スポンサーリンク


スポンサーリンク

一人暮らしの引っ越し費用!いくらくらい必要?

初めての一人暮らしでワクワクする気持ちがある反面、費用がどれくらいかかるのか不安もありますよね。できるだけ費用を抑えたいところですが、何にどれくらいかかり、何を節約すればいいのかわからないこともあることでしょう。ひとつずつ、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク


一人暮らしの引っ越しでかかる費用は?

一人暮らしを始めるにあたって、これからは全て、自分で管理しなければいけなくなります。お金をかければ、楽に済ませることができますが、少しでも節約して、遊びにお金を使いたいところです。それでは、一人暮らしの引っ越しでかかる初期費用などを挙げてみましょう。

フクロウ先生

敷金・礼金

最近では、礼金0円という物件も増えています。敷金は、基本的に退去時に返ってきますが、汚れや損傷があれば、リフォーム代として差し引かれます。

それを考えると、初期費用で支払っておいた方が、後々トラブルになりにくいのです。敷金・礼金で、家賃1~3ヶ月分くらいが相場でしょう。

仲介手数料

大家さんと入居者を仲介する不動産屋が受け取る報酬です。これは、物件の案内にも載っていないので、忘れがちです。最近では、仲介手数料0円という物件も増えています。だいたい、家賃1ヶ月分が相場です。

前家賃

通常、契約時に前家賃として、1ヶ月分支払います。

諸費用

賃貸物件を借りる時にかかる費用は、火災保険の保険料2年分で15,000~20,000円、鍵交換費用5,000~15,000円などがかかる場合があります。

引っ越し業者

引っ越し業者は、3~4月の引っ越しが多くなる時期になると、金額が高くなります。平均すると、荷物が少なめの場合で、4万7千円くらい、荷物が多い場合で、5万4千円くらいです。移動距離や荷物の量によって、金額は変動します。

これだけを考えても、家賃を8万円として、48万4千円かかります。抑えられる費用は抑えたいですよね。でも、不動産の初期費用は削れません。そこで少しでも全体の費用を安くするためにも、引っ越し業者にかかる費用を抑えることが大切です。ではいったいどんな引っ越し業者を利用するのがいいのでしょうか。

スポンサーリンク


おすすめの引っ越し業者は?

遠くへの引っ越しなら、引っ越し業者を頼む必要があります。1度に荷物を運べますし、家具の配置などもある程度してくれるでしょう。重い荷物を運ぶ必要がなく、全部やってくれます。特に女性の場合は、重いものを持てませんよね。それならば、少しでも安い引っ越し業者にお願いしたいところでしょう。

もし、3~4月の引っ越しの多い時期ならば、大手引っ越し業者よりも、比較的小さな地元の業者にお願いする方が、値引き交渉に応じてくれる場合があります。2~3社は見積もり金額を比較して、安いところを見つけましょう。見積もりを取った場合、どんな条件を比較したら良いのか、動画でご紹介しますので、参考にしてみて下さい。


※音量注意※
素人には、わからないような内容でしたね。何度か引っ越しをしていると、養生のこともわかってきますが、初めての場合は、養生が何かすらわからないこともあると思います。これを参考に、安くて良い業者を見つけて下さい。

ここまで、引っ越しでかかる費用をお話してきましたが、次に、どの費用をどの様に抑えることができるのか、ご説明していきます。


費用を抑える2つの方法

こうして計算してみると、意外と見落としがちな費用もあったことでしょう。その中でも、抑えることが可能な費用について見ていきたいと思います。

まず、不動産の初期費用ですが、家賃、敷金、礼金、仲介手数料です。これは、交渉に応じてくれる場合もあります。次に引っ越し業者に支払う費用です。見積もりを取って安い業者を見つけましたが、それ以上に安くするには、友人や家族に手伝ってもらうことです。

友達

1.不動産の初期費用

敷金はともかく、礼金と仲介手数料については、0もしくは、減らしてもらえないか交渉します。家賃も3千円下げてくれただけでも、年間3万6千円になります。更新時に支払う更新料も家賃が基準ですので、少なくなります。

また、フリーレントを1~2ヶ月つけてもらうという方法もあります。家賃が1~2ヶ月分無料になれば、家賃を3千円下げてもらう以上の大幅な節約になります。


2.引っ越しを手伝ってもらう

冷蔵庫や洗濯機は、素人が運ぶと故障の原因になる場合がありますが、それ以外の、衣料類、雑貨類などを車を使ってあらかじめ、引越し日よりも前に運んでおきます。男手があれば、家具なども運んでおくと良いでしょう。特にベッドがあると、見積金額が高くなる傾向がありますので、可能であれば、ベッドは自分達で運ぶことをおすすめします。



まとめ

たかが引っ越しと思っていたら、気持ちもお金も大変な思いをすることになりかねません。これくらいしょうがない、と思えるくらい余裕があれば良いですが、他にも色々と細かいお金がかかってきます。節約できるところは節約しておかないと、後々困ることになりますので、慎重に検討してみて下さい。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月06日
最終更新日: 2015年07月03日

[生活・ライフスタイル]

コメントを残す

このページの先頭へ