スポンサーリンク


スポンサーリンク

静峰ふるさと公園!八重桜まつり!抑えておきたい3つのポイント

桜と言えば、ソメイヨシノが有名です。日本の桜の中で最も愛されて人気なのがソメイヨシノです。ソメイヨシノの淡いピンク色は、桜のイメージにピッタリの色と言えるでしょう。

桜には、ソメイヨシノ以外にも数多くの種類があります。シダレザクラやヤマザクラ、河津桜など、どれも個性的で魅力的な桜ばかりです。

桜
今回、紹介する茨城県の静峰ふるさと公園は、八重桜で有名な公園です。八重桜は、八重咲きになる桜の総称で、特定の品種の名前ではありません。八重桜の中に多くの品種があるのです。しかし、私たちは全てを八重桜として楽しんでいます。その知名度は、ソメイヨシノに並ぶほどです。

八重桜についてのトリビアはこの辺にして、いよいよ八重桜で有名な静峰ふるさと公園について色々と紹介していきたいと思います。まずは八重桜の季節に開催される八重桜まつりについてです。

スポンサーリンク


八重桜まつりとは

八重桜まつりとは、日本の桜名所100選にも選ばれた静峰ふるさと公園で行われるまつりのことです。満開時に合わせて、桜や灯ろうによるライトアップも行われ、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

桜
また郷土芸能やコンサートなどの催しもあり、毎年、多くの人でにぎわいます。開催期間は、季節によって異なりますが、毎年4月の中旬から5月の上旬にかけて開催されます。詳しいお問い合わせは、那珂市役所商工観光課(TEL 029-298-1111)までお問い合わせください。

八重桜まつりについての紹介はこの辺にして、そろそろ静峰ふるさと公園の桜お花見基本情報について説明したいと思います。日本の桜名所100選にも選ばれた静峰ふるさと公園とは、一体、どんな公園なのでしょうか?

スポンサーリンク


静峰ふるさと公園の桜お花見基本情報

静峰ふるさと公園は、茨城県那珂市にある12ヘクタール(東京ドーム2.2個分)もある広大な公園です。八重桜の名所として、日本の桜名所100選にも選ばれています。まずは、公園の様子を動画でご覧ください。


※音量注意※
静峰ふるさと公園が八重桜の名所であることが解っていただけたと思います。しかも、八重桜だけでなく芝桜やソメイヨシノも一緒に楽しむことが出来る公園なのです。

園内は約2100本の八重桜と県道側に200本のソメイヨシノが植えられています。満開の八重桜に比べると淡い色のソメイヨシノは、まるで雪をかぶったようにも見えます。ちなみに静峰ふるさと公園での桜の見ごろは例年、4月中旬から5月上旬となっています

毎年の人出は、約3万人とそれほど多い訳ではありません。それだけに、桜の穴場的スポットとして人気なのです。アクセスは、JR水郡線静駅から徒歩で30分のところにあります。

車で行く場合は、常磐自動車道那珂ICから県道65号、国道118号を経由して県道61号を城里方面に10kmのところにあります。また350台分の有料駐車場が完備されています。電車でも車でも、ちょっとアクセスの悪い所にあるのが人出にも影響している一因であると言えるでしょう。

ちなみに営業時間は、9時から17時までで、月曜日が休業日となっていて、月曜日が祝日の場合には翌日が休業日となります。なお八重桜まつりの期間中は、無休で営業しています。入園料は無料です。

ここまで、静峰ふるさと公園の桜お花見基本情報を見てきました。それでは、次にお花見時に注意すべきことを紹介します。八重桜で有名な静峰ふるさと公園には、どんなルールがあるのでしょうか?


静峰ふるさと公園!お花見時に注意すべきこと

静峰ふるさと公園のお花見時に注意すべきことは、火気の使用が禁止されているということです。当然、園内でバーベキューなどをすることは出来ません。

最近では、お花見時にバーベキューをする人が増えてきているため、こう言った火気の使用でのトラブルが増えてきています。あまりにもマナーの悪いバーベキュー客が増えてしまうと、火気の使用を禁止する場所が増えてしまいますので、注意しましょう。

ペット
またペットの入園は可能ですが、ノーリードでの散歩は禁止されていますこれも、ペット連れ客のマナーの問題です。公共の場では、何が起こるかわかりません。

どんなに良くしつけられているペットでも、突然の出来事で急に興奮してしまうことは良くある話です。万が一のためにも、リードを着けて散策をするようにしましょう。ペットの分などの処理も当然のマナーですから気をつけましょう。

園内には、芝生広場などがあり、お花見には最適な場所として公開されています。悪質な場所取りなどはしないように気をつけたいものです。またゴミなどは自主的に持ち帰るようにしましょう。

静峰ふるさと公園のお花見時に注意すべきことは以上です。来園者全員が美しい花を見て心が癒されるように、他人への配慮を忘れずに心がけてください。次は、静峰ふるさと公園の周辺おすすめスポットを紹介します。ちょっと、アクセスの悪いところにある静峰ふるさと公園ですが、周辺には何があるのでしょうか?


周辺おすすめスポット紹介

静峰ふるさと公園から徒歩で5分ほど歩くと「静神社」があります。織物や産業の神様として崇められていて、社宝の銅印は国の重要文化財に指定されています。

「茨城県きのこ博士館」(那珂市戸)では、きのこに関する色々な情報を学ぶことができます。見たこともないようなきのこが展示されていて、子供にも人気のスポットです。ゆっくりしたい方は、「茨城県植物園」がおすすめです。チューリップと噴水が心を癒してくれます。

チューリップ
グルメスポットとしては、静峰ふるさと公園から徒歩7分の場所にある「ゆばの里 静香庵」(那珂市静)が人気です。いつも混雑しているので、事前に予約することをおすすめします。

「蔵+蕎麦 な嘉屋」(那珂市鴻巣)は、入れただけでもラッキーと言うほどの人気店です。こちらのお店も予約が可能となっていますので、事前に予約することをおすすめします。


まとめ

静峰ふるさと公園は、八重桜をメインにした公園です。シーズン中には、八重桜と芝桜、ソメイヨシノの共演が、見る人の心を癒してくれます。桜は、ソメイヨシノと言う人にも、是非、訪れて欲しい公園です。きっと、桜の新しい魅力に気づくことでしょう。

静峰ふるさと公園は、ちょっとアクセスが悪いのが難点ですが、それでも行く価値のある公園です。周辺には、人気のグルメスポットもあり、デートコースとしても最適です。ゆっくりとさくらを楽しみたい方には最適の公園と言えるでしょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月05日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ