スポンサーリンク


スポンサーリンク

おせちの意味って?知っておきたい3つのこと

正月の食卓に彩りを添えるのが、豪華なお重に入ったおせち料理ではないでしょうか?最近では、自宅で作らずに、デパートなどで注文する家庭も増えてきているようです。

お重の中には、それぞれ縁起を担いだ料理がビッシリと詰まっているので、忙しい共働き世代では、自宅で作るのが難しくなってきているのが現状です。また縁起を担いだ料理には、子どもが好む物が少ないため、デパートなどの洋風おせちなどに人気が集まっています。

おせち
しかし、おせち料理は、家庭の味の原点を言っても過言ではありません。代々、受け継がれてきた大事な料理でもあるのです。一年の初めを飾る大事な儀式として、もう一度見直してみてもイイのではないでしょうか?今回は、そんなおせちについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


おせちとは

おせちとは、本来、暦の上での節句(節供)を表す言葉です。平安時代頃から、五節句の時に神様にお供えしたり、食べたりしたご馳走を御節供(おせちく)と呼んでいました。それがおせち料理の原点です。

やがて、時代が立つにつれ、この五節句の風習が廃れてきます。そんな中、一年の一番目の節句である元旦にだけは、子孫繁栄や無病息災を祈願するという意味も含めておせち料理が作られるようになりました。江戸時代には、正月料理として、庶民にも広まり、お重に入ったおせち料理が作られるようになりました。

おせち
そして現代、お重に入った料理が、百貨店や通信販売でも手に入るようになり、家庭の味としてのおせち料理が失われつつあるのです。

スポンサーリンク


おせち料理はなぜ縁起がいいの?

おせち料理の原点は、平安時代にまで遡ります。当時、朝廷や貴族の間で五節句を祝う行事「節会(せちえ)」で、神様にお供えしたり、食べたりした料理を御節供(おせちく)と呼んでいました。やがて、江戸時代頃には、庶民にまで広がり、武家文化と相まって、正月料理の基本になったと言われています。

花
おせち料理は、正月に歳神様を迎えて食べる料理として江戸の庶民に広まりました。それぞれの料理は、火に通したり、酢を使ったりして日持ちがする物が多く、歳神様を迎えて食べる正月料理になるべく火は使わないという配慮がされています。

おせち料理に縁起を担いだものが多いのには、それぞれの料理に子孫繁栄や家内安全などの願いを込め、歳神様にお供えするという意味が含まれているからなのです。

さて、おせち料理にはいろいろなものがあるのですが、どの食材に、どのような意味が込められているのかについてもこの機会に一緒に確認してみましょう。


食材それぞれに意味がある!

おせち料理には、その食材それぞれに縁起を担いだ意味が込められています。
黒豆は、黒豆にシワが寄らないように甘く煮込んだ料理です。マメに働けるようにと言う意味合いと黒い色には邪気を払う効果があると言われています。

数の子は、ニシンの卵の薄皮を取って汁に漬け込んだ料理です。ニシンは二親に繋がり、その卵の多さから子孫繁栄の意味が込められています。

田作りは、イワシの幼魚の佃煮です。カタクチイワシを田んぼの肥料に使用したところ、豊作だったことから、五穀豊穣の願いが込められています。

たたきごぼう(酢ごぼう)は、ごぼうを擂粉木などで叩いて酢に漬け込んだ料理です。豊年の象徴でもある瑞鳥を表したもので、豊作と息災の願いが込められています。またごぼうは、地中に広く根を張ることから地域に根差した繁栄を祈念しているとも言われています。

紅白かまぼこは、その名の通り紅白2色のかまぼこです。その形が初日の出の形に似ていることから縁起物とされています。また赤色は魔よけ、白色は清浄を表すと言われています。

伊達巻は、長崎から江戸に伝わったカステラかまぼこが原点と言われています。巻物に似た形から、学問、教養を持つことを願う縁起物とされました。

栗きんとんは、栗餡を練った料理です。金銀財宝に通じるとされ、金運を願った料理とされています。

おせち
お多福豆は、文字通り福が多いことを願った料理です。

ブリの焼き物は、出世魚のブリに縁起を担ぎ、出世を祈願した料理とされています。

タイの焼き物は、おめでたいの語呂合わせで用いられる料理です。関西では睨み鯛と言って、正月三箇日は神棚に祭って願いを込めるだけで手は付けないと言う料理も存在します。

エビの焼き物は、元々は伊勢海老を使用していたが、高価なため車エビなどで代用されるようになりました。長寿を祈願した縁起物です。またエビは脱皮を繰り返すことから、生命の更新を意味するものや出世を祈願するものとされています。

紅白なますは、大根とニンジンを用いたなますです。祝い事に用いる紅白の水引にあやかっています。

酢蓮(すばす)は、レンコンの酢のものです。穴が数多く開いているレンコンは将来の見通しが良いと言う意味の縁起物とされています。

昆布巻きは、ニシンなどの魚を昆布で巻いてカンピョウで結んだ料理です。喜ぶの語呂合わせで用いられています。
この他にも、縁起物の素材だけで作った煮物などがあります。


まとめ

昔は、食材の保存技術も発達していなかったため、おせち料理には、火を通したものやお酢を使用したもの、濃い味付けをしたものが多くあります。

しかし、現代では保存技術の発達から、それらの料理にこだわらず、子供にも好かれる肉料理などを盛り込んだ洋風おせちや中華風おせちなども登場してきて人気を博しています。

しかし、元々、おせち料理は、歳神様にお供えし、子孫繁栄や家内安全、無病息災を祈念した縁起を担いだ料理なのです。年に一度、正月くらいは昔からの風習にあやかってみるのも悪くはないと思います。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月25日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ