スポンサーリンク


スポンサーリンク

成人式!シャツとネクタイのオシャレな着こなしは?

成人式は、様々なイベントの中で、一生に一度しかないイベントの1つです。女性は、振袖の和装でオシャレをしますが、男性の場合、紋付袴姿もいればスーツ姿もいます。紋付袴姿もイイのですが、華奢な体型の人には似合いません。それなら、無難にスーツ姿の方が良いでしょう。

成人式会場では、懐かしい面々との再会も楽しいものです。成人式での再会がきっかけで付き合うようになったと言う話も良く聞きます。それだけに、成人式にオシャレをしてバッチリ決めていかなければいけません。

成人式
男性の場合、スーツで行く人の方が多いようです。これは、楽だからと言うだけでなく、女性から見ても大人の男性として意識してもらえるといった効果があるようです。成人式に行く男性の方には、スーツでバッチリ決めていくことをおすすめします。

でも、スーツで着飾るにしても、シャツだけでも今はさまざまな色がありますよね。いったいどんなシャツを選べばいいのか。今回はシャツとネクタイをオシャレに着こなすというテーマでご紹介していきます。

スポンサーリンク


成人式におすすめのシャツの色は?

成人式におすすめのシャツの色ですが、これは着て行くスーツの色によっても左右されます。どんなスーツで行くかによって、似合うシャツの色、ネクタイの色が決まってくるのです。

ちなみに、どんなスーツで行ったとしても、大丈夫という万能選手が白色のシャツです。これは、スーツの色に左右されず、どんなネクタイでもそれなりにコーディネイトできてしまいます。しかし、その反面、オシャレさをアピールするのは難しくなってきます。

また、水色のシャツは、清潔感をアピールしつつ、さりげないオシャレアピールができる色として人気のシャツです。スーツの色も、ほぼどんな色にも対応してくれるので、オシャレ初心者には最適と言えるでしょう。

職場
グレー系のスーツの人は、統一感のあるグレーのシャツを選ぶというのもおすすめです。一見、地味にも見えますが、そこはネクタイや小物でカバーすることでオシャレアピールができます。グレー系のスーツには、メタリックに見える素材もありますが、それにも似合うグレーのシャツは、押さえておきたいシャツでもあります。

ピンクのシャツは、オシャレアピール度は高いのですが、着こなしが難しいのであまりおすすめできません。女性には人気のカラーなのですが、スーツとの相性が難しいのです。ストライプやチェックなどの柄物のシャツも同様です。成人式には、避けた方が無難でしょう。

オシャレさをアピールするためには、シャツだけでなくネクタイも重要なアイテムになってきます。シャツとネクタイをオシャレに身につける3つのポイントについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


シャツとネクタイ!オシャレに身につける3つのポイント

シャツとネクタイのコーディネイトで一番気を付けなければいけないのは、色数です。シャツとネクタイで3色以内と言うのが一般的な目安と言われています

成人式には、柄物のシャツはおすすめできないので、シャツは単色系ということになります。そうなれば、ネクタイは2色以内のものをチョイスする必要があります。無難なところでは、2色のストライプのものや同系色でまとめた柄物のネクタイがあげられます。

2つめのポイントは、統一感です。いくら色数を3色以内におさえた所で、ネクタイの柄が紺と赤のストライプと言ったお笑い芸人さんが身につけているようなネクタイでは台無しになってしまいます。ネクタイ自体にコントラストがハッキリとしているものは、避けた方が良いでしょう。同系色の柄物や、シャツに合わせた色合いのネクタイがおすすめです。

ネクタイ
3つめのポイントは、小物とセットにするということです。成人式では、スーツを着た際に、ボタンを留めます。ネクタイは、胸元から少しだけ覗く感じになります。そこで胸ポケットに入れるハンカチなどに合わせると一層、効果的になります。逆に、ハンカチの色合いとケンカするようなチョイスをしてしまうと、胸元がうるさすぎて、オシャレには見えなくなります。

以上のポイントをしっかりと踏まえれば、大きく失敗することはないでしょう。では、逆に絶対に避けたい組み合わせとはどう言ったものがあるのでしょう?


絶対に避けたい組み合わせとは?

成人式に絶対に避けたい組み合わせとは、上記のオシャレのポイントを無視したコーディネイトなどです、グリーン系のスーツにピンク柄のシャツ、ネイビーと赤のストライプのネクタイ、白のハンカチ。色数的にもデタラメなコーディネイトで、想像するだけでもゾッとします。

ネクタイ
ここまで極端ではないにしても、見た目の印象が派手と感じるコーディネイトは避けたいところです逆に、シックでモノトーンが好きだからと言って、黒のスーツに白いシャツ、黒のネクタイだとお葬式のようになってしまいます。これも、絶対に避けたい組み合わせです。

あくまで、基本はスーツとシャツの組合せで大枠の印象をまとめて、ネクタイとハンカチでワンポイントのアクセントを効かせるのがオシャレに着こなすポイントと言えるでしょう。


まとめ

まだ20歳になったばかりの初々しい新成人は、スーツを着ても初々しさは隠せません。スーツに振り回されている印象がぬぐいきれないのです。無理をしてオシャレをしようとすると大失敗してしまう可能性が高いものです。「スーツは着ても、着られるな」と言う言葉の通り、スーツに着られてしまっては、せっかくのオシャレコーディネイトも台無しになってしまいます。

逆に、その初々しさを前面に出して、定番とも言える紺色のスーツに白色のシャツと言う組み合わせも、良いものです。一生に一度のイベントだからと言って、あまり無理をして冒険をせず、しっかりと自分にあったものでコーディネイトするようにしましょう。

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2015年02月25日
最終更新日: 2015年07月03日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ