スポンサーリンク


スポンサーリンク

厄払いの時期!2016年にした方がいい人とは?

厄払いの風習は、縁起を担ぐ人間にとって気になる習慣です。まったく気にしない人には縁がない習慣とも言えます。これほどまでに、興味が分かれる習慣も珍しいものです。

しかし、昔ながらの習慣ですから、何かしらの理由が存在するのも確かです。厄払いは、出来るならした方が良いと言えるでしょう。

祈祷
では、この厄払いの習慣はいつまでにすれば良いのでしょう?今回は、そんな厄払いについて見てみましょう。まずは、厄払いはいつまでにすべきなのかについてです。

スポンサーリンク


厄払いはいつまでにすべき?

厄払いは、厄年の人が行う風習です。しかし、いつまでにすべきかという明確な基準はありません。地域によっても差があります。

厄払いは、一年の節目である元旦にするべきという一番祈祷や年の節目を旧正月として、節分に厄払いを行う厄払い節分祭が有力です。大体は、節分までのすませるというのが良いとされています。

祈祷
しかし、厄払いに時期は関係ありません。シーズンを過ぎたからと言って、遅すぎることはないのです。厄年で悪いことが立て続けにあったことがきっかけで、厄払いをする人も多くいます。厄払いは、思い立ったその日が時期と言っても過言ではないでしょう。

では、2016年に厄払いをした方がイイ人はどんな人なのでしょう?

スポンサーリンク


2016年に厄払いをした方がイイ人って?

2016年に厄払いをした方がイイ人は、厄年の人です。厄年は、男性と女性で異なります。2016年が本厄になる男性は、数え年で25歳、42歳、61歳の人です。

数え年とは、年齢にプラス1年ですから、1956年生まれ、1975年生まれ、1992年生まれの人が本厄と言うことになります。特に1975年生まれの人は要注意です。

女性の場合は、数え年で19歳、33歳、37歳、61歳の人です。1956年生まれ、1980年生まれ、1984年生まれ、1998年生まれの人が本厄と言うことになります。特に1984年生まれの人は要注意です。

巫女
男女とも、本厄の前後の年を前厄、後厄と言います。この前厄、後厄の人も厄払いの必要があります。そう考えると、結構な人が該当するように思えます。

では、厄払いをする際に気をつけるべきことっていったいどんなことがあるのでしょうか。


厄払いをする際に気をつけるべきこととは?

厄払いをするときは、神社やお寺に行ってお祓いをしてもらうのが一般的です。近所の神社やお寺ですませたい人は、事前に厄払いを行っているかどうか確認を行う必要があります。

場所によっては、厄払いで有名な神社やお寺もあります。そんな場所は、シーズンになると大混雑になりますので注意が必要です

フクロウ先生
またお祓いをしてもらうにも料金がかかります。電話などで問合せしても、「お気持ちで結構です」と濁される場合も多々あります。一般的な相場は、3000円から10000円となっています。

服装については、特に決まりはありません、カジュアルな格好で構いませんが、あまりにカジュアルすぎるのも問題です。神社やお寺でお祓いを受けるのにふさわしい格好であるかどうかを考える必要があるでしょう。

ジーパンや短パンなどは、場所によってはダメな場合があります。最低でも男性はジャケットとスラックス、女性は落ち着いた色合いのワンピースで行くようにしましょう。もちろん、男性はスーツにネクタイ、女性もスーツという正装であっても構いません。


まとめ

厄払いは、一年を無病息災、家内安全で気分よく過ごすために必要な風習です。気の持ち方だと言う人もいるでしょうが、厄年に良くないことが立て続けに起こると、やはり厄年を気にせずにはいられないのが人間です。そんな事にならないためにも、厄払いは、キチンとやっておくに越したことはありません。後悔先に立たずと言うことわざもあるほどです。

一年間を気分よく過ごせるならば、厄払いにかかる料金も、それほど高いものではないでしょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月28日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ