スポンサーリンク


スポンサーリンク

花見山公園の花見!抑えておきたい3つのポイント

立春を過ぎれば暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。しかし、3月ともなると少しずつ春の暖かさを感じる日も増えてきます。暖かい日が続くと、気の早い桜が開花してしまったといったニュースが聞こえるようにもなります。もうすぐ、満開の桜の季節がやって来るのです。

桜の季節と言えば、日本人にとっては欠かせないお花見のシーズンでもあります。友人や会社の同僚、上司などと桜の木の下に宴席を設けて、春の訪れを祝うのです。普段、飲み会には参加しないメンバーも、この日だけは特別に参加してくるといった話も耳にします。

桜
今回、紹介する花見山公園も、お花見シーズンには、そういった花見客でにぎわう桜の名所です。ある有名写真家が、花見山公園のことを「福島に桃源郷あり」と言ったという逸話も残っているほど美しい公園なのです。まずは、その美しい花見山公園の桜お花見基本情報から紹介したいと思います。

スポンサーリンク


花見山公園の桜お花見基本情報

花見山公園は、福島県福島市渡利にある公園です。公園と呼ばれていますが、元は花木生産農家の方が自らの農地を「みんなにきれいな花を観てもらい心が安らげば」と、先代が長い歳月をかけて土地を整備し、昭和34年に花見山公園として広く一般に開放した場所なのです。今では、桜だけでなく梅やハナモモ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレンなどの花々が一斉に咲きほこる花の楽園です。実際に動画で花見山公園の様子を見てみましょう。


※音量注意※
美しい桜の花が満開の様子を見ていただけたかと思います。花見山公園の桜の見ごろは、4月の中旬から下旬にかけてです。桜は、ソメイヨシノの他、ヒガンザクラ、トウカイザクラが植栽されています。残念ながら詳しい本数は不明です。毎年、約24万人もの人でにぎわいます。

アクセスはJR福島駅からバスを利用することになりますが、開花期間中は駅東口から臨時バス「花見山号」が運行していますので、そちらを利用していただくのが便利です。車で行く場合は、東北自動車道福島西ICから国道114号を経由し国道4号を渡利方面へ約10kmです。

駐車場は、あぶくま親水公園の臨時駐車場を利用し、そこから花見山公園へのシャトルバスをご利用することになります。花見山公園自体には駐車場はありませんので、注意してください。詳しいお問い合わせは、福島市観光コンベンション協会(TEL 024-531-6432)までお願いします。

先にも説明しましたが、花見山公園は、元は農家の方の私有地です。それを無償で開放してくれています。それだけに、お花見をするにも色々とルールが決まっています。次は、これらのルールについて説明します。いつまでも花見山公園を楽しめるように、ルールを守ったお花見をするようにしてください。

スポンサーリンク


花見山公園!お花見時に注意すべきこと

花見山公園には、専用の駐車場はありません。車で行く場合は、くれぐれも違法駐車はしないように心がけてくださいまた花木畑への立ち入りは禁止されています。

ちなみに、公共施設ではないので、ゴミ箱等は設置されていません。ゴミがでた際は持って帰るようにしましょう。

立入禁止
いつまでも花見山公園の美しい花々を楽しむために、花見山環境整備協力金というものも用意されています。これは、花見山の整備に使用される資金になります。積極的に協力するようにしましょう。

花見山公園の花見は、一般的にシートを敷いて宴席を設けるという花見は禁止されており、散策がメインとなります。そのため、散策に適した動きやすい服装と履き慣れた靴で行くようにしましょう。

以上が、花見山公園でのお花見時に注意すべきことです。花見山公園を散策すると、かなり疲れますし、お腹も減ってきます。そんな方のために、花見山公園周辺のおすすめスポットを紹介したいと思います。


周辺おすすめスポット紹介

花見山公園の周辺おすすめスポットは、JR福島駅周辺のおすすめスポットでもあります。グルメスポットとしては、福島は古くから餃子が有名です。フライパンに丸く敷き詰めた餃子をそのままひっくり返した円盤型が福島餃子の特徴です。そんな餃子が味わえるのが「餃子会館」(福島市栄町)です。

また焼鳥も有名で、福島に隣接する伊達鶏や川俣シャモなどを使用した美味しい焼鳥を味わうことができます。中でも「鳥安」(福島市陣場町)が人気のお店となっています。その他、喜多方ラーメンやソバなども美味しいお店が沢山あります。

餃子
一方、観光スポットとしては、JR福島駅の北側に県立美術館や福島県歴史資料館、古関裕而記念館などがあります。県立美術館は版画家、斉藤清の400点を超えるコレクション、現代染織、陶芸などが有名です。

福島県歴史資料館は、福島県の歴史を記した古文書や公文書などを展示しており、福島県の歴史を知ることができます。古関裕而記念館は、福島市最初の名誉市民でもあり、作曲家として活躍した古関裕而氏の足跡をたどることができます。

これらの観光スポットはJR福島駅の北側に設置されており、南側にある花見山公園とは反対の方角になります。お車、または公共交通機関でのご利用をおすすめします。


まとめ

花見山公園は、美しい花を広く楽しんでもらいたいとの一心で、自らの農地を開墾し、花を育てた花木農家の先代、阿部一郎氏の思いから広く一般に開放された私有地です。

公園と呼ばれていますが、今でも私有地であることに変わりはありません。そのため、一般の花見から連想される宴席などは禁止されています。それでも、毎年多くの人でにぎわうのは、阿部氏の思いと美しい花々に魅了されたからに他なりません。

遠くから見る花見山も、公園部分が色とりどりのピンク色に染まって、それは美しい装いを見せてくれます。いつまでも、この美しい花の桃源郷を大切に後世へ伝えていくことが、我々の使命ではないでしょうか。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月02日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ