スポンサーリンク


スポンサーリンク

節分の食べ物!なぜ節分に食べるのか?

「鬼は外、福は内」の元気な掛け声とともに、今年も節分の季節がやってきます。各家庭で、鬼を追い出すための豆をまき、一年の無病息災と家内安全と祈願します。

豆
しかし、一年の無病息災は元旦のお正月飾りで祈願したはずですよね。それなのになぜ、一年のはじめでもない2月3日の節分に祈願することになったのでしょう?

実は江戸時代までは、立春(2月4日)を元旦、その前日の節分は大みそかとして、一年の終わりとしていたのです。そしてその名残は、節分で食べる食べ物に残っています。

ここでは、節分で食べる食べ物についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


節分に食べるものは地域によって違う?

節分の日には、歳の数だけ豆を食べると言います。しかし、最近では恵方巻きを食べる習慣が有名になってきています。

この風習は、元々、関西の風習でしたが、近年になって大手コンビニメーカーが販売促進のキャンペーンを行ったことで、全国的な広がりを見せました。

関西で恵方巻きが食べられるようになったのは、大阪が商人の街であったため、商人たちが商売繁盛を祈願して幸運巻き寿司を食べると言う縁起を担ぐ風習が伝わったとされています。この他にも、恵方巻きに関する説は諸説あり、どれが正しいのかはハッキリしていません。

恵方巻き
また京都では、イワシも一緒に食べる風習があります。イワシには、カルシウムをはじめミネラルが豊富に含まれています。体を強くするという意味でも、この季節に最適な食べ物と言えるでしょう。

なぜ京都ではイワシが食べられるようになったかと言うと、平安時代に邪気(鬼)を払うために、邪気が嫌うにおいを発するイワシの頭と柊の枝を一緒に飾った名残と言われています。

そして四国の一部では、こんにゃくを食べる習慣があります。なぜ四国の一部でこんにゃくを食べる習慣が伝わったのかは、定かではありません。

また関東では、けんちん汁を食べる習慣があります。けんちん汁には、野菜が豊富に含まれており、ビタミン類が豊富です。風邪を引きにくくすると言う意味でも、最適な食べ物と言えます。

スポンサーリンク



福茶と言う、縁起を担いだお茶を飲む地域もあります。福茶には、節分の豆を入れて飲むという地域もあります。豆にも、タンパク質をはじめ、貴重な栄養素が含まれていますので、昔から重宝されてきた食べ物なのです。

他にも、ソバを食べる習慣が残っている地域もあります。これは、大みそかに食べる年越しソバと同じ意味を持ちます。日本は、狭い国ですが、その中でも関東は武士の文化、関西は商人の文化、そして京都には貴族文化が根強く残っています。そのため、地域によって食べるものに差が出てきているのです。

では、節分で食べるものにはどのような意味が込められているのでしょうか?


節分の食べ物に込められた意味

節分の食べ物には、年越しや無病息災など様々な意味が込められています。

節分に撒いた豆を食べる習慣には、体を丈夫にし、風邪を引きにくくすると言われていますし、恵方巻きには、その年の恵方(縁起がイイ方向)を向いて、福を巻き込む巻き寿司を食べることで一年の無病息災を祈願するという意味が込められています。

また京都で食べられているイワシには、そのにおいを鬼が嫌がるとされ、イワシの頭をヒイラギの葉に結びつけた節分飾りもあったり、四国で食べられているこんにゃくには食物繊維が多く含まれており、一年の終わりに体の中を大掃除すると言う意味が含まれているそうです。

そして関東で食べられているけんちん汁は、本来、冬の寒い時期の行事食として食べられていましたが、節分以外の行事が廃れていき、節分に食べる習慣が残ったのだそうです。

節分
また、先ほど福茶というものをご紹介しましたが、福茶とは、松竹梅の梅と「よろこぶ」の意味を持つ昆布を入れたお茶のことで、これを飲むことで、一年の縁起担ぎをするという意味があります。

そしてソバを食べる習慣。これには、色々な説があるのですが、ソバは細くて切れやすいため、厄を断ち切ると言った説や、金細工職人が、飛び散った金をかき集めるのに蕎麦粉を使っていた事から、お金が沢山集まるようにと願いを込めたと言う説が有名です。

他にも、ソバと言う植物が風で倒れてもすぐに起き上るということから、そのたくましさにあやかったと言う説、ソバが細くて長いものなので、長寿の願いを込めた説など様々です。


まとめ

このように、節分と言っても、全国で色々なものが食べられているのです。近年になって、全国的な広まりを見せている恵方巻きのように大手企業の販売促進のために地方の風習が全国に広まり、段々と希薄になっていくのは、少し悲しい気がします。

ただでさえ、季節ごとの伝統行事が廃れてきている昨今ですから、残せるものは後世に正しく残していきたいものです。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月04日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ