スポンサーリンク


スポンサーリンク

恵方巻き!具材の決まりを守ればハッピー?

近年、節分の風習として急速に広まって来た恵方巻きですが、まだまだ知らないこともいっぱいあります。正式な作法が存在したり、細かなルールなどが決まっていたりします。

恵方巻き
また、恵方巻きは太巻きと混同しがちですが、最近では、様々な具材を使った恵方巻きも登場してきています。今回は、恵方巻きの具材について見ていきましょう。

スポンサーリンク


恵方巻きの具材には決まりがある?

恵方巻きは、福を巻き込んで、それを食することで福を体内に取り入れると言われています。それだけに、具材にも決まりがあります。しかし、これでなくてはダメだと言う特定の具材はありません

スーパーなどで、シーズンが来ると大量に販売される恵方巻き。そのため、競争が激化し、差別化を図るために色々な恵方巻きが現れてきています。女性や子供に受けるようスイーツをベースにした恵方ロールと言うケーキのようなもの。シーフード満載の、海鮮恵方巻き。その種類は、年を経るごとに増えていく一方です。

恵方巻き
企業の販促のためとは言え、昔ながらの恵方巻きが廃れていくのは残念なことです。続いて、昔ながらの恵方巻きの基本的な具材について見てみましょう。

スポンサーリンク


恵方巻きの基本的な具材

恵方巻きの基本的な具材は、太巻きと大差がありません。厚焼き玉子、シイタケ、かんぴょう、高野豆腐、キュウリ、ウナギ、桜デンブ。関東では、ウナギの代わりにアナゴが使用されます。桜デンブの代わりにオボロを使う場合もあります。

恵方巻き
このように、関東と関西で若干の違いはありますが、大差はありません。太巻きの基本的な具材とも大差ありません。これらの基本的な具材を守っているのが、昔ながらの恵方巻きと言えるでしょう。

ところで、これらの具材を見て何か気づきませんか?


そうです。具材の種類が7種類なのです。今度は、具材が7種類である理由を見てみましょう。


7種類の具材がいいと言われる理由とは?

昔から、7という数字は縁起が良いと言われています。恵方巻きも縁起物の食べ物ですから、当然、その縁起の良さを取り入れています。7種類の具材を七福神に見立て、それを体内に取り込むことで無病息災や商売繁盛を祈願すると言われているのです。

七福神
他にも、キュウリを青鬼、桜デンブを赤鬼に見立て、鬼を食べて鬼退治をするという説や恵方巻きを鬼の金棒に見立て、鬼が金棒を忘れて逃げて行ったとする説もあります。


まとめ

スーパーなどで大量に売られることで、メジャーになってきた恵方巻き。今では、スーパーなどが主導して、どんどん魅力的な恵方巻きが出てきています。その種類は、スイーツ系から海鮮モノ、カツなどを使用したガッツリ系まで様々です。これにより、子供や若者が恵方巻きと言う風習に慣れてくれることは非常に良いことです。しかし、本来の目的を忘れてしまっては、本末転倒です。

節分の風習は、鬼を退治して、家庭に福を招くことです。恵方巻きの習慣も、その鬼退治と福を招く事に関係しているのです。多少、具材に違いはあっても、本来の目的だけは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月28日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ