スポンサーリンク


スポンサーリンク

ゴキブリの天敵はクモ?真実はいかに…

ゴキブリの天敵はクモだと言う話を聞いたことがあるでしょうか?最近、都会では自然が減ってきているので、クモも減ってきています。その分、ゴキブリは繁殖し放題なのです。今や、都会はゴキブリにとって天国と言えるのではないでしょうか?

クモ
そんなゴキブリの天敵、クモは驚くほど効果的にゴキブリを駆除してくれるのです。今回は、ゴキブリの天敵について見てみましょう。

スポンサーリンク


ゴキブリの天敵がクモって本当?

ゴキブリの天敵がクモと言うのは本当です。クモの他にも、ムカデやヤモリなどもゴキブリの天敵としてあげられます。しかし、ムカデは毒を持っているので、家に放す訳には行きません。

また都会では、自然の減少でムカデなどが姿を消しつつあります。ヤモリも、ゴキブリの天敵ですが、やはり少し不気味な姿をしているので、家の中に放すのは気が引けます。ヤモリは「家守」と言うくらいなので、本来であれば、家に住んでいて欲しいのですが、都会ではほとんど目にする機会はありません。

ヤモリ
ゴキブリの天敵のクモも、徐々にその姿を消しつつあります。そのクモとは、「アシダカグモ」というクモで、通称「軍曹」と呼ばれています。昔は、どの家にも普通にいたクモですが、最近では、あまり姿を見かけなくなっています。

では、次にこの軍曹について、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


ゴキブリ対策に家庭でクモを飼う人が増加?

最近、ゴキブリ対策に、クモを飼う人が増えていると言う話を聞きます。昔は、普通に家にいたクモですが、今では、わざわざ外から連れて来なければ行けないくらい、その数を減らしているのです。

しかし、このアシダカグモは、軍曹の名にふさわしい働きをするのです。ゴキブリを走って追いかけ捕まえます。しかも、人に不快なクモの巣を張る訳ではありません。

基本的には、臆病で人間には無害です。黙って常駐し、駆除が終わると静かに去っていきます。まさに軍曹の名にふさわしい働きと言えるでしょう。まずは、軍曹の働きぶりを動画でご覧ください。


※音量注意※
大きなクモには似合わない、素早い動きで、次々にゴキブリを仕留めていきます。仕事人のように、黙々と作業をこなします。しかし、ゴキブリも嫌いだけど、クモも嫌いと言う人もいることでしょう。そんな人は、どうすれば良いのでしょうか?


クモを飼うのは嫌!対策法を理解しゴキブリとさようなら!

一般的に、ネズミがいる家庭には、ゴキブリはいないとされています。ゴキブリの卵をネズミが食べてしまうからです。しかし、ネズミも不衛生で、あまり歓迎したくはありません。そんな人には、ネコはいかがでしょう。

ネコ
ネコも、生来のハンターでゴキブリなどを素早い動きで捕獲してくれます。マンションなどでは、ペット禁止の物件もあり、ネコもNGと言う場合もあるでしょう。そんな場合は、ハーブや柑橘系のアロマでゴキブリを追い払うと言う方法があります。市販の粘着シートや毒エサなどと併用することで効果をあげてくれます。


まとめ

ゴキブリの天敵を家に放すことで、ゴキブリを効果的に駆除することができます。昔は、当たり前だった光景なのですが、最近では、その天敵が減少してきて、生命力の強いゴキブリだけが生き残り、家にはびこっているのです。

家にクモを放すことは、昔の姿に少しでも近づけることと言えるでしょう。そして、そのクモは自分の仕事を果たすと、人間は無害で静かに去っていくのです。あまりクモをおそれることはやめて、ゴキブリ退治の仕事人に任せていてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月01日
最終更新日: 2015年07月03日

[語学・学習]

One Response to “ゴキブリの天敵はクモ?真実はいかに…”

  1. Amelia より:

    Hey, you’re the goto extrep. Thanks for hanging out here.

コメントを残す

このページの先頭へ