スポンサーリンク


スポンサーリンク

おせち詰め方のコツ!重箱に綺麗に詰めるには?

お正月の食卓を彩るおせち料理。折角、時間をかけて手作りをしたのに、詰め方が上手くいかないと台無しになってしまいます。それでなくても、昨今では、デパートや百貨店でプロの料理人が作ったおせち料理が人気を集めています。それらの写真を見ると、見た目もキレイに盛り付けられていて食欲をそそられます。

門松
おせち料理は、普段、使い慣れていない重箱に詰める料理ですから、なかなか盛り付けも難しいものです。しかし、折角、手作りしたのですから、最後の詰め方まで完璧にこなしたいものです。今回は、そんなおせち料理の詰め方のコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク


おせちをきれいに詰めるコツ!

おせち料理をきれいに詰めるコツは、四角い重箱を上手にレイアウトすることです。田の字がたに十字に仕切って、4品を詰める方法や、角に二等辺三角形を作って中央の四角形と合わせて5品詰める方法。市松模様のように、縦横3品ずつ、計9品詰める方法などが一般的です。

おせち
重箱の大きさにもよりますが、1つの料理をあまり無理して詰め込みすぎないこともきれいに詰めるコツになります。それぞれを、詰め込み過ぎないようにすることで、適度な空間が出来、それが料理を際立たせてくれるのです。あまりスカスカでも、見た目の豪華さがなくなりますので、適度な加減が必要になってきます。

次に重箱5段の詰め方を紹介します。

スポンサーリンク


重箱5段の詰め方!

重箱は、上の段から順に一の段、二の段、三の段と呼びます。四は忌み言葉ですから、使用せずに与の段と呼びます。そして最後の五の段です。
まず一の段には、祝い肴と呼ばれる料理を詰めます。黒豆や数の子、田作り、たたきゴボウなどを詰めていきます。

二の段には口取り、酢の物と呼ばれる料理を詰めます。紅白かまぼこや伊達巻、昆布巻き、錦卵、栗きんとん、お多福豆、紅白なます、ちょろぎ、酢蓮(すばす)、菊花カブなどを詰めていきます。

重箱
三の段には、海の幸を中心とした焼き物を詰めます。ブリの照り焼きや鯛、エビなどを詰めていきます。

与の段には、山の幸を中心とした煮物を詰めます。レンコン、里芋、八つ頭、クワイ、ゴボウ、ニンジン、コンニャクなどを使用した筑前煮などを詰めます。

五の段は、控えの重と呼ばれ、基本的には空にしておきます。これは歳神様から授かった福を詰める場所と言う意味があり、まだまだ福が入ってきますようにとの願いが込められています。
では、重箱3段の詰め方はどうでしょう?続けて確認してみましょ。


重箱3段の詰め方!

重箱3段の場合も、呼び方は同じで、上の段から、一の段、二の段、三の段と呼びます。
一の段には、お屠蘇を飲む時のための祝い肴や子供たちが好む甘い料理をメインに詰めます。黒豆や田作り、たたきゴボウ、紅白かまぼこ、伊達巻、昆布巻き、錦卵、栗きんとん、お多福豆などを詰めます。

二の段には、酢の物とメインディッシュの焼き物を詰めていきます。紅白なますやちょろぎ、酢蓮(すばす)、菊花カブ、数の子、ブリの照り焼き、タイ、エビなどを詰めます。

おせち
三の段には、山の幸を使用した煮物を詰めます。レンコン、里芋、八つ頭、クワイ、ゴボウ、ニンジン、コンニャクなどを筑前煮にして詰めます。家族の好物や自慢料理などを詰める場合もあります。
では、重箱は、何段がおすすめなのでしょうか?


重箱は何段がおすすめ?

江戸時代の頃は、少しでも豪華にと5段の重箱が一般的でした。どこの家も、それぞれに趣向を凝らした五段の重箱は、各家庭の味として代々引き継がれていきました。

おせち
最近では、3段の重箱が人気になっています。少子化や、核家族化などの問題も背景にあるようです。また5段もの重箱を埋める料理を作る手間が取れないと言った事情もあるようです。百貨店や通信販売で売られているおせち料理も、3段のものがメインなっています。五段の物は、ほとんど見かけることもなくなってきています。

もしお正月に親戚など大勢の方が集まるのであれば、5段の重箱を用意するのもいいでしょうが、手間を考え、ご家庭でというのであれば、3段でも十分だと思います。

まとめ

おせち料理を詰める重箱にも、それぞれの段に意味があり、縁起担ぎの一翼を担っています。最近では、誰の口にも合う料理が中心の現代風のおせちが人気になっていますが、せめて、縁起担ぎの風習だけは守って欲しいと思います。

重箱の段数も、時代によって変化してきています。今後、ますます少子化、高齢化が進むと、3段の重箱さえも姿を消す時代になるかもしれません。おせち料理の風習よりも、手軽に手に入るコンビニの弁当やファミリーレストランが人気になっているせいもあります。

しかし、代々続いてきた風習が途絶えてしまうのは寂しい限りです。手作りでなくても構わないので、3段のおせち料理は、日本の文化として残って欲しいと願います。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月25日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ