るできものの事をまとめて、口内炎と呼びます。ウイルスや細菌の感染によって生じるものや、体調の変化によって免疫力が低下し、生じるものもあります。

そうは言っても、つらい症状をどうにかできないのでしょうか。ここで、口内炎を改善できるツボを動画でご紹介します。


※音量注意※
自分でも簡単にできそうですね。これと合わせて、体調管理が必要になりますので、生活環境を見直してみましょう。


まとめ

気がつくと口の中に痛みを感じて、「あ、またできちゃった。」とがっかりしてしまう口内炎ですが、辛抱強く治るのを待つしかありません。薬やツボ押し、食生活や休息によって改善や予防ができますので、日頃から自分の体調の変化に敏感になっておくことも大切です。ちょっと疲れてきたな、と思ったら、早めに休息や栄養を取るように心がけましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月12日
最終更新日: 2016年06月16日

[健康・医療]

コメントを残す

このページの先頭へ