スポンサーリンク


スポンサーリンク

フラッシュモブ!結婚式のやり方!知っておきたい3つのこと

最近では、フラッシュモブを結婚式の披露宴で行うのが流行っています。その人気は、フラッシュモブ専門の代行会社や企画会社まで出来るほどです。

フラッシュモブとは、街中などで突然BGMが流れはじめ、一般人に扮した参加者が1人、また1人と踊りはじめたり、倒れたりするサプライズ演出です。テレビCMでも、レスリングの金メダリストの吉田選手や伊調選手が行っているので、徐々にメジャーになりつつあります。まずは動画をご覧ください。


※音量注意※
フラッシュモブはサプライズ演出ですから、イベントに最適です。動画のように、結婚式の披露宴などで大流行中なのです。しかし、人生の門出でもある結婚式の披露宴では、失敗は許されません。

今回は、結婚式でフラッシュモブを計画した際に、知っておきたい3つのポイントを紹介します。まずは、結婚式でのフラッシュモブの利用方法です。
スポンサーリンク


フラッシュモブの利用方法

結婚式の披露宴では、新郎新婦の友人が色々な余興を行い、場を盛り上げてくれます。フラッシュモブの利用も、そんな披露宴での余興の一環として行われることが一般的です。

しかし、フラッシュモブは、あくまでサプライズ演出。事前に紹介されたのでは、意味がありません。少なくとも、新郎か新婦には驚いてもらわなくてはなりません。まずは動画をご覧ください。


※音量注意※
動画では、見事にフラッシュモブの演出に感動して、新婦が喜びの涙を流しています。新郎も一緒になって踊って、その後、新婦に愛の告白と言う演出は非常に効果的であると言えるでしょう。では、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

スポンサーリンク


費用はどのくらい必要?

フラッシュモブを企画、演出、代行する会社に依頼すれば、費用は30万円から50万円くらいかかってしまいます。人生の晴れの門出のお祝いですから、それくらい平気という人もいるでしょうが、やはりまだまだ高いと言うのが事実です。

自分たちですべてを計画し、実行するならば、費用は限りなく0円に近くおさえることができます。あくまで、披露宴の余興の一環として行うのであれば、自分たちで計画するのも有りだと思います。

その際は、司会者にだけは、あらかじめどのタイミングでフラッシュモブを行うかを知らせておかなければなりません。フラッシュモブの後に、司会者のフォローが必要になるからです。

「ただいまの演技は、○○様一向によつフラッシュモブの演出でした」という司会者のフォローがなければ、何が起こったか混乱させてしまうだけです。


またフラッシュモブを行うタイミングも肝心です。歓談中に突然BGMが流れ始めてフラッシュモブを行うというのが一般的でしょう。誰かの余興中に割り込む形でフラッシュモブを行うなど凝った演出も面白いと言えます。動画をご覧ください。


※音量注意※
この動画では、新郎の友人の余興であるヒューマンビートボックスからのフラッシュモブという流れになっています。サプライズ演出として、面白い方法だと思います。

フラッシュモブで参加者全員が、一丸となって踊る姿は、非常に感動的です。では、練習などはどうすれば良いのでしょうか?


練習はどのようにして行うのか?

結婚式の披露宴の参加者と言えば、共通の友人だけでなく、遠方からやって来る懐かしい仲間やお互いに面識のない新郎新婦の友人、会社の同僚と様々です。そんなメンバーで、一体どうやってフラッシュモブの練習をすればいいのでしょう?披露宴の参加者レベルでは、なかなか事前に連絡を取り合うことも難しいです。

そこで、新郎か新婦のどちらかを誘って仕掛人にするという方法が一般的です。特に新郎を巻き込んでフラッシュモブを行い、その後に、新婦に告白と言うパターンは定番とも言えるでしょう。参考にこちらの動画をご覧ください。


※音量注意※
動画のように、新婦の友人グループ、会社の同僚グループなど集まれる単位で練習して参加してもらうのも良い方法だと思います。お互いに連絡さえ取れれば、あとはメールでダンスの動画を送って覚えてもらうだけです。BGMを流すタイミングだけ事前に知らせて、あとは、個人練習で覚えたダンスを披露してもらうだけなのです。


まとめ

結婚式の披露宴でフラッシュモブを行う方法は、今、大流行中です。特に新婦へのサプライズとして行われるものが多いように思います。フラッシュモブからの新郎のサプライズメッセージやプレゼントなど、Wのサプライズで新婦に喜びの涙を流してもらいましょう。一生、素敵な思い出として、新婦の心に残り続けることでしょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年03月01日
最終更新日: 2016年06月16日

[恋愛]

コメントを残す

このページの先頭へ