スポンサーリンク


スポンサーリンク

恵方巻きの方角!2015年はどこ?

日本には昔からの文化、習慣、行事がありますよね。お盆、お正月なんかもそうですし、桃の節句、端午の節句と、色々あります。最近ではコンビニなどでも発売されて知る人も増えてきた「恵方巻き」なんかもそうですね。

節分にする行事ですが、豆まきは知っていっても恵方を向いて巻きずしを食べるというのは最近になって知ったという方も結構います。

恵方巻きと鬼
恵方巻きって具体的にはどんな行事なの?と、聞かれると中々答えれる人も少ないと思います。豆知識としても知っておくと話のネタにもなるかもしれませんよね。

と、言うことで今回は「恵方巻き」や2015年の「恵方巻きの方角」「成り立ち」などを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


2015年の恵方は?

2015年の恵方はおおよその方角で西南西になります。

この「おおよそ」と言うのは何故か不思議だと思われるかもしれません。私も少し不思議に思いました。恵方の方角には決め方がありまして、西暦の下1桁の数字で方角を決めていきます。
具体的に説明させて頂きますと下1桁が

0年、5年だと西南西より少し西

1年、6年だと南南東より少し南

2年、7年だと北北西より少し北

3年、8年だと南南東より少し南

4年、9年だと東北東より少し東

になります。
この方位図での方位は西洋式の方位よりも細かく分かれています。ですので、例えば0年、5年は西南西より少し西と書きましたが、詳しく書くと西南西より8度西に向くのが本当です。

でもそこまで分からないので、「おおよそ西南西」とかになっちゃうんです。「西南西」としか書かない事も多いです。また後ほどお伝えしますが、元々中国の陰陽道の影響を受けていますのでこんな難しい事になっているのです。


恵方の方角は、上記の4つの方角を5年周期で順番に変わっていきます。あなたのお住まいから、どちらの方角が恵方なのかを知りたい場合は『みんなの知識【ちょっと便利帳】』を利用されると分かりやすいのでおすすめです。

http://www.benricho.org/koyomi/map_ehoo/

さて、ここまで今年の恵方の方角について見てきましたが、そもそも恵方とはなんなのか?について詳しく見てみましょう。


恵方って何?

昔からの占いで陰陽道と言うのがありますが、その教えの中に福徳を表す神様がいます。その名前は「歳徳神(としとくじん)」と言います。とんどさんと言う地方もありますね。

歳徳神
歳徳神様がいる方向に向かって何かをすれば色んな事で吉とされています。

ただ歳徳神様は毎年いる場所が違うのです(^_^;)

ちなみに、福徳神様がいる方向を明の方(あきのかた)と言います。昔は初詣も恵方にある神社に参る習慣もありました。

でもここで疑問に思ったのですが、どうして毎年「歳徳神様」がいる場所が違うのでしょうか?

これは「歳徳神様」が陰陽道では木星の事を指していまして、星の位置は地球から見て少しずつ変化していますよね。木星は太陰暦(昔に使われていたカレンダー)では、12年ごとに元の位置に戻ります。なので歳星とも呼ばれていたんです。

その木星が歳徳神様なんですが、木星がいる方向が恵方になったわけです。落ち着きがない神様なのかなと思いましたが、星の関係で移動する神様だったわけです。

でも、なぜ恵方に向かって恵方巻きを食べるという習慣が始まったのでしょうか。次はその疑問について詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク


なぜこのような習慣が始まったの?

恵方巻きを食べる習慣の始まりについてはいくつかの説があるのですが、中でも有名な4つの説があります。

1.江戸時代の終りころ、大阪の商人たちが商売繁盛と厄払いをすると言う意味で立春の前の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まったとされる説

2.江戸時代末期から明治時代の初期に大阪の商人が商売繁盛のお祈りごととして始めたという説

これには船場にある階段の中段で女性が太巻きを丸かじりして祈願した。船場の旦那衆が遊びでやっていた等、この中にも色々説があります。

3.1800年代のとある節分の日、大阪近郊の村でたくさんの人が集まり、巻き寿司を食べるときに切り分ける手間を省いて一本丸かぶりをしたのが始まりと言う説

4.豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が節分の前日に海苔巻を食べて戦に出ると大勝利を収めたという話を元に縁起が良いということで始まったと言う説もあります。

しかも、堀尾吉晴は陰陽道にも詳しく、城主であった松江城にも荒神を鎮める祈祷櫓(きとうやぐら)と言うものまで建てています。

松江城
元々は豊臣秀吉の家臣であった堀尾吉晴。大阪にいた時にもやっていたのかもしれません。ただ、板海苔自体が江戸時代に作られだしたのでこの説は少し弱いです(笑)

色々な説がありますが、大阪から始まってる説ばかりです。

巻きずしを食べるという習慣は戦後間もなく廃れてしまいましたが、土用の丑の日にウナギを食べる習慣の対抗策としての販売促進手段として節分の丸かぶり寿司の習慣を復活させるために宣伝を始め徐々に広がっていったわけです。

もしかしたらご存知かもしれませんが、海苔問屋による太巻きの早食い競争や海苔のキャンペーンなど、色々やっていきました。

その後、コンビニのファミリーマートで1983年に太巻きを発売し、1989年にセブンイレブンが全国イベントとして広げました。

昔から縁起活動として丸かぶりはあったわけですが、本格的に全国で知れ渡ったのは最近なのです。


まとめ

恵方巻き
発祥の地、大阪以外では若い人の方がコンビニなどで認知度高いかもしれませんね。でも、切らずに食べる事から「縁を切らない」「福を巻く」と言う意味があるので、神社でも恵方巻きを食べる行事が行われてもいます。

静かに食べるのは心を静めて食べるため。

恵方巻きが広がったのは、海苔などを売るためのキャンペーンからかもしれないですが、始まったのは確実にその年の幸福をお祈りするため。

2015年。

西南西に向かって、心を静かにして良い年を送るために食されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、シェアしていただけると嬉しいです(^_^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月29日
最終更新日: 2015年06月27日

[]

コメントを残す

このページの先頭へ