スポンサーリンク


スポンサーリンク

ホワイトデーの由来!抑えておきたい3つのこと

バレンタインデーが終わるとすぐに、店頭にはホワイトデーの飾りつけがされます。毎年見る光景で、本当に目まぐるしく、また、それを見ることで、「ああ~、もうすぐ春だな~」と月日の移り変わりを感じます。

でもホワイトデーは、季節を感じるためのものではなく、バレンタインデーに愛を告白した女性に男性からの返事をもらえるこれまた一大事の日!そんな、ホワイトデーって、いつから始まったのでしょう。気になりますよね。

ということで、今回はホワイトデーがどのようにして始まったのか、その由来について調べてみたのでご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


ホワイトデーはいつ、どのようにして始まったの?

2月14日にバレンタインデーとして、女性が好きな男性に愛の告白をする日として、定着しています。昔むかしの古代ローマ時代、ヴァレンタイン司教という人が、自由な恋愛が禁止されていたのに反対し、その咎を受けてこの日に処刑されました。それ以後、この2月14日を愛の告白をする日となりました。

今は愛の告白はもとより、チョコなどのプレゼントを贈る日になっています。詳しくは『バレンタインの由来とチョコレートの関係』をご覧ください。

クマ
さて、話を戻して、古代ローマのヴァレンタイン司教が2月14日に処刑されましたが、その一月後に自由な恋愛を反対されていた男女が改めて永遠の愛を誓ったのがホワイトデーの始まりだとも言われています。

もちろん、このときはプレゼントなど贈る風習はありません。純粋に愛を誓い合う日というだけの日だったのでしょう。

また、一説では、ホワイトデーの始まりは福岡市の「石村萬盛堂」が1978年にマシュマロを売ったのが始まりとも言われています。そして、お菓子業界が売り出しに力を入れ、1980年全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が本格化させたと言われます。

バレンタインデーが定着してきていたので、ホワイトデーは、消費者の受け入れは比較的よかったようです。

スポンサーリンク


なぜホワイトデーというのか?

バレンタインデーは、何度も話題に上がっているように、古代ローマのヴァレンタイン司教から命名されていますが、なぜお返しを贈る日、もしくは告白の返事をする日がホワイトデーなんでしょうか?

それは、「ホワイト」という言葉には、「幸福を呼ぶ」、「縁起が良い」という意味があるからだそうです。

ホワイトデー
また、「白=ホワイト」には、「まっさら」、「始まり、スタート」を意味するとも言われています。そういえば、結婚式でも「白=ホワイト」ですよね?人生のスタートには、白がピッタリだと思います。

バレンタインデーで愛の告白をし、ホワイトデーで永遠の愛を再度、誓い合う・・・まさしく、古代ローマの恋人同士たちと同じですよね。


ホワイトデーという風習は、日本だけ?

ホワイトデー商戦に、店頭にはたくさんの商品が並びます。キャンデー・クッキー・マシュマロ・ハンカチ、などなど。また、新たなその年を象徴するような品物も並びます。しかし、このホワイトデーって、世界各国共通の行事なんでしょうか?

バレンタインは、世界各国で形は違っても、お祝いごととしてありました。でも、ホワイトデーは?

疑問
ホワイトデーとして、お返しをする風習があるのは、日本・韓国・台湾・中国などの東アジアのみ。これは、生活風習(物をもらったらお返しをする)から受け入れがスムーズではないかと考えます。つまり、物をもらったからお返しをするという考え方は、欧米諸国ではないのです。

「もらった品物の、○倍返し」などとなると男性もかなり大変で、ホワイトデーなんかなくなればいいのに!って思うと思いますが、本当に気持ちの問題で、好きな人から頂いたから、何かお返ししたい、また、普段おせわになっているからこの機会にプレゼントを・・っていう人にはこのホワイトデーの習慣はうれしいものではないでしょうか。


まとめ

バレンタインデーとホワイトデーは、お菓子業界の戦略の一環だと思っていましたが、ちゃんと歴史的な背景もあり、奥の深い年中行事の1つなんだなと改めて感じました。普段、言えない気持ちや言葉を言うにはいい機会の日なんだなと思います。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月05日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ