スポンサーリンク


スポンサーリンク

栃木!太平山の桜!抑えておきたい3つのポイント

桜は散り際が見事と言いますが、一斉に開花した桜の花びらが風にあおられて舞い散る花吹雪は、とても幻想的でもあります。開花まで待ちわびた分、少しでも長く咲いていて欲しいと願うのは当然の心理ですが、天気次第では約1週間で散り始めてしまう儚さは、桜の魅力のファンになっている日本人としては悲しいものを感じてしまうのです。

桜
進歩した科学技術を使えば、品種改良などで長く咲く桜が作れそうなものですが、それでは桜の魅力は半減してしまうのでしょう。人間のエゴで、そんな風に都合よく作り出された桜は、きっと不幸に違いありません。桜は、やはり仮に1週間の命だとしても、その間に精一杯の花の咲きっぷりを見せてくれる所が魅力的なのです。

今回紹介する桜の名所は、栃木県の太平山です。標高341mの小高い山からは関東平野が一望できます。そんな景色のイイ所で見る桜は、格別でしょう。まずは、太平山の桜お花見基本情報から紹介します。

スポンサーリンク


太平山の桜お花見基本情報

太平山は、栃木県栃木市にある標高341mの小高い山です。山の東側にある太平山神社を南下すると謙信平と呼ばれる展望地があり、その一帯を明治16年に太平山公園として整備したのが始まりです。

太平山公園には、約4000本のソメイヨシノやヤマザクラが植えられています。また太平山公園に登る太平山遊覧道路の両側2kmの道のりも満開時には桜のトンネルとしてお花見客を出迎えてくれます。日本の桜名所100選にも選ばれており、毎年、約8万人もの人でにぎわいます。

太平山の麓の太山寺には、徳川家3代将軍家光の側室で4代将軍家綱の生母でもあるお楽の方が家光を偲んで植えたと言われる樹齢360年のシダレザクラがあります。

桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です期間中は太平山桜祭りが開催され、飲食店などが出店して多くの花見客でにぎわいます。太山寺のシダレザクラのライトアップもおすすめです。ライトアップの時間は18時から21時です。

アクセスは、JR両毛線・東武日光線栃木駅から関東バス国学院行きで15分。終点下車で徒歩20分です。車で行く方は、東北自動車道栃木ICから県道32号、309号を経由して県道269号を太平山方面へ約7kmです。

駐車場は600台駐車できるスペースがありますが、一部有料となっています。太平山は麓の太山寺のシダレザクラや太平山遊覧道路の桜なども見どころの1つなので車で行くよりは電車で行くことをおすすめします。詳しいお問い合わせは、栃木市観光協会(TEL 0282-25-2356)までお問い合わせください。ここで、実際の太平山の桜の様子を動画で見てみましょう。


※音量注意※
天気が良ければ富士山まで見えるという太平山の雄大なパノラマと桜の共演は見事の一言に尽きます。そんな太平山には、桜のお花見時にはどんな注意すべきことがあるのでしょうか?次は、太平山の桜のお花見時に注意すべきことについて紹介してきます。

スポンサーリンク


大平山!お花見時に注意すべきこと

太平山の桜の季節には、毎年約8万人もの人でにぎわいます。特に太平山桜まつりの期間中は多くの人でにぎわいますので、太平山北側遊覧道路からの一方通行規制がかかります。車で行く方は注意が必要です。

交通
その他は、特に注意すべきことは定められていません。しかし、悪質な場所取りや周囲に配慮しないバーベキュー、ゴミの持ち帰りなどには注意が必要です。今後も、ルールが少なく居心地の良い桜の名所として人気を集めるためにも、お花見客の一人一人が注意する必要があります。

次は、太平山周辺のおすすめスポットを紹介します。一体、どんなおすすめスポットがあるのでしょうか?


周辺おすすめスポット紹介

太平山の周辺おすすめスポットとして外せないのが、「太山寺」(栃木市平井町)のシダレザクラです。今では、太平山のお花見の一部と言っても良いほどに有名スポットになっています。夜桜のライトアップは見事の一言です。実際に動画でライトアップの様子を見てみましょう。


※音量注意※
樹齢360年のシダレザクラが、美しくライトアップされている様子がご覧いただけたかと思います。太平山山頂の、「太平山神社」(栃木市平井町)も外せないおすすめスポットです。

グルメスポットとしては、手打ちそばの「山田屋」(栃木市平井町)がおすすめです。太平山公園の北側にある太平山神社の近くにあり、太平山の絶景を見ながら、手打ちそばや焼鳥を食べることができます。

同じく太平山の山頂にある食堂「あずま家」(栃木県平井町)もおすすめです。その他にも、太平山山頂には20件ほどのお店がありますので、弁当を作らずにお花見に訪れても不便することはありません。


まとめ

栃木県の太平山は、麓の太山寺のシダレザクラに始まり、遊覧道路の桜のトンネル、太平山公園での絶景と桜のコラボレーションなど、お花見に最適なスポットが盛りだくさんです。山頂には、グルメスポットも多くありますので、お弁当を持たずに立ち寄れるお花見スポットとして重宝されています。

公園内には、厳しいルールもありませんので、心ゆくまでお花見を楽しむことができます。この素晴らしい環境を後世に残すためにも、マナーを守ってお花見を楽しむことが肝心です。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月06日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ