スポンサーリンク


スポンサーリンク

節分の意味!こどもでも分かる簡単解説!

季節を分けるという意味の「節分」。特に日本においては四季がはっきりしているので、風習としても大切な節目として扱われています。

日本の古き良き風習は様々ありますが、今も家族で行ない、ニュースでも話題として取り上げられるのものはそれほど多くありません。そういう点で、「節分」は一年の中でも恒例のイベントといえます。

節分
子どもたちもけっこう節分は楽しみにしているのではないでしょうか?そして「節分ってどういう意味?」と尋ねられたとき、どんなふうに答えているでしょうか?

「なんで2月3日なの?」、「なんで鬼は外、福は内って言うの?」と豆以上に質問が飛んでくるかもしれません。ではそんな時に親の威厳を保てるよう、そして子どもでも分かるように、節分についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


「節分って何?」には、こう答えられる!

まずは基本的なこの質問から明確に理解しておきましょう。節分とは、「季節を分ける」ことを意味しています。

mame
大人ならこの表現で分かるかもしれませんが、子どもに答える場合はどうでしょうか。「冬から春に変わる日のこと」。これが良いように思います。

実際、季節を分ける「節分」は一年の中で何日かあるので、その日だけが節分ではないのですが、一般的な「節分」は豆まきをする日だと誰もが考えるので、「冬から春に変わる日」という答えで伝わるのではと思います。

こう説明しておくと、次も楽です。次の質問は、「なんで2月3日なの?」とくるからです。

スポンサーリンク


「なんで2月3日なの?」には、こう答えられる!

厳密には、節分は立春の日でなく「立春の前日」ですただこのことは大人でも知らないもので、節分イコール立春と思っている人はたくさんいます。

ですから、この点においてもあまり厳密にならず、先ほどの「節分について答え」から見れば、「冬から春に変わる日が2月3日なんだよ」で十分でしょう。もし本当に正しいことを教えてあげたい場合は、「冬の最後の日が2月3日で、明日から春なんだよ」と教えればより正確ですね。

では続いて、恒例の掛け声の謎についても見てみましょう。


「鬼は外、福は内ってなぜ言うの?」には、こう答えられる!

この言葉の由来は諸説ありますし、子どもたちへの説明において由来まで教えてもかえって混乱してしまうかもしれません。あくまで、「子どもにも分かる」ということであれば、「よくないものは家の外に、幸せなことは家の中に」という意味でよいかと思います。

さらにもう少し具体的に話すのであれば、「病気や事故などのよくないことを外に出すためのおまじない」というように話すこともできると思います。

鬼は外
細かい部分を言えばさらに色々とありますが、子どもに分かりやすく話すならこれで十分でしょう。では最後に、子どもからは聞かれないかもしれませんが、大人なら知っておきたい疑問についても書いておきたいと思います。


豆まきのかけ声は地域によって違うの?

このかけ声については、地域によって本当に様々です。少し言い回しが変化したものもあれば、まったく違う表現になっているものもあります。そのうちいくつか挙げてみますね。


「福は内、カミは内」

これは苗字に「鬼」が入る家が行なうかけ声です。
例えば、紀州には「九鬼」という苗字がありますが、名前に「鬼」が入っている家ではこうした表現を使うそうです。


「鬼は内、福も内」

宮城県ではこの言い回しが多いとのこと。


「音は外、福は内。大豆 豆上がれ」

会津地方のかけ声です。

福の神に豆を食べてほしいという願いが含まれているそうです。


「福は内」

いたってシンプルです。

成田山新勝寺でのかけ声は「福は内」のひとことのみです。


最後の動画は、「鬼は外、福は内を英語では何というか」を話している動画です。こういう動画って、ついつい気になって観てしまいます。


※音量注意※
今でも残る日本の風習は数多くありますが、子どもから大人まで一緒に楽しめる風習はそう多くはありません。

この貴重な「節分」の意味を教えてあげることも共に楽しむ大切なことだと思います。この良き風習を分かりやすく伝えていくことも年上の者のつとめ。豆まきの豆知識。もしお役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月04日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ